コラム

2014-10-22

組織力強化 〜「全員が主役」の組織は何故強いのか?~

今回は、組織力についてのお話です。





営業職の方々に営業を教える機会を持たせて頂き、ひとりひとりと関わっていく中で、つくづく思うことがあります。

それは、自分の考えを理解してくれたり、自分の良さを認めてくれる人といることが、どれだけ人を前向きにさせ、成長を促すのか、ということ。


技術を学ぶよりも何よりも、たったそれだけのことで、人は、例えそれ以外のことが何も変わっていなかったとしても、大きく前進する事が出来るのだと、感じます。




よく、マネジメントをしている方との話の中で出る議論として、「褒めて伸ばすか」「叱って伸ばすか」という議論がありますが、答えは「両方」。当然のことながら、どちらか一方だけで人の成長を促進することは出来ません。

以前、ライフネット生命の出口会長のお話を伺った際にもおっしゃっていましたが、上手くいっている組織は、褒める:叱る:怒るの割合が、7:2:1なのだそうです。出口さんによるとこれは、データでも実証されていることだそう。

奇しくも私の尊敬するコンサルティングの師匠も、全く同じ事を、経験値として語っていました。



・・・ということで、皆さん、「褒める」「認める」マネジメントをしましょう!

という事が言いたいのではなく、本題はこれからなのですが、



そうは言っても、10のうち7褒めることを、毎日接している部下や仲間に対して行うというのは、結構大変な事でもあったりします。

しかし、この7褒める、という意味合いの中には、「存在を認める」とか「包容する」「愛する」「信じる」ということも、含まれており、必ずしも言葉だけで褒めたり必要以上に他愛もないことを取り上げて褒めるということをする必要はないのです。

例えば、朝、目を観て挨拶をする、とか、受注が決まったら一緒に喜ぶ、とか、恋愛を一緒に応援するとか、今関心のあることを知っておく、とか。

いわば、「全員を主役にすること」。その事のほうが、大事なのです。




承認される風土の上に、「切磋琢磨」「挑戦」が生まれる






こういった「承認」の積み重ねによって、社員ひとりひとりが、自分の仕事を ”前向きに”「自慢」出来る様になります。

誰に褒められなくても、自分で明るく前向きに、自分の努力や仕事の成果を自慢することができる。そして仲間も、それを一緒に喜び、努力を讃える。この雰囲気が大事です。

それが続いていくことによって、やがて組織風土は、「相互理解」や「協力」や「挑戦」「切磋琢磨」が出来る風土になっていきます。




放っておいても勝手に成長する「全員が主役の風土」を創る



実は、私は、リクルートの組織の強さを形づくっている要素のひとつも、ここにあると感じています。

もちろん、組織風土は、理念浸透や評価制度などによって形づくられるところが大きいことは言うまでもありませんが、それと同じくらい、仲間に対する興味関心、愛情、尊敬の念を持つこと、そういう「空気」を創ることが重要。リクルートには、それが自然に定着するような、大小様々な仕組みがあります。

社内表彰制度、毎月行われる納会、ゲーム形式で競い合いながら行うテレアポ大会、役職に関係なくあだなで呼び合う風土、個人だけでなくチームや課単位のインセンティブ、社内勉強会、全員が考えて発言する会議スタイル、どんな時も大義に立ち戻る考え方、等々・・・

実際、私が在籍していた時も、目標を達成出来るときも出来ない時もありましたが、いつも仲間や上司は自分の頑張りを知ってくれている、と感じる事が出来ていましたし、個性が受け入れられていると感じていましたし、会社は、営業結果と同じくらい、お客様の為を考えて動いているかを見ている、という感覚がありました。
勿論、正直、激務でしたし、日々高い目標を追うのは大変でした。高い目標を追うからこそ、本音をぶつけ合わなければならない場面も多々ありましたが、常にお客様の期待に応える事、結果を出す事に拘って邁進した日々は、間違いなく今の自分を創ってくれていると感じます。


また、大手自動車メーカーや地方の優良企業など、特に創業何十年も続いているような企業、変化に対応しながら何十年も生き残って来た強い組織にも、形は多少違えど、少なからず同じ要素があると、感じています。


マネジメントで個人を開花させる事は出来ますが、組織全体をマネジメントだけで強くするには限界があります。

放っておいても個々の才能が開花し、勝手に成長していく。そんな組織を創るには、「一人ひとりが主役となり、自慢出来る風土」と「それを定着させる仕組み(制度)」を創っていくことが、必要です。







今回は以上です。

類似記事も是非、ご覧頂ければと思います。

【研修だけで大丈夫・・?評価と育成と風土はワンセット】http://croscon.co.jp/blog/?p=67


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

クロス・コンサルティングでは、女性コンサルタントチームによる、営業部門に特化した売上向上のコンサルティング、営業研修による人財育成等を実施しております。

●無料個別相談会実施中
営業力強化・組織力強化・女性活用に関するご相談は、個別相談会にて随時行っております。
どうぞお気軽にお問合せ下さい。
・所要時間:約1~1.5時間程度
・ご予約方法:本サイトのお問合せフォームよりお申込下さい。
 御希望の日程を調整させて頂きます。
・場所:東京都中央区八重洲

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


【ご要望例】—このような企業様にご依頼頂いております—

●業績改善
例:IPO前ベンチャー企業
・IPOまでのあと1年間で、組織力・営業力を強化し、予定の売上を達成したい。
・売上の上がる仕組みを構築したい。

●営業部立上げ
例:飲食チェーン
・法人営業部を新規立上げしたいがノウハウがない。

●離職率低下
例:イベント会社
・若手営業社員が3年で半数以上辞めてしまう。離職率を下げ、強い組織をつくりたい。

●人材育成
例:飲食店
・ホールスタッフに自主性・営業的視点を身につけさせ、売上を向上させたい。

例:インタ−ネット企業
・マネージャークラスを育成し、自立人材を育て強い組織にしたい。

・個人頼みの営業組織ではなく、売れる営業マンのノウハウを組織全体に共有したい。  など

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この記事を書いたプロ

クロス・コンサルティング株式会社 [ホームページ]

経営コンサルタント 島津愛

東京都中央区八重洲2-4-10 第一幸田ビル5F [地図]
TEL:03-5878-0976

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
クロス・コンサルティング株式会社 代表の島津愛さん

女性目線で営業部門に特化した売上向上を実現する企業改革の専門家(1/3)

 実家が自営業だったという島津さんは、幼い頃から社員と一緒に夕食を取るなど、「経営」を身近に感じて育ちました。立場に関係なく、忌憚ない社員の意見が飛び交う実家の会社は、現在のコンサルティングポリシーである、「全社員が経営者感覚を持つ事で会社...

島津愛プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

女性目線で業績を上げるコンサルティングを展開

会社名 : クロス・コンサルティング株式会社
住所 : 東京都中央区八重洲2-4-10 第一幸田ビル5F [地図]
TEL : 03-5878-0976

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5878-0976

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

島津愛(しまづあい)

クロス・コンサルティング株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

経営陣と現場社員がひとつになり、強い組織になりました

営業部門のコンサルティングをお願いしてから約2年になりま...

N様
  • 男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
結婚してますか?
イメージ

今月は、販路開拓の営業で、いろいろ動いています。先輩経営者の方にアドバイスを頂きに伺ったり、パート...

[ 女性活用 ]

商談を前に進めるひと言「どうすればクリア出来ますか?」
イメージ

今回は、お客様に社内を説得頂くのが困難な場合に、かけるべき大切なひと言、についてです。先日のある企...

[ 営業力強化 ]

人の成長・成熟と、「チャレンジ」の関係
イメージ

松岡修造さんの熱血テニス合宿を観ながら、考えました。人は、チャレンジしなければ成長しない。成長しなけれ...

[ 人財育成 ]

人の可能性を信じる 「松岡修造­熱血テニス合宿第2弾」を観て
イメージ

昨日、TBSの「炎の体育会TV」で松岡修造さんの「­熱血テニス合宿第2弾!」の様子を放送しており、前回に引き続き、...

[ 人財育成 ]

研修の効果が出にくいのは何故・・?評価・育成・風土・採用はワンセット
イメージ

多くの企業様で「お悩み」として話に出る「社員のスキル不足」「モチベーション低下」そして、「自主性の不足」...

[ 組織力強化 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ