コラム

2014-10-23

結婚してますか?



今月は、販路開拓の営業で、いろいろ動いています。

先輩経営者の方にアドバイスを頂きに伺ったり、パートナー契約の打診に企業に伺ったり、名刺管理システムやSFAなどの販売代理契約を検討してみたりなどなど・・・

そんな中で、以前とちょっと違った変化が起きているような気がしています。それは、

「結婚してますか?」と尋ねられる機会が、とても増えたということ。

(誤解のないように先に書いておくと、それがイヤだとかいうことを言いたいのではありませんので、悪しからず・・・)



私の感覚では、1年くらい前までは、「女性活躍推進」の話をする時、何をすれば女性活躍推進に繋がるのかが、どの企業も分からない中で手探りで動いているという感じがあったと思うのですが、

ここ最近では、「結婚・出産・育児・家事と仕事の両立」を、どうサポートしていくかという観点に絞られて来ている気がします。企業の中でも育児のノウハウを共有するような女性の懇親会が活発に行われていたり、働くママさんのためのサポート体制が整って来つつあったり。



ある意味、女性活躍推進のひとつの方向性が、出来て来たとも言えるのだろうなぁと思っています。

そんな中で、私も女性の人財育成に関わる話をする時に、「結婚しているか」が問われることが増えたのかもしれません。





「いろいろな生き方があっていい」形よりも、納得した人生を



女性の活躍を考えた時、結婚・出産・育児・家庭と仕事の両立って、本当に大きなテーマです。

女性活躍の肝は、正直これに尽きるのではないかと思うので、ある意味、この流れは納得なのですが、この議論の真っ只中にいる30代女性としては(笑、いろいろ思うところがあるのも確かです。





私は10年前に一度、結婚→離婚を経験して、今はパートナーと一緒に暮らして5年になります。

一度目の結婚の時は20代でしたが、当時は、正直「結婚しなくちゃ」と焦っていました。典型的な「人からどう見られるか」を気にしている女子ってやつでした(笑。

20代のはじめの頃は、「いつか結婚→出産しても、戻れるようなキャリアを早く築く」とうことをとても強く意識して仕事をしていました。今考えれば笑ってしまいますが、「自分には時間がない」と思い込んでいました。



そして、20代半ばにさしかかって、今度は、「そろそろ結婚しなきゃ」と思う様になりました。人生計画を全うするには、急がなければ。そんなことを考えていました。

で、焦って結婚し、子供の頭と心のまま、お互いに思いやる事も出来ずに離婚する事になってしまい、心身ともに、いろいろな意味でかなり消耗しました。沢山の人に迷惑をかけ、親や親戚を悲しませ・・・その後の人生・仕事人生にもかなり大きなダメージがあったと思っています。

でも、今となってはそれも、全て素晴らしい経験であり、想い出であり、沢山の方々に助けられ、人の優しさを知り・・・今の自分を形づくっている大切な要素です。



今はパートナーとはお互いに大事にしていることを理解して、納得の上暮らす事が出来ています。結婚という形ではありませんが、家事は全て私がやっていますし、お金の管理もお互い納得の上で開示してやりくりしています。

また、彼や彼の家族と関わることで、人生の味わいというか、深さも、感じることが増えました。



今の日本の制度では、子供のことを考えると結婚、ということになるのでしょうが、(私も実際流暢なことを言っていれない年齢になってはいますが)

旦那さんや子供が居るかいないかという形の問題よりも、人生を共に過ごすパートナーシップをどのように築いていくのか、どんな人生を創っていきたいのかを、考えて、堂々と自分で選んでいくということ、また、

大切な人と関わって行く過程で、どんなことを感じ、どんな風に変化しながら生きているのか、という事のほうが、重要だと思っています。






私自身、これからの身の振り方、家族のあり方について、迷うことがないと言えば嘘になります。そして、女性の結婚や出産に関する議論は、あまりにも繊細なテーマすぎて、ひとくちに語ることはできません。

様々な事情があり、結婚という道を選ばない人、選ぶ事が出来ない人もいます。

私達世代よりも前の先輩方の中には、仕事か結婚か、どちらかひとつしか選ぶ事ができない時代に生きて来た方々も沢山いらっしゃいます。
また、高度経済成長時代に生きて来た親世代の夫婦のあり方が、段階ジュニア世代の夫婦観に大きな影響を及ぼしている要素も、多分にあると思います。


しかし、とにかく思っているのは、

いろいろな人生があっていい。これは女性に限らず。そう思います。

女性活躍推進、次のフェーズは、そんな様々な価値観も、フォーカスされていったらいいなと、思います。

そして私自身も、もっと進化していけたらいいなと思います。



そんなこんなも踏まえ、特に20代の若手女性の方々には、パートナーシップのあり方、人生のあり方についても、考えて貰えるような場や情報を提供出来たらいいな・・などと、

考えている今日です。







〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

クロス・コンサルティングでは、女性コンサルタントチームによる、営業部門に特化した売上向上のコンサルティング、営業研修による人財育成等を実施しております。

●無料個別相談会実施中
営業力強化・組織力強化・女性活用に関するご相談は、個別相談会にて随時行っております。
どうぞお気軽にお問合せ下さい。
・所要時間:約1~1.5時間程度
・ご予約方法:本サイトのお問合せフォームよりお申込下さい。
 御希望の日程を調整させて頂きます。
・場所:東京都中央区八重洲

どうぞお気軽に、ご連絡下さいませ。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この記事を書いたプロ

クロス・コンサルティング株式会社 [ホームページ]

経営コンサルタント 島津愛

東京都中央区八重洲2-4-10 第一幸田ビル5F [地図]
TEL:03-5878-0976

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
クロス・コンサルティング株式会社 代表の島津愛さん

女性目線で営業部門に特化した売上向上を実現する企業改革の専門家(1/3)

 実家が自営業だったという島津さんは、幼い頃から社員と一緒に夕食を取るなど、「経営」を身近に感じて育ちました。立場に関係なく、忌憚ない社員の意見が飛び交う実家の会社は、現在のコンサルティングポリシーである、「全社員が経営者感覚を持つ事で会社...

島津愛プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

女性目線で業績を上げるコンサルティングを展開

会社名 : クロス・コンサルティング株式会社
住所 : 東京都中央区八重洲2-4-10 第一幸田ビル5F [地図]
TEL : 03-5878-0976

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5878-0976

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

島津愛(しまづあい)

クロス・コンサルティング株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

経営陣と現場社員がひとつになり、強い組織になりました

営業部門のコンサルティングをお願いしてから約2年になりま...

N様
  • 男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
組織力強化 〜「全員が主役」の組織は何故強いのか?~
イメージ

今回は、組織力についてのお話です。営業職の方々に営業を教える機会を持たせて頂き、ひとりひとりと...

[ 組織力強化 ]

商談を前に進めるひと言「どうすればクリア出来ますか?」
イメージ

今回は、お客様に社内を説得頂くのが困難な場合に、かけるべき大切なひと言、についてです。先日のある企...

[ 営業力強化 ]

人の成長・成熟と、「チャレンジ」の関係
イメージ

松岡修造さんの熱血テニス合宿を観ながら、考えました。人は、チャレンジしなければ成長しない。成長しなけれ...

[ 人財育成 ]

人の可能性を信じる 「松岡修造­熱血テニス合宿第2弾」を観て
イメージ

昨日、TBSの「炎の体育会TV」で松岡修造さんの「­熱血テニス合宿第2弾!」の様子を放送しており、前回に引き続き、...

[ 人財育成 ]

研修の効果が出にくいのは何故・・?評価・育成・風土・採用はワンセット
イメージ

多くの企業様で「お悩み」として話に出る「社員のスキル不足」「モチベーション低下」そして、「自主性の不足」...

[ 組織力強化 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ