コラム

2014-12-18

高断熱住宅の落し穴?

こんにちは。
自然素材を使って気持ち良く暮らす家を提案している
八王子市の新井 です。


断熱のお話しは結構好評です。
多くの方が興味を持っているのでしょうね。
国もCO2削減を目的に、住宅の省エネ化を進めています。
住宅の高断熱化が規定されて、今では分譲住宅でも注文住宅でも断熱材はたっぷりと使われるようになっています。

断熱材の種類と厚みで断熱性能は決まります!

つまり高性能な断熱材を厚く使えば、あったかい家になる・・・・はずでした。

ところが、安心で快適、長持ちの家を実現するにはいくつかの問題点があったのです。

今日はその一つについてお話しします。

最初に結論から言うと、壁体内結露によるカビ・腐りの問題が発生したのです。

目に見える所にカビがついたら、原因を調べて対処の方法を探しますね。
しかし、見えない壁の中でカビや腐れが進行していたら、気づかずに対処が遅れます。
木の柱が腐っていたら?湿気の多い環境が好きなシロアリが食害をしていたら・・・・

壁内結露の例

見た目は立派でも家は長持ちしませんし、安心して住むこともできません。

では、どうして壁内結露が起きるのかを説明します。

窓サッシも密閉性が向上し、ペアガラスも標準化されると
昔のように隙間風で室内の湿気が外に排出される量が格段に減りました。
その結果、室内に留まる水蒸気が増えることになりました。

さて、壁の中の分厚い断熱材の部分はしっかりと断熱されています。
今でも多く使われている黄色い綿上の断熱材を皆さんはご存知でしょうか?
あれはグラスウールといいます。
空気を含む綿状のグラスウールは断熱性に優れた素材です。
しかも価格が安い!
フワフワしているので軽いし、扱いも簡単なので今でも人気なのです。
これを壁の中にキッチリと詰め込む(充填断熱)作業は通常は大工さんが担当します。

余談ですが私も子供の頃、父の手伝いでよくグラスウールを入れました。
当時はガラス繊維の粉がチクチクして嫌いな手伝いでした(仕事は楽なんですけどね)

まず、一つ目の問題がここにあります。
本来の性能は高い綿状の断熱材ですが、隅々まで隙間なく充填することが重要なのです。
充填されていないところがあると、どうなると思いますか?

そう、そこだけ冷えます。
冷えた部分に室内の水蒸気が集まってきて、結露するのです。
結露水ができると綿が湿ります。
空気を沢山含んでいることで性能が出る綿ですが、湿ってしまうとフカフカではなくなります。
湿って断熱性能が低下すると、さらに結露しやすくなります。

これが悪循環となって、見えない壁内でカビや腐りが発生するのです。

室内からの湿気から綿状断熱材を保護するために
防湿ビニールをきちっと施工すれば、このような事は起こらないとされています。
実際にそういう丁寧な施工をされている住宅会社もたくさんあるでしょう。


隙間なく、断熱材を充填して隙間なくビニールで囲うこと

これが綿状断熱材を使用する大前提です。
材料は安くても、丁寧な施工をするには手間がかかります。
担当大工さんがいつも丁寧に緻密に施工することが前提なのです。
手間を惜しんだり、施工を無理に急がせたら・・・・

丁寧な施工が行われるように監理することと同様に
施工のばらつきや不良が起こりにくい方法を選ぶというのも専門家の仕事です。

いい家かをスペックで判断しがちですが
人による丁寧な工事が成されて、本来の性能が発揮されるのですね。

快適な暮らしを提供するためにチャレンジしている新井建設  http://www.athome-arai.jp/

この記事を書いたプロ

有限会社 新井建設 [ホームページ]

一級建築士 新井与四和

東京都八王子市石川町2610 [地図]
TEL:0120-965-448

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
八王子・多摩地区を中心に地域密着で自然素材の家づくりを提案する新井建設の新井与四和(あらいよしわ)さん

「家づくりは一生のお付き合い」楽しく心地よく暮らす住まいを提供(1/3)

 創業以来45年、八王子・多摩地区を中心に地域密着の家づくりを続けている新井建設。代表の新井与四和(あらいよしわ)さんがこだわるのが、自然素材の家づくりです。大手建設会社で建売住宅の現場を経験してきた新井さん。「簡単・早い・安い」の家づくり...

新井与四和プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

自然素材に精通。より良い素材を適正価格で提供

会社名 : 有限会社 新井建設
住所 : 東京都八王子市石川町2610 [地図]
TEL : 0120-965-448

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-965-448

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

新井与四和(あらいよしわ)

有限会社 新井建設

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

リフォームしたら、帰宅するのが楽しみになりました!

中古住宅で購入して築30年になる我が家を建て替えようか、...

R・A
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
賢い土地購入とは
イメージ

こんにちは。自然素材を使って気持ち良く暮らす家を提案している八王子市の新井 です。今日のテーマは...

[ 土地探し ]

建築条件付き土地の注意点
イメージ

こんにちは。自然素材を使って気持ち良く暮らす家を提案している八王子市の新井 です。今日は「建築条...

[ 土地探し ]

買い替えの時の注意点
イメージ

こんにちは。自然素材を使って気持ち良く暮らす家を提案している八王子市の新井 です。今日は「今の自...

[ お金の話 ]

中古住宅購入とリフォーム
イメージ

こんにちは。自然素材を使って気持ち良く暮らす家を提案している八王子市の新井 です。最近のご相談...

[ リフォーム ]

土地購入と住宅ローン
イメージ

こんにちは。自然素材を使って気持ち良く暮らす家を提案している八王子市の新井 です。今日は、土地を...

[ 土地探し ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ