コラム

 公開日: 2017-12-30 

【メルマガ寄稿記事】トップダウン「のみ」の目標が達成されづらい理由

合同会社Coaching4Uの渡邊です。

一年が過ぎるのはあっという間で、3月決算の企業・法人ではそろそろ来期の計画にについて社内調整を行なっている時期ではないかと思います。

ところで、この計画や目標について、
皆様の組織ではトップダウンで決めていますか?それともボトムアップで決めていますか?

私は日頃から組織変革、組織開発のコーチングやコンサルティングをしている関係から、様々な組織の目標設定の場面を見ています。

その経験から得た結論は、

【トップダウン「のみ」の目標は達成されづらい】

ということです。

なお、ここでの前提は、
「トップダウンがダメで、ボトムアップ良い」といったボトムアップ礼賛主義ではありません。トップダウン型の目標設定、ボトムアップ型の目標設定どちらにも一長一短があります。

例えば、ボトムアップ型の目標設定の短所は、「視点の低さ」です。ボトムアップで行われる目標設定では、どうしても発想の軸足が「現場視点」により、「経営視点」「中長期視点」「戦略視点」が欠けがちです。「改善」を前提とした目標は出てきても、大胆な投資意思決定や、戦略変更といった「改革」を伴う目標は出てきづらいです。

これは認知科学の観点から言うと、トップと現場では物事の視点、つまり見ている「抽象度」が異なる為、どうしても前述のようなことが起きてしまいます。

では、トップダウン型の目標設定であれば高い「抽象度」から考えることが出来るからいいのでは?というと、その点では良いのですが、別の問題が起こります。

その問題をお伝えする前に、2つマインドの仕組みをご紹介します。

まず、「RAS(ラス)」についてです。
以前のコラムでもご紹介していますが、これは「重要な情報」を選別する脳の情報のフィルター機能を果たしています。そして、この「RAS」は「自己責任」を伴わない情報は通しません。
例えば、赤ちゃんの夜泣きに妻は気づきますが、夫は爆睡しているなんてことがあります。これはあくまで例え話ですが、この例で言えば聞こえる音量は同じですが、「育児」に対する責任感が「聞こえる」か「聞こえない」かを分けています。

二つ目は、「プッシュ・プッシュバック」の原理です。
学生時代、テスト前に勉強しようと思っていたら、親から「勉強しなさい!」と言われて急にやる気がなくなった、、、そんな経験はありませんか?
人は外部から何かを強いられると無意識に「押し返す」という自然なマインドの働きがあります。

以上の二つのマインドの仕組みを前提に、「トップダウン型の目標設定が何故達成しづらいか」について考えて見ましょう。

まず、トップダウン型の目標は、「自分で決めた」というよりは「上に決められた」という感覚が強いはずです。よって、「自己責任」は希薄になりがちです。正しく「自己責任」の伴った目標設定が出来ると、マインドは「それを達成するための手段・方法」を探し出すのですが、トップダウン型で一方的に決められた目標では、「自己責任」が伴わず、「RAS」が達成の為の情報を通してくれません。達成の為の手段が見えなければ、当然達成出来ません。

そして、何より「強いられた目標」になっていると、無意識のレベルで「プッシュ・プッシュバック」が起きモチベーションの低下が起きます。モチベーションが低ければ、当然計画された目標の達成確率は低くなります。

以上の理由から、【トップダウン「のみ」の目標は達成しづらい】という結論に繋がります。

ボトムアップ型のみでは視点が低くなってしまい、トップダウン型のみでは達成しづらくなってしまう。では、どのように目標を設定すればいいのでしょうか???

簡単ではありませんが、
やはり、【「トップダウン」と「ボトムアップ」の調和を図る】ということに尽きると思います。

具体的なプロセスの一例は、
①まず、トップダウンで事業環境や事業構想、企業のゴールを提示する
②①を踏まえた上で、ボトムアップで計画立案
③②で上がってくる計画とトップの意向が合うまで助言、計画の練り直し等、キャッチボールを続ける(※「自分たちが立てた目標」という感覚を持ってもらうことが大切)
です。

特に、③に相当の時間的、精神的労力がかかりますが、マインドの仕組みを前提に、達成を目指すのであれば、必要な投資であると考えます。

むしろ、この過程を横着してトップダウンで目標を決めてしまい、「目標は与えられるもの」「目標は達成しなくても仕方がない」という雰囲気を組織に築いてしまう弊害や、未来に亘る損害が計り知れません。

皆様の組織でも今一度、「目標設定」のプロセスについて再考頂けますと幸いです。

この記事を書いたプロ

合同会社Coaching 4U [ホームページ]

コーチ 渡邊佑

東京都江東区東陽3-27-17 長谷川ビル5F [地図]
TEL:090-6950-2647

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
合同会社Coaching 4Uの渡邊佑さん

コーチングを通して人と組織の無限の可能性を引き出し、変革(イノベーション)を創造(1/3)

 「コーチングを導入する組織が増える中、どのようなコーチングを選択すべきか、悩む経営者の方は多いと思います。コーチングの理論的な背景は行動主義から認知主義を前提とした科学に移行しています。組織は人の集まり、コーチングによって組織のすべての人...

渡邊佑プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

脳科学や心理学に基づいたメソッドで無限の可能性を引き出す

会社名 : 合同会社Coaching 4U
住所 : 東京都江東区東陽3-27-17 長谷川ビル5F [地図]
TEL : 090-6950-2647

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-6950-2647

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

渡邊佑(わたなべゆう)

合同会社Coaching 4U

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
【研修後記】社会福祉法人 合掌苑 様 アファメーション研修(9月25日-26日)
イメージ

合同会社Coaching4U代表の渡邊です。先日(9月25日、26日)、現在当社サービスを導入頂いている、社会...

[ 研修後記 ]

コーチングとは何か?①

初めまして。合同会社Coaching4Uプロフェッショナルコーチの渡邊と申します。皆さんは、「コーチ」または「...

[ コーチング ]

全ての人にコーチングが必要か?

今日そして明日を生きていく為に重要な事。それは、「コーチングを受けること」、、、では無く、...

「幸せ空港」への搭乗券

飛行機のように、人はかならず無意識レベルの「傾き」を持ってどこかへ進んでいます。ポジティブな情動をも...

【コーチング理論紹介】「創造的無意識」の働き

合同会社Coaching4Uの渡邊です。本日は、マインドの機能の一つ「創造的無意識」について触れていきます。...

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ