小学生の潜在能力を引き出すこども脳教育トレーナー

吉村規子

よしむらのりこ

ILCHI Brain Up こども脳教育 奥沢教室

[ 世田谷区 ]

職種

コラム

 公開日: 2017-09-20 

【脳教育】勉強時間の割に成果が上がらないのはどうして?

こんにちは。
ILCHI Brain Up こども脳教育 奥沢教室です。


9月も2/3過ぎてしまいましたが、夏休みの話です。
夏休みに、横浜市のある学童クラブさんで、小学1年〜6年生40名程の子どもたちを対象に「ブレインエデュケーション」をさせていただきました。

とても元気な子どもたちで、皆喜んで体を動かし、チームワークゲームやちょっとキツいジムも楽しんでくれました。とくに1〜2年生は元気です。目をキラキラさせ、初めての体験に飛び込んできます。すごいなあ、この開放感と吸収力。高学年になると、後ろの方にいてちょっと引いたところからコソッと楽しんでいる感じでした。

さて、前半はワクワク楽しくやりますが、最後にとても大事な時間があります。気エネルギーを感じる時間です。外側に向いていた意識を内部に向けて集中する時間です。よく集中でしたときに、気エネルギーを感じることができます。意識が散漫だと感じることはできません。



ここでしつもん!どんな子が、よく集中出来ると思いますか?
成績の良い子?全体を眺められる高学年? ・・・いいえ、そうではありません。
先ほどまでワーワーうるさいほどだった前列の1〜2年生が、一番よく気エネルギーを感じます。あれほど騒いでいたのに、瞬時に自分の内部意識に入ります(持続時間は長くありませんが。。)。高学年になるほど、外部意識のままで気エネルギーを感じることが出来なくなるようです。


「エネルギー感じられなかった。。」と話してくれた子たちに聞いてみました。
「塾に行ってる?」 すると、皆うなづきます。うーん。。脳の使い方を伝えているものとして、何ともいえない気持ちになります。
地域によって差がありますが、高学年になると殆どの子が当たり前のように塾通いします。けれど、どれ程の子の脳が、学習に適した状態になっているでしょうか? 「エネルギーを感じられない」と正直に教えてくれた子たちは、周りが気になり自分に集中出来ない不安定な状態です。その状態で勉強していて成果はあがるでしょうか?


ゴハンを美味しく食べるには、胃腸が元気であることが必要条件です。このことに関しては、皆さん異論無いでしょう?胃腸がもたれていたら、どんなご馳走を出されても美味しく感じません。脳だって同じです。脳がもたれている状態なのに勉強を詰め込んで、良い成果が得られるわけがありません。
全然頭に入ってこない〜と適当にさぼる子はさほど心配ありませんが(親はとんでもない!と思われりるでしょうが)、そんな状態でも真面目に頑張る子は返って心配です。相当な負担を心身にため込んでしまいます。

勉強の前に、脳の状態を整える。勉強に限らず全ての行為は脳で行われているで、脳の状態を整えることで、スポーツや演奏などのパフォーマンスは向上していきます。ただがむしゃらに練習するのは、時代遅れになっています。一線で活躍している人たちは、それをわかっています。
というわけで、もっとも遅れをとっているのは教育界では・・・? きっと、あと何年〜遅くとも何十年かしたら日本の学校にも脳の正しい使い方が浸透していくと思いますが、、今の時点では、この状況からお子さんを守れるのは親御さん達しかいません。


では、どうすれば良いのか? とにかく体を使って思い切り発散することを教えてあげて下さい。走るのでも、サッカーでも、ダンスでも何でも良いです。その子の好きなことが一番です。ただし、人と比べたりせず、ただ気持ちよく体を使うことに焦点をあててください。これだけでも、脳がスッキリすると思います。

もうひとつ、お手軽で効果のある方法として「へそヒーリング」があります。おへそをほぐす=腸をほぐす➡脳をリラックスさせる。単にリラックスさせるだけでなく、リラックスした集中力を作ることが可能です。これは、理屈より体験していただくのが一番かと思います。
もっと知りたい方は、親子体験に来ていただくか、お母さん勉強会にいらしてください。へそヒーリング講座も行っています。

もう一度言います、脳がもたれた状態で、詰め込み勉強はダメですよ〜!


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇関連記事
受験生のパフォーマンスを上げるための脳教育(2)
http://mbp-tokyo.com/brainup-machidakodomo/column/49636/

【受験生のパフォーマンスを上げるための脳教育(1)】
http://mbp-tokyo.com/brainup-machidakodomo/column/49607/

【記憶力が良くなる! ブレインスクリーン】
http://mbp-tokyo.com/brainup-machidakodomo/column/46329/

この記事を書いたプロ

ILCHI Brain Up こども脳教育 奥沢教室 [ホームページ]

講師 吉村規子

東京都世田谷区東玉川2-33-15 2F [地図]
TEL:090-6307-0447

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
体験、相談の流れ
できる!できる!イメージトレーニング

ブレインアップトレーニングに関心を持っていただき、ありがとうございます。【体験レッスン】および【個別相談】は、以下の流れで進行いたします。。・・。・・。...

 
このプロの紹介記事
吉村規子 よしむらのりこ

小学生の脳の力が目覚める。楽しく学べる「こども脳教育」(1/3)

 子どもの特別な「脳教育」を専門に指導している教室があります。関東でこのプログラムを受けようとすれば、吉村規子さん主催の「まちだこども教室」のみという希少さです。(2015年5月現在 ⇒現在は世田谷区東玉川に移転し「奥沢教室」となっています...

吉村規子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

子どもを批評せずそのまま受け入れ自然に導く力

会社名 : ILCHI Brain Up こども脳教育 奥沢教室
住所 : 東京都世田谷区東玉川2-33-15 2F [地図]
TEL : 090-6307-0447

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-6307-0447

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉村規子(よしむらのりこ)

ILCHI Brain Up こども脳教育 奥沢教室

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
受験生のパフォーマンスを上げるための脳教育(2)
イメージ

こんにちは。ブレインアップ奥沢教室です。今日は、【受験生が望んでいる学校に合格する確立を引き上げてくれ...

[ こども脳教育 ]

【子育ての悩み】不登校のお子さんの意識レベルとセルフイメージ
イメージ

こんにちは。ILCHI Brain Up こども脳教育 奥沢教室です。今日も「意識のレベル」の活用例をお伝えしたい...

[ 子育ての悩み ]

子どもの理解に役立つ「意識のレベル表」
イメージ

こんにちは。ILCHI Brain Up こども脳教育 奥沢教室です。前回、イルチ・リー氏の講演会の中で使われた「意...

[ こども脳教育 ]

「意識のレベル」から見える 教育システムの問題点と小さな改善策
イメージ

こんにちは。ILCHI Brain Up こども脳教育 奥沢教室です。先日、Brain Educationの生みの親である...

[ こども脳教育 ]

[未来の先生展]から〜 「わくわく道徳授業」って? 
イメージ

こんにちは。ILCHI Brain Up こども脳教育 奥沢教室です。先週末、有明で開催された「未来の先生展」に行っ...

[ ベンジャミン人間性英才学校 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ