>   >   >   >   >  プロフィール

プロフィール

青木信昭プロの一番の強み

弁護士会で活躍した豊富な経験と、丁寧な傾聴で信頼が厚い

法律相談を市民に提供する弁護士会の活動に積極的に取り組んできました。経験と実績は確かなものがあり、それを基盤に依頼者のお話を丁寧に伺い、問題解決のお手伝いをしております。

出身地:茨城県水戸市
1956年2月生まれ
1974年3月 茨城県立水戸第一高等学校(水戸一高)卒業
1980年3月 東京大学法学部卒業
1982年3月最高裁判所司法研修所卒業
1982年4月 弁護士登録(第二東京弁護士会)

  • ■第二東京弁護士会関係
  • 1990年、2002年度 常議員
  • 1995年、1996年度 法律相談センター運営委員会副委員長
  • 1997年、1998年度 同委員会委員長
  • 1999年~2004年度 綱紀委員会委員
  • 2001年~2004年度 公設事務所運営支援等委員会副委員長
  •  
  • ■日本弁護士連合会関係
  • 1999年~2010年度 日弁連公設事務所・法律相談センター副委員長
  • 2009年11月~2013年10月 懲戒委員会委員
氏名 青木信昭(あおきのぶあき)
事務所名 アストレア法律事務所
事業内容 法律業務全般
取扱分野 ・法律相談
・法律顧問
・相続関係
・離婚
・成年後見その他財産管理
・不動産に関する事件
・損害賠償請求
・その他民事事件全般
・労働事件
・商事
・債務整理
・刑事事件
特徴 第二東京弁護士会で法律相談センターの設立、日本弁護士連合会で弁護士過疎地の法律事務所設立など、市民への法的サービスの提供に積極的に取り組んできました。豊富な知識と経験を基に、依頼者の話を丁寧に聞き、それを拾上げ証拠化し有利な方向へ導きます。また、依頼者の精神的な落ち着きや安らぎを重視し、裁判や調停の結果だけでなく、心の満足も目指しています。
職種 弁護士(第二東京弁護士会所属)
住所 〒160-0022
東京都新宿区新宿1-14-5 新宿KMビル801号室
電話 03-6410-6350
営業時間 9:00~17:30(時間外対応あり)
定休日 日祝日
ホームページ http://www.astraea-law.jp/
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
青木信昭 あおきのぶあき

法律相談を提供する弁護士会活動で多大な実績。豊富な知識と経験で、依頼者が納得できる解決へ!(1/3)

 「市民の方が気軽に弁護士の法律相談を受けられるよう、第二東京弁護士会の法律センター運営委員会の委員長や日弁連公設事務所・法律相談センターの副委員長を務めてきました」と落ち着いた口調で話すのは、アストレア法律事務所の青木信昭さんです。青木さ...

青木信昭プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

弁護士会で活躍した豊富な経験と、丁寧な傾聴で信頼が厚い

事務所名 : アストレア法律事務所
住所 : 東京都新宿区新宿1-14-5 新宿KMビル801号室 [地図]
TEL : 03-6410-6350

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6410-6350

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

青木信昭(あおきのぶあき)

アストレア法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
賃料の減額請求(家賃の値下げ請求)

 建物を長く借りているが、賃料(家賃)がずっと変わらないままになっている、あるいは、値上げを求められている...

[ 借地・借家(土地建物の賃貸借) ]

相続について(4) 葬式費用(葬儀費用)は誰が負担すべきか

 相続税の計算においては、葬式費用(葬儀費用)は相続財産(遺産)から控除することができます。そのため、葬式...

[ 相続 ]

任意後見について (任意後見とは、任意後見の開始時期、任意後見の解除)

 任意後見契約をご存じでしょうか。 これは、判断能力が低下した場合に備えて、判断能力があるうちに、特定の...

[ 任意後見 ]

離婚について(1) 離婚の手続 (協議離婚、調停離婚、裁判離婚)

離婚の手続には、協議離婚、調停離婚、裁判離婚(和解離婚、判決離婚)があります。 協議離婚  夫婦間の話...

[ 離婚 ]

相続について(3)  遺産分割のための手続 (遺産分割協議、調停、審判)

 相続人が複数の場合、相続財産は相続人全員の共有となりますので、これを各相続人が自分のものとするためには、...

[ 相続 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ