イタリアの郷土料理をこよなく愛するイタリア料理研究家

大庭麗

おおばうらら

イル・クッキアイオ イタリア料理教室

[ 武蔵野市 ]

職種

掲載情報

イタリアの豆料理についてのコラムを掲載していただいています。

イメージ

毎月、イタリアの食材の話題のコラムを
書かせていただいています。44回目の今回の話題は、
テラコッタの容器と、豆料理の話題です。

ほっこりとするような
冬の時期にあたたかい豆料理。

イタリアの人々が
大好きな豆を使った料理のはなし。
久しぶりに食べると美味しい! そこを強調したい
冬の豆料理とその加熱方法の話題です。

http://www.newstokyo.jp/index.php?id=1072

この記事のURL

イタリアの冬の保存食のコラムを掲載していただいています。

イメージ

毎月、イタリアの食材の話題のコラムを
書かせていただいています。43回目の今回の話題は、
古くから伝わる 冬の時期に食べる瓶詰の保存食の話題。

食材と一緒に
愛情を詰め込んだ
イタリアの保存食は、寒い冬に
ほっこり嬉しくなる、やさしい味わいです。

http://www.newstokyo.jp/index.php?id=1065

この記事のURL

イタリアの栗についてのコラムを掲載していただいています。

イメージ

毎月、イタリアの食材の話題のコラムを
書かせていただいています。42回目の今回の話題は、
秋、冬の時期にイタリアの食卓によく登場する栗の話題。

イタリア料理で栗の料理が出てくると、
その際の説明は必ずと言っていいほど
古くは貧しい人々によって、食べられていた素朴な伝統料理。

栗の料理、イコール 貧しい人々の料理とされてきた
その理由を含め、伝統的な乾燥栗など
イタリアの栗についてのコラムです。

News TOKYO 大庭麗のイタリア食材紀行

この記事のURL
最近投稿されたコラムを読む
掲載情報

ルネッサンス期から伝わるイタリア産のキャビアさまざまなお祝い事に配られる砂糖菓子“コンフェッティ”バターの表面をチーズで覆い保存性を高めた南イタリアの...

 
このプロの紹介記事
大庭様プロフィール写真

イタリア各地に根付いた郷土料理の魅力をご家庭に(1/3)

 吉祥寺ののどかな住宅街の中に、まるで隠れ家を思わせるイル・クッキアイオイタリア料理教室があります。オーナーである大庭麗さんは、かつてイタリア各地の星付リストランテなどで修行を積んだ実力派の料理人。「私が普段教えているイタリア料理は、イタ...

大庭麗プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

イタリアの魅力を知り尽くした料理研究家による本場イタリア料理

屋号 : イル・クッキアイオ イタリア料理教室
住所 : 東京都武蔵野市吉祥寺北町 [地図]
TEL : 080-5499-8464

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-5499-8464

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大庭麗(おおばうらら)

イル・クッキアイオ イタリア料理教室

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
日々の仕事、料理をつくるという事を考えてみる

お菓子と料理一見、似たようなこのふたつ。菓子職人のつくる料理は、面白みに欠ける事が多く料理人のつくる...

[ 日々のつぶやき ]

プロに教わる料理写真講座
イメージ

昨日は料理写真家の今清水 隆宏さん を講師にお呼びしての料理写真講座でした。かれこれ4年近く続...

イタリア料理修行中に受けた影響
イメージ

ひとりで仕事をしていると必然的に、生徒さんや他の人達と関わる時間よりもひとりで過ごす時間が多く...

料理教室が12周年を迎えました。
イメージ

1月31日に料理教室が12周年を迎えました。イタリアでの料理修業を終え日本に戻ってきた後自分には...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ