コラム

 公開日: 2015-05-22  最終更新日: 2015-06-05

持病を抱えている方の婚活

持病
結婚相談NPOの影山です。
前回のコラムで予告した通り、今回は持病をお抱えの方のシニア婚活について書きたいと思います。
中高年の婚活では現役世代の婚活と比べ、健康の重要性が大幅に増します。
若い頃からの食べ物の違いや生活習慣の違いなど、個人差が目立ってくるのが30代。中高年では個人差が更に開き、実年齢よりも体内年齢が重視される傾向に有ります。

「持病」があっても、出会いを求める事は可能なのか?

では、持病があった場合、出会いは諦めなければならないのでしょうか?
そんな事は有りません。何故ならば、大抵の方が何かしらの体調不良を抱えているのが中高年の婚活だからです。

持病を理由に婚活に二の足を踏んでしまう方は、相手に迷惑をかけてしまうと思ったり、期待に添えないかも‥と思ったり、介護目当てだと思われてしまうのでは?と考えがちのようです。

しかし、考え込んでも解決にはなりません。
通常、結婚相談所では持病を理由に入会を断る事が禁止されています。(ただし、他の理由をつけたり、理由を公開せずに入会拒否する相談所は残念ながら存在します。)

お近くの結婚相談所に入会をお断りされてしまった場合は我々が運営する「門前払いしない結婚相談所」ブライダルサポーターにご相談ください!

持病があることよりも、誠実であることの方が大切です

これはシニアに限定する話しでは無いのですが、結婚相談所側からはあくまで任意でしか、会員様の健康状況をお尋ねする事ができません。
我々の相談所でも最近、エイズ検査をされた方は優遇させていただこうと考えていた時期もありましたが、先鋭的過ぎるという判断から保留にしています。

よって、持病や障害を隠して婚活をされている方は一定数いらっしゃると思われるのですが、実際に入籍後にようやく体調不良の告白をして、即離婚という話しも複数耳にした事が有ります。

結局、真剣に結婚を考えられるお相手が見つかったら、隠し事をせずに出来るだけ早期に持病についてお伝えする。これに尽きると私は思います。
中高年の婚活ではお互いに人生経験が豊富だからこそ、何時、自分もそうなるか?を想像する力が養われている筈です。
きっと、「話し辛い事を話してくれてありがとう」と優しい言葉をかけてくれるでしょう。

そういった告白が苦手な方は予め婚活プロフィールに持病について記載されてはいかがでしょうか?これは私が障害者の方にもお勧めしている方法です。

相手が持病を気にする方であれば、最初から声をかけてくることはありません。逆に言うと、それでも声をかけてくる人は、きっちりと人となりを見て相手を選んでいる方と言えるのです。誠実な対応が、誠実な相手を呼び寄せ、幸せへと近づかせてくれるのです。

持病を持っている方や、障害を持っている方の婚活もあります

ここ最近、婚活の世界でもバリアフリーが叫ばれ始めています。実際、以前は出会い系業者に食い物にされていた障害者の方向けの健全な婚活も徐々に出てきました。
とはいえ、実際に障害について勉強をしながら活動をしている私に言わせますと、この分野は大変敷居が高く、アルバイトやパートレベルにこなせるものでは有りません。利益や効率を追い求める業者は参入しようともしないでしょう。

「持病」や「障害」という単語を見ると「不安が先走る」という人がまだまだいるのは事実です。そう言う相手に変な不安を抱かせないためには、少し伝え方を工夫する必要があります。
完治が難しいものであれば、どうやって付き合っていくか?を説明できるようにしておくのです。
例えば「持病がある」と有耶無耶にするのでは無く、「腰痛持ちで年に1~2回動けなくなるが、それ以外は普通に生活している」とまで伝える事ができれば、お相手の不安も軽減されるのではないでしょうか?

誰しも分からない事に対しては不安を感じるものです。それは持病や障害に限らず、人と付き合うとこと自体にも言えるでしょう。

常に相手がどんな人なのかという不安と向き合いながら、少しずつ互いの距離を詰めていく。その為に必要なのは、互いを理解しあう時間とコミュニケーションではないでしょうか?

◆ブライダルサポーター公式サイト

◆結婚相談NPOのスタッフブログ

◆結婚相談NPOのFacebookページ

◆結婚相談NPOのGoogle+ページ

◆結婚相談NPOのTwitterページ
リンクバナー

この記事を書いたプロ

結婚相談NPO ブライダルサポーター [ホームページ]

結婚コンサルタント 影山頼央

東京都新宿区西早稲田3-24-8 サンボックス5F [地図]
TEL:050-3526-5105

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
実績
親と子のはなまる婚活塾

武蔵境駅前、武蔵野プレイスにて開催された市民活動学校2014にて市民先生として、「親と子のはなまる婚活塾」を開催しました。アンケート満足度は100%を達成。市民...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中立の立場で誠実な婚活を支援する結婚相談NPO ブライダルサポーターの代表、影山頼央(かげやまよりひさ)さん

収入、年齢に関わらず、真剣に結婚したい人を支援する結婚相談NPO(1/3)

 「門前払いをしない結婚相談所」をモットーとするブライダルサポーター。結婚相談NPOが運営する結婚相談所です。立ち上げたのは代表の影山頼央(かげやまよりひさ)さん。きっかけは友人の婚活でした。「男性の友人が何人も結婚相談所に入会を断られたん...

影山頼央プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

結婚10年、一児の父。条件で門前払いをしない婚活支援を

屋号 : 結婚相談NPO ブライダルサポーター
住所 : 東京都新宿区西早稲田3-24-8 [地図]
サンボックス5F
TEL : 050-3526-5105

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

050-3526-5105

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

影山頼央(かげやまよりひさ)

結婚相談NPO ブライダルサポーター

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声
Y・I
  • 50代/女性 
  • 参考になった数(35

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
婚活における失敗事例の重要性
イメージ

結婚相談NPO、理事長の影山です。結婚相談NPOでは今後強化する婚活セミナーの第一弾として、婚活のカリスマ...

[ 婚活のヒント ]

ズバリ、婚活男性に一番求められるもの
イメージ

結婚相談NPOの影山です。いきなりですが、婚活男性に一番求められるもの‥それは何だと思いますか?顔でし...

[ 婚活のヒント ]

婚活と個人情報
イメージ

結婚相談NPO理事長の影山です。ちなみに個人情報保護士の影山でも有ります。今回は皆様がご心配されるであろ...

[ 婚活 ]

ご挨拶
イメージ

マイベストプロをご覧の皆様、はじめまして。結婚相談NPOの理事長、影山と申します。この度はプロ登録をご承...

[ その他 ]

本当は恐い条件婚のはなし
イメージ

結婚相談NPOの影山です。頻繁にご成婚インタビューをさせていただいている身として、たびたび感じるのが、「こ...

[ 婚活のヒント ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ