コラム

2014-10-19

◆今一度、抑えていただきたい「小規模宅地特例のポイント」◆~相続対策~

こんにちは。
司法書士 行政書士 山口里美です。

相続税対策のお話をする中で、「小規模宅地特例」に関わることが多く出ます。
私は税の専門家ではありませんが、
相続を総合的に支援させていただく立場から、今一度ここもお伝えしておきます。

まずは簡単に、小規模宅地等とは、

「個人が、相続又は遺贈により取得した財産のうち、
その相続の開始の直前において被相続人等の事業の用に供されていた宅地等」

又は

「被相続人等の居住の用に供されていた宅地等のうち、一定の選択をしたもので限度面積までの部分」

を指します。

また、宅地とは、
「土地又は土地の上に存する権利で、建物又は構築物の敷地の用に供されているもの」を指します。


具体的に小規模宅地の特例について改正があった点は以下の通りです。

◆居住用の宅地等(特定居住用宅地等)の限度面積が拡大されます。

【改正前】                     【改正後】
限度面積 240㎡(減額割合 80%) ⇒ 限度面積 330㎡(減額割合80%)

◆居住用と事業用の宅地等を選択する場合の適用面積が拡大されます。
【改正前】                             【改正後】
特定居住用宅地等 240㎡   合計400㎡   ⇒  特定居住用宅地等 330㎡   合計730㎡
特定事業用等宅地等 400㎡  まで適用可能  ⇒  特定事業用等宅地等 400㎡  まで適用可能
 (※貸付事業用宅地等について特例の適用を受けない場合に限ります。)

◆同居と二世帯住宅

この場合の同居とは、
「相続開始の時から相続税の申告期限まで、引き続きその家屋に居住し、かつ、その宅地等を有している人」
を指しています。

同じ敷地内に「離れ」のような家屋があり、被相続人は離れに
取得者は母屋に住んでいた場合、それは同居とはみなされません。

二世帯住宅も、要件が細かく定められていますが、
住宅内部で行き来ができない一棟の二世帯住宅でも、被相続人と親族は“同居”しているものとして
被相続人の居住部分だけでなく、親族の居住部分も特定居住用宅地等として特例の対象となります。

これまで「構造上の区分がある建物は内部でつながっていなければ,原則として特例の適用がない」
とされていたので大きな変更です。

◆老人ホームなどに入居又は入居していた場合は、下記のような理由により相続開始の直前において
被相続人の居住の用に供されていなかった宅地等について、
一定の要件を満たす場合には、特例の適用ができるようになりました。

(1)要介護認定又は要支援認定を受けていた被相続人が次の居住又は施設に入居又は入居していたこと
 イ 認知症対応型老人共同生活援助事業が行われる居住、要介護老人ホーム、特別養護老人ホーム、軽費老人   ホーム又は有料老人ホーム
 ロ 介護老人保健施設
 ハ サービス付き高齢者向け住宅

(2)障害支援区分の認定を受けていた被相続人が障害者支援施設などに入所又は入居していたこと

上記のように"二世帯住宅"、"老人ホーム"に居住している場合であっても小規模宅地等の特例が適用できますので、
相続開始時に被相続人が居住していないといけないというわけではありません。

ここは、しっかり押させておかれる方がよろしいでしょう。
小規模宅地に該当するかどうかの判定は細かく規定されておりますので、詳しくは国税庁の下記HPをご覧ください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4124.htm

★親世代と子世代が、まずは顔を見合わせて話し合うことから始められるように。
 揉めないための「大人世代の法律知識」をこれからも皆様に御伝えしてまいります!
   ↓ ↓
 司法書士法人コスモ
 http://www.cos-mo.jp/
 




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お問い合わせはこちら!

東京駅八重洲南口徒歩3分!
司法書士 山口里美へのお問い合わせはこちら。
  ↓
http://mbp-tokyo.com/cosmo/detail/

電話03-6703-0044(受付08:50~17:50)
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

セミナーに関するお問い合わせ、
司法書士法人コスモグループについてはこちら。
http://www.cos-mo.jp

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Facebookページはこちら☆
http://www.facebook.com/satomi.yamaguchi.357

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その他、お気軽にお問い合わせ下さい!メールアドレスはこちら。
yamaguchis@cos-mo.jp

この記事を書いたプロ

司法書士法人コスモ [ホームページ]

司法書士 山口里美

東京都中央区八重洲2丁目6番21号 三徳八重洲ビル9階 [地図]
TEL:03-6703-0044

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

16

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メディア出演・掲載
イメージ

NHK『ぐるっと関西お昼まえ』2011.01.12出演 ~遺言書を正しく~

出版・監修
イメージ

「ご自身の大切な思い出をこの1冊に書きとめることにより、よりよく生きる気付きを!」

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
登記専門の司法書士  山口里美さん

全国各地で圧倒的な支持を得る、登記手続きの専門家。不動産登記や相続登記、設立登記に対応(1/3)

 マイホームの購入や相続、起業といった人生の一大イベントで必要となる「法的な手続き」があります。それが「登記」です。登記手続きとは、権利関係などを公示するために法務局に提出する登記簿に記載することを指し、主に司法書士が行います。 この登...

山口里美プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

ホスピタリティーを大切に、法律をわかりやすくお伝えします!

事務所名 : 司法書士法人コスモ
住所 : 東京都中央区八重洲2丁目6番21号 三徳八重洲ビル9階 [地図]
TEL : 03-6703-0044

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6703-0044

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山口里美(やまぐちさとみ)

司法書士法人コスモ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

コスモの山口さんにお願いしました

銀行からの紹介もあり、コスモの山口さんにお願いしました。 ...

F・K
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(30

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
◆相続問題が、地方の金融機関にも影響を及ぼす?◆~司法書士の業務~
イメージ

おはようございます!司法書士 行政書士 山口里美です。9月の最終日となりました。以前御伝えしました...

[ 司法書士の業務 ]

◆一つの仕事にありえないほど集中してやりきる!◆~経営者の思い~
イメージ

おはようございます!司法書士 行政書士 山口里美です。いよいよ月末モードとなり、各拠点でもフタッフが...

[ メディア掲載 ]

◆新法施行により、成年被後見人の亡くなった後の権限も・・◆~成年後見手続き~
イメージ

おはようございます!司法書士 行政書士 山口里美です。昨日の誕生日にあたり、FBやメールにて沢山のお...

[ 成年後見手続き ]

◆平成28年10月13日より、成年被後見人宛の郵便の取り扱いが一部変更!◆~成年後見~
イメージ

おはようございます!司法書士 行政書士 山口里美です。私ごとですが、今日は誕生日です。日々健康で、...

[ 成年後見手続き ]

◆来月、成年後見業務に関し、民法の一部が改正されます!◆~司法書士の業務~
イメージ

おはようございます!司法書士 行政書士 山口里美です。9月24日(土)は、「第17回全国司法書士女性会総会...

[ 司法書士の業務 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ