コラム

 公開日: 2016-02-08  最終更新日: 2018-03-29

海外資産の相続手続きと相続税について

相続税のことも考えて海外に資産を持つ人も多いのではないでしょうか。

「海外に資産を持つと日本で税金がかからない?」……そんなことはありません。
どこに資産を持っていても、海外に住んでいても、基本的には相続税はかかります。

相続税は資産のある国と日本でもかかる

海外に資産がある場合、まず資産のある国で相続税がかかります。

次に日本でも相続税がかかり、海外でかかった分について、租税条約に基づき控除される、という流れになります。

ただし、現在相続税の存在する国は、アメリカ、ドイツ、フランス、イギリス、日本のみとなっています。

海外イメージ

アメリカでの相続手続き、プロベートとは

例えばアメリカに資産がある場合、まずアメリカでの相続手続きに入ります。

アメリカやイギリスなどでは遺言がなく、信託にもしていない場合は、プロベート(検認裁判)が行われます。

遺産は一旦公的機関に移され、負債がある場合は債権者に先に配分され、次に相続人に割り当てられることになります。

プロベートに入ると、数年の時を要する場合があります。よって、通常は生前に信託財産にする、遺言書を作成するなどの手続きをとることがほとんどです。
遺言書を作成しても、プロベートで財産の権利が確定するまでは動かせません。

遺言状

アメリカの遺産税とは

アメリカでは、相続税にあたるものは「遺産税(EstateTax)」と呼ばれます。

非居住者は米国にある資産のみに課税されます。一定の基礎控除があり、非居住者の場合は居住者よりかなり低くなっています。

米国で遺産税が課税された場合は、日本での相続税から控除されます。

日本での海外資産に係る相続税

日本での相続手続きも必要です。海外にある資産を相続する場合、全世界にある財産に相続税がかかる人の要件は、以下のようになっています。

1. 日本国内居住(住所を有する)の人(居住無制限納税義務者)

2. 財産をもらった時に日本国内居住ではないが、日本国籍の人で、亡くなられた方もしくは相続する方どちらかが、相続発生前5年以内に日本国内居住であった人(非居住者無制限納税義務者)

3. 財産をもらった時に相続する側は日本国籍ではなく、日本国内居住ではないが、亡くなられた方が死亡の時に日本居住であった
(非居住者無制限納税義務者)

日本では、諸外国に比べて相続税課税は厳しく、重めです。

米国では遺産税にかかる基礎控除が543万ドル(約6億円、1ドル110円で換算)まで相続税がかかりません。
ただしこれは、米国居住者のみが使える控除です。

また、カナダやオーストラリア、ニュージーランドでは相続税が廃止されており、その他の国々では、そもそも相続税がないという国が大半です。

ただし相続税がかからないと考え、シンガポールや香港などに資産を持っていても日本国籍の方や日本居住者の方は日本の相続税がかかりますので、申告漏れをしないように注意が必要です。

個別相談、セミナー講演依頼などは、お気軽にご連絡ください

資産形成、相続、確定拠出年金の運用方法等に関するご相談や、各種セミナーのご依頼なども受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

◆ 電話 : 050-3690-1448
◆ メール : メールフォーム

■ 過去に行ったセミナーテーマはプロフィールの「実績」に掲載しております。
  ┠ プロフィールの「実績」

クロスフィールドFP事務所 電話番号

☆☆毎月開催☆☆
NISAもイデコも基礎から理解!商品販売なしのFPセミナー
詳細はコチラ
------------------------------------
ファイナンシャルスタイリスト(R)
杉山 夏子
〒102-0084
東京都千代田区二番町5-2 麹町駅プラザ901
https://fin-stylist.com/
-----

この記事を書いたプロ

マネー・スタイリスト株式会社 [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 杉山夏子

東京都千代田区二番町5-2 麹町駅プラザ901 [地図]
TEL:050-3690-1448

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス料金

1時間10,000円(消費税別)となっております。お支払は、コンサルティング後クレジットカードかお振込でお願いしております。東京都内での面談を基本としております...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
杉山夏子 すぎやまなつこ

豊かで安定的な未来のために「資産を育てる」投資をしませんか?(1/3)

 金融機関との付き合いというと、多くの方は銀行預金、定期預金でお金を預ける、もしくは保険に入るくらいしか思いつかないようです。そして『投資』と言うと、『マネーゲーム』を連想してしまい、興味はあるけれど一歩踏み出せない、どこから始めていいか、...

杉山夏子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

お金のスタイリストとしてお客様のお金の将来設計をお手伝い

会社名 : マネー・スタイリスト株式会社
住所 : 東京都千代田区二番町5-2 麹町駅プラザ901 [地図]
TEL : 050-3690-1448

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

050-3690-1448

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

杉山夏子(すぎやまなつこ)

マネー・スタイリスト株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お金だけでなく、家族の存在の価値にも配慮しながら相続対策のサポートをして頂きました

相続対策で節税対策ばかりに目が行ってしまい、本当にこれで...

M・S
  • 女性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
2分で読める!お金の話

ママとお金のいい関係mamachariで、記事を掲載しています。お金のことがわからない。知らない。興味ない。でも...

[ 貯める ]

これからはアセットロケーション(置き場所)が重要となる!
イメージ

最近、投資を行う中で「アセットロケーション(資産の置き場所)」の必要性について注目されています。「アセッ...

[ 資産運用 ]

教育資金の貯め方を考える~いつまでにいくら?
イメージ

教育資金は大きな出費。でも望む教育を受けさせたいと考えるのは親として当然のことです。今回は、教育資金の平...

[ 家計の見直し ]

確定拠出年金の「控除」とは?どんなメリットがある?
イメージ

老後資金を備えるための私的年金の一つである確定拠出型年金。確定拠出型年金を利用するメリットの一つとして節税...

[ 年金 ]

直販投信とは?その特徴とそのメリット
イメージ

現在の日本では投資信託を購入する場合、銀行や証券会社などを通すことが一般的です。しかしここ最近は、投資信...

[ 投資信託 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ