プロTOP:松原昌洙プロのご紹介

共有名義不動産の自己持分の売却相談に強い(1/3)

中央プロパティーの松原昌洙さんは共有名義不動産の自己持ち分の売却を得意とする

「とりあえず共有名義に」がトラブルのもとに

 株式会社中央プロパティーは東京駅八重洲口から徒歩2分の場所にある不動産会社。代表の松原昌洙さんが得意とするのは、共有名義不動産の売買、仲介です。相続が絡む複雑な不動産取引を数多く扱っています。

 さまざまな事情から、遺産分割において兄弟姉妹で不動産を共有するケースは少なくありません。しかし、「とりあえず“共有名義にしておく”“相続登記をせず、親の名義のままにしておく”といった措置が、後々トラブルを引き起こすことが多い」と言います。
 共有名義不動産でトラブルが起きやすい事例とは―――。松原さんが解説します。

「例えば、長男家族が実家で親と同居していたというケースです。長男は引き続き、そこに住みたいという意向を示しても、弟妹にも等分の権利があります。そこで、長男が弟妹の権利を買い取る、または弟妹に月々、家賃相当額を支払うといった方法を取れば、問題は起きません。しかし、長男にそこまでの経済的な余裕がなく、弟妹に何もしないまま住み続けたとき、弟妹が自分たちの権利を主張して、争いになるというわけです」

 実家が空き家になったとしても、「お金が必要だから売却して現金化したい」という人がいる一方、「先祖代々の土地家屋は守るべき」と主張する人がいるなど、兄弟姉妹間で事情や考え方が異なることで、もめることも。「特に兄弟姉妹間でお金の貸し借りがあったり、長年の感情のもつれがあると冷静な話し合いができず、こう着状態になりがちです。誰しもトラブルを子どもの代まで長引かせたくはないもの。資産整理が進まないことで、大きなストレスを抱えている方はたくさんいらっしゃいます」

<次ページへ続く>

【次ページ】 共有名義不動産の自己持分のみを売却できる

最近投稿されたコラムを読む
共有持分について
共有持分は他の共有者の承諾や同意なく売却できます

早期に共有状態を解消し、現金化できるため多くの方が持分のみを売却しています。一般の不動産仲介会社では対応できない共有持分のみを売却。私たちは、あなた...

著書・メディア掲載
相続の落とし穴!共有名義不動産: 想い出がきれいなうちにトラブル解決

弊社代表が執筆した本が出版されました 【書籍名】相続の落とし穴!共有名義不動産: 想い出がきれいなうちにトラブル解決【著者】松原昌洙【出版社】合同フォレ...

松原昌洙プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

共有名義不動産の自己持分のみの売買、仲介に強み

会社名 : 株式会社中央プロパティー
住所 : 東京都中央区八重洲1-7-7 吉川ビル2F [地図]
TEL : 03-3281-0021

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-3281-0021

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松原昌洙(まつばらまさあき)

株式会社中央プロパティー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
夫婦問題や親族問題!共有名義によくあるトラブル!

話し合いのうえ離婚することになったけれども共有名義の住宅ローン残っているなど、どうすればいいのか?という事...

[ よくある共有不動産トラブル ]

トラブルに繋がりやすい共有名義の曖昧な管理
イメージ

共有名義不動産はトラブルにつながりやすいのですが、その性質上、一度トラブルが生じるとその解消は非常に困難に...

[ よくある共有不動産トラブル ]

早く共有状態を解消したい!共有名義不動産を分割請求!
イメージ

「共有名義不動産」を分割するには「①現物分割」「②代金分割」「③代償分割」という3つの選択肢があります。今回...

[ 共有名義不動産について知っておくべきこと ]

知ってて損はしない、所有権の基礎知識!
イメージ

共有とは1つのモノ(財産)に対し複数の人が所有権を持っている状態を指します。この「所有権」について少し詳し...

[ 共有名義不動産について知っておくべきこと ]

正しい共有持分の範囲と共有持分の決め方!
イメージ

今回は不動産の共有に関して、その「範囲」と「持分」の決め方についてお話します。二つとも不動産の遺産相続に...

[ 共有名義不動産について知っておくべきこと ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ