コラム

2016-01-04

家計における住宅ローンで目安となる返済比率はあるのか?

住宅ローンを組んで家を購入すると、組み方によってはその後の家計に大きな負担になる可能性があります。では、住宅ローンが負担にならないために最適な住宅ローンはどれくらいと考えれば良いのでしょうか?
今回は住宅ローンを借入れする際のポイントと一緒に、考えていきたいと思います。

住宅ローンは「借りられる金額」ではなく「返せる金額」で!

住宅ローンのご相談に乗っていると、多くの方は、まずいくらまで借りられるかを気にされる傾向があるようです。

住宅ローンは長期間負担するお金です。ローン返済中には教育費のような大きな出費や、働き方の変化などで世帯収入が大きく変わることが十分に考えられます。
もし現在と同じ生活レベルを想定し、その想定で目いっぱい借りられる額を借りてしまうと、住宅ローンが家計を圧迫することになりかねません。
ですので、住宅ローンは「借りられる金額」ではなく、「返せる金額」で慎重に考えましょう。

家計における理想比率は?

住宅ローンを借りる場合、返済負担率は年収の30-40%という数値を目にします。返済負担率とは、年収に占める住宅ローンの割合を示すものです。「年収」とは、額面上の収入のことを言います。実際には、額面収入から税金や社会保険料などが引かれた金額、可処分所得が「手取りの収入」です。
地域差もありますが、30-40%という数値は、家計での住宅ローン比率として妥当なのか、試算してみましょう。

例として、年収500万円の人で、返済負担率を35%ですと、ローン返済額は年間175万円、税金や社会保険料が20%かかると想定すると、手取りの収入は400万円です。
ローン返済をすると、残る生活費は 400万円―175万円=225万円(1か月あたり18.75万円)となります。この金額で生活していくことは不安を感じる人がいると思います。

では返済負担率を20%にし、上記と同様に計算してみましょう。
ローン返済額は年間100万円になり、生活費は 400万円―100万円=300万円(1か月あたり25万円)となります。
返済負担率が15%(この場合年間75万円)減ると、少しゆとりが出てきます。

住宅ローン返済計画

家計における住宅ローン比率は一人ひとり異なる?

前述の通り、年収に対する返済負担率からの側面から判断すると、家計における住宅ローン割合は低い方が良いと言えるでしょう。
なお、住宅ローンは返済の期間が長くなるほど、返済金額に占める利息負担額は大きくなります。そのため住宅ローンの見直しする際には、繰上げ返済を行いながら返済期間を短くすることも重要なポイントです。

実際はその家庭ごとの経済状況やお住まいの地域によって、適正比率は異なります。
例えば、お子さんの教育費のピークに差し掛かったり、ご夫婦の働き方の変化で収入が変われば、返済比率を変更する必要が出てきます。

家族構成や収入の変化があった場合には、FPなどの専門家に相談し、住宅ローンシミュレーションを行い、その状況に合わせて家計の見直しをしていくことをおすすめします。

住宅ローンは毎月出て行くお金。返済中、気付かぬうちに家計を圧迫するお金になっているというケースもあります。利息も含めたコスト意識を持って、期間と金額の計画をしっかり立てましょう。

個別相談、セミナー講演依頼などは、お気軽にご連絡ください

資産形成、相続、確定拠出年金の運用方法等に関するご相談や、各種セミナーのご依頼なども受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

◆ 電話 : 050-3690-1448
◆ メール : メールフォーム

■ 過去に行ったセミナーテーマはプロフィールの「実績」に掲載しております。
  ┠ プロフィールの「実績」

クロスフィールドFP事務所 電話番号

-------------------------------------
お金のスタイリストに聞いてみませんか?
マネー・スタイリスト株式会社
〒102-0084
東京都千代田区二番町5-2 麹町駅プラザ901
https://www.facebook.com/moneystylist/
-------------------------------------

この記事を書いたプロ

マネー・スタイリスト株式会社 [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 杉山夏子

東京都千代田区二番町5-2 麹町駅プラザ901 [地図]
TEL:050-3690-1448

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
杉山夏子 すぎやまなつこ

豊かで安定的な未来のために「資産を育てる」投資をしませんか?(1/3)

 金融機関との付き合いというと、多くの方は銀行預金、定期預金でお金を預ける、もしくは保険に入るくらいしか思いつかないようです。そして『投資』と言うと、『マネーゲーム』を連想してしまい、興味はあるけれど一歩踏み出せない、どこから始めていいか、...

杉山夏子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

お金のスタイリストとしてお客様のお金の将来設計をお手伝い

会社名 : マネー・スタイリスト株式会社
住所 : 東京都千代田区二番町5-2 麹町駅プラザ901 [地図]
TEL : 050-3690-1448

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

050-3690-1448

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

杉山夏子(すぎやまなつこ)

マネー・スタイリスト株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

すっと腑に落ちるお金のアドバイス。お話しやすいステキな雰囲気で、不安がすっと解消しました!

資産を運用すると言っても、 ①貯金など、今まで自分が普通に...

Y・Y
  • 女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
これからはアセットロケーション(置き場所)が重要となる!
イメージ

最近、投資を行う中で「アセットロケーション(資産の置き場所)」の必要性について注目されています。「アセッ...

[ 資産運用 ]

教育資金は平均どれぐらい・いくら貯めておけば良いか?
イメージ

教育資金は大きな出費を伴いますが、進学する学校によって金額が異なるものです。今回は、教育資金の平均額を確...

[ 家計の見直し ]

確定拠出年金の企業型・個人型それぞれの節税効果は?
イメージ

老後資金を備えるための私的年金の一つである確定拠出型年金。確定拠出型年金を利用する最大のメリットは節税効果...

[ 年金 ]

独立系投信会社で販売される投資信託の特徴とそのメリット
イメージ

現在の日本では投資信託を購入する場合、銀行や証券会社などを通すことが一般的です。しかしここ最近は、投資信...

[ 投資信託 ]

家計の見直しを検討中の方へ!そのポイントをご紹介
イメージ

家計管理といえば、家計簿を付けたり、現金を袋分けにしたり、その家ごとにさまざまなやり方があると思います。そ...

[ 家計の見直し ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ