コラム

 公開日: 2018-07-11 

持分移転するときの手続き

今回は、持分移転をする際の登記申請について、記入上の注意点などを詳しく解説します。

所有移転と持分移転

所有移転と持分移転

土地や建物の所有権は、売買、贈与、相続などによって移転します。たとえば、亡くなったお父さん(被相続人)が1人(単独)で所有していた土地を一人息子のAさんが相続した場合、所有権はお父さんから息子のAさんに移ることになります。Aさんは、その土地の所有権が移ったことを証明するために登記を行います。これを「所有移転登記」と言います。

では、Aさんのお父さんが所有していた土地が、実はお父さんが一人で所有していたものではない場合はどうでしょう。たとえば、お父さんの妹、Aさんにとっては叔母にあたる人と1/2ずつ共有しており、Aさんはお父さんの持分のみを相続するという場合です。

この場合も、持分が移転したことを証明するために登記を行います。これを「持分移転登記」と言います。

登記申請書の記入について(1.所有移転)

相続に際する登記申請書の記入について見てみましょう。相続における「所有移転登記」については次のようになります。Aさんのお父さんが単独で土地を所有していたケースです。

登記申請書には、最初に「目的」という項目があります。Aさんが、お父さん(被相続人)の単独所有の土地(物件)を相続する場合、この目的は「所有権移転」とします。

次に「原因」という項目があります。「日付」→「原因」の順で記入します。「日付」は相続が開始した日(戸籍に記載された被相続人の死亡した日)です。そして、「原因」は「相続」です。「平成○○年○月○日 相続」と記入します。

次に「相続人」という項目があります。まず、被相続人の氏名を記載します。「(被相続人 Aさんの父の氏名)」となります。そして、物件を相続する人、ここではAさんの住所・氏名を記載し、実印を押します。「Aさんの氏名 実印」という形です。また、法務局からの連絡を受けられやすい電話番号を記載します。

登記申請書には添付書類として、亡くなった人の戸籍謄本、相続する物件の登記簿謄本、相続人の住民票などを添付する必要があります。それらを添付したことを示すため、次の「添付書類」の項に「登記原因証明情報 住所証明情報」と記載します。

次に申請書では、登記申請日を記入するようになっています。法務局に書類を持参する日を記入します。たとえば「平成○年○月○日申請 東京法務局 品川出張所 御中」となります。

その後も「課税価格」、「登録免許税」、「不動産の表示」という項目がありますが、上にあげた「相続人」の項目について、持分移転のケースを見ておきましょう。

登記申請書の記入について(2.持分移転)

Aさんのお父さん(被相続人)が所有してた物件(ここでは土地)が、お父さんの単独所有ではないケースです。Aさんのお父さんとAさんの叔母さんの共有で、持分がそれぞれ1/2とします。
この場合、登記申請書の「目的」は「○○○○(お父さんの名前)持分全部移転」とします。

そして、登記申請書の「原因」は所有移転と同じく「相続」としますが、ただ、相続人であるAさんの氏名の前に「持分2分の1」と書き入れます。お父さんの持分1/2を全部相続するという意味です。「持分2分の1 Aさんの氏名 実印」という記載になります。

また、上と同じ状況で、相続人がAさんと弟のBさんの2人で、それぞれお父さんの持分を1/2ずつ相続する場合は、相続人として、Aさん、Bさんそれぞれの住所・氏名を記載します。そして、お父さんの持分1/2を半分ずつ相続するわけですから、申請書には「持分4分の1 Aさんの氏名 実印」、「持分4分の1 Bさんの氏名」と記載します。

さらに、同じ状況でAさんにもう一人、弟のCさんがいて、兄弟3人がお父さんが持っていた共有持分を1/3ずつを相続するとした場合、Aさんについては「持分6分の1 Aさんの氏名 実印」という記載になり、Bさん、Cさんの名前の前にも「持分6分の1」と記載します。
1/2の持分を3人が等分に相続するからです。

以上のように、所有権を移転する「所有移転」と共有持分を移転する「持分移転」では、登記申請書の記載方法が違ってきます。

申請書の記載を間違えたら法務局から補正の指示がある

ところで、万一、登記申請書の「目的」を書き間違えたりしたらどうなるでしょう?

その場合は、法務局から「補正して下さい」という連絡があります。連絡を受けたら、印鑑を持参して法務局に出向き、法務局の人の指示通り修正します。これは登記申請書の補正であり、遺産分割について修正するというものではありませんから、申請者一人だけの印で補正できます。間違った箇所に線を引き、「○○○○持分全部移転」と記入し、印を押します。

登記申請のミスで多いのは、書き間違い(住所など)や書き漏れ、押印を忘れる、添付書類の不足、また、登録免許税の計算間違いなどです。登記申請は個人でも行えますが、正確を期すためには、専門家のサポートを受けたほうが良いでしょう。

この記事を書いたプロ

株式会社中央プロパティー [ホームページ]

不動産コンサルタント 松原昌洙

東京都中央区八重洲1-7-7 吉川ビル2F [地図]
TEL:03-3281-0021

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
共有持分について
共有持分は他の共有者の承諾や同意なく売却できます

早期に共有状態を解消し、現金化できるため多くの方が持分のみを売却しています。一般の不動産仲介会社では対応できない共有持分のみを売却。私たちは、あなた...

著書・メディア掲載
相続の落とし穴!共有名義不動産: 想い出がきれいなうちにトラブル解決

弊社代表が執筆した本が出版されました 【書籍名】相続の落とし穴!共有名義不動産: 想い出がきれいなうちにトラブル解決【著者】松原昌洙【出版社】合同フォレ...

 
このプロの紹介記事
中央プロパティーの松原昌洙さんは共有名義不動産の自己持ち分の売却を得意とする

共有名義不動産の自己持分の売却相談に強い(1/3)

 株式会社中央プロパティーは東京駅八重洲口から徒歩2分の場所にある不動産会社。代表の松原昌洙さんが得意とするのは、共有名義不動産の売買、仲介です。相続が絡む複雑な不動産取引を数多く扱っています。 さまざまな事情から、遺産分割において兄弟...

松原昌洙プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

共有名義不動産の自己持分のみの売買、仲介に強み

会社名 : 株式会社中央プロパティー
住所 : 東京都中央区八重洲1-7-7 吉川ビル2F [地図]
TEL : 03-3281-0021

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-3281-0021

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松原昌洙(まつばらまさあき)

株式会社中央プロパティー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
共有不動産について、共有分割請求訴訟が行われる場合とは?
イメージ

共有分割請求訴訟が行われるようなトラブル事例と、それがどのような訴訟なのかを解説します。 共有持分...

[ よくある共有不動産トラブル ]

持分を買い取りたい場合はどうすればいい?
イメージ

一般の方が共有名義の不動産の持分を買い取るという場合、相手は親族の場合が多いでしょう。その手順、流れについ...

[ 共有名義不動産について知っておくべきこと ]

共有名義の持分交換で抑えておくべきポイント
イメージ

今回は共有名義の持分交換について、事例をもとに解説します。持分交換は、不動産の共有解消の一つの方法です。...

[ 共有名義不動産について知っておくべきこと ]

共有不動産は売却しにくい!専門家への相談が解決への道
イメージ

共有不動産を売却したいが売却できない。そうした際は、やはり専門家のサポートが必要になります。今回は、共有不...

[ 共有名義不動産について知っておくべきこと ]

自分の共有持分だけを売却したい!
イメージ

共有不動産のトラブルは深刻です。「何とかしてこのトラブルから解放されたい」と切実に願っている方の数は想像以...

[ 共有名義不動産について知っておくべきこと ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ