コラム

 公開日: 2013-05-31  最終更新日: 2015-03-05

間仕切り壁(渋谷区)

今回は、渋谷区の事務所の造作間仕切りです。
「1つのフロアーを間仕切って、2つのフロアーにしたい。」
とのご依頼で、施工致しました。

<施工前>

画像右側、まだ何も仕切られていません。
ここに間仕切りを作り、1つのフロアーを2つのフロアーにします。
もちろん、入口ドアは2つあります。
画面上は見えませんが。

<施工中>

施工しています。
防音をご希望でした。
まず石膏ボードを貼り、その間にグラスウールを入れます。
また石膏ボードでグラスウールを閉じ込め、遮音シートを貼ります。
その上に再度、石膏ボードを貼りました。

<施工後>

最後に、下地を整え、周りの壁に合わせ塗装をし、巾木を貼って仕上げです。

★クロス張替え・壁紙張替えなど原状回復工事のCSプランニング

オフィスの御移転をお考えの企業様へ
安いだけでなく、貸主へのスムーズな引渡しも重要なポイントです。
↓↓↓
HP http://www.cs-planning.co.jp/service/office_iten_new.html
Blog http://ameblo.jp/cs-planning/theme-10035440259.html

(まずはご覧下さい。)
携帯 090-1045-8119 佐々木
(お問合せは、佐々木まで直接お電話頂いた方がスムーズです!)

この記事を書いたプロ

CSプランニング有限会社 [ホームページ]

職人 佐々木通男

東京都新宿区百人町1-22-7  1F [地図]
TEL:03-5337-9570

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

良かったところ1,満足のいく仕上がりでした。2,写真で確認ができて良かったです。3,住宅フェアに出店していたので安心感がありました。・コンセントカバーとカ...

サービス
イメージ

オフィス移転に伴って一番に必要な工事は「パーティション・間仕切工事」です。そこでどういった形で間仕切りするのか。一般的にはパネルのパーティションが浮かぶ...

 
このプロの紹介記事
リフォームマスター 佐々木通男さん

「適正な金額で適正な工事を誠実に行う」ことで低価格での施工につながる(1/3)

 東京都新宿区にあるシーエスプランニング有限会社は、オフィスの移転と原状回復、入居者退室時のアパート・マンション原状回復を中心に、テナントや貸主、オーナーの要望に応えてきました。同社の代表取締役社長である佐々木通男さんが自信を持って訴えるの...

佐々木通男プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

会社名 : CSプランニング有限会社
住所 : 東京都新宿区百人町1-22-7  1F [地図]
TEL : 03-5337-9570

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5337-9570

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐々木通男(ささきみちお)

CSプランニング有限会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
オフィスのパーティション間仕切り工事
イメージ

オフィス移転に伴って内装工事をする際に大きなウエイトを占めるのがパーティション工事 (間仕切り工事) です...

[ オフィス 壁工事 ]

防音壁・防音床でライブハウス作成(銀座)
イメージ

銀座みゆき通りルイビトン前の7階建てのビル。ここの7階に、完全防音のライブハウスをいつもの職人集団の職人で...

[ 防音内装工事 ]

事務所・オフィスのパーテーション、間仕切り工事
イメージ

事務所やオフィスを移転する際、新しい事務所に社長室や応接室、ミーティングルームや会議室などを区切る、パーテ...

[ オフィス 壁工事 ]

オフィスのエントランスデザイン(新宿区西新宿)
イメージ

会社の「顔」である、受付エントランス部分は、見栄え良く、格好良くしたいものです。だからと言って、そんなに...

[ オフィス 壁工事 ]

病院・クリニックの内装(杉並区)
イメージ

以前にご紹介しました「病院・クリニックの内装」が完成しました。場所は東京都杉並区です。病院・クリニッ...

[ 病院・クリニックの内装 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ