コラム一覧

1件~15件(24件)

過去の15件

遺産整理

Q 私の伯母(母の姉)が死亡しましたが、配偶者は何年も前に亡くなっていて、子どももいません。伯母の兄弟は、私の母と叔父(母の弟)の2人ですが、この2人が相続人ということでよろしいでしょうか。A そのとおりです。Q 母も叔父も80歳を超えていて、自分たちで相続手続をとるの... 続きを読む

相続

2018-04-18

死亡保険金は特別受益となるか

Q 私は3人兄弟で、兄と妹がいます。父は、生前、生命保険に入っていて、兄が1000万円の死亡保険金を受け取りました。残された遺産は、預貯金や株式などで2000万円程度しかありません。このような場合、死亡保険金も遺産であると考え、遺産の総額は3000万円で、兄は保険金1000万... 続きを読む

相続・特別受益

2018-04-10

遺産である預金から多額の払戻しが見つかった場合(その3)

(その2からの続き)Q 実際の遺産が1200万円の場合はどうなりますか。A 遺産の総額は2200万円とみなされますので、あなたとお姉様が計算上相続する金額は各1100万円となります。お姉様は既に1000万円の贈与を受けていますので、実際の遺産の1200万円の中から100万... 続きを読む

相続・預貯金

2018-03-29

遺産である預金から多額の払戻しが見つかった場合(その2)

(その1からの続き)Q そうしますと、姉が父親の預金から1000万円を受け取ったのが生前贈与か、そうでないか(預かっていた、勝手に下ろした)によって、違いが生じると考えてよろしいでしょうか。A 大きく分けて、そうなります。Q 例えば、1000万円は生前贈与だったとして... 続きを読む

相続・預貯金

2018-03-29

遺産である預金から多額の払戻しが見つかった場合(その1)

Q 死亡した父親の預金の残高が想像していたより少なかったので、金融機関に請求して、取引経過を出してもらいました。すると、父親が亡くなる1年位前から亡くなるまでの間に、何十万円もの払戻しが多数あり、その総額が1000万円になっていました。その現金は、父親の下には残されていません... 続きを読む

相続・預貯金

2018-03-29

遺産である預金の取引経過の開示請求

Q 父親の遺産に甲銀行の普通預金や定期預金がありましたが、亡くなった時点の残高が想像していたよりかなり少なかったので、父親の面倒をみていた姉が、生前に預金を下ろしてしまったのではないかと思います。姉に通帳を見せるように言っているのですが、見せてくれません。どうしたらよいでしょ... 続きを読む

相続・預貯金

2018-03-29

特別受益とは

Q 私は3人兄弟で、兄と妹がいます。兄と妹は、父から生前贈与を受けましたが、私は、父と折り合いが悪く、何も貰っていません。父の相続において、生前贈与のことを問題にすることはできるのでしょうか。A 「特別受益」という制度があり、生前贈与があった場合には、その贈与の額を実際の遺... 続きを読む

相続・特別受益

2018-03-29

公正証書遺言と自筆証書遺言

Q 遺言を書きたいのですが、どのような決まりがあるのですか。A 遺言は、民法において、作り方が決まっていて、その通りに作らないと無効になってしまいます。主に、公正証書遺言と自筆証書遺言があります。Q 公正証書遺言は、どういうものですか。A 公証人に作成してもらう遺言で... 続きを読む

遺言

2018-03-28

遺産の一部の遺言

Q 父が自筆証書遺言を作っていたのですが、遺産として、自宅の土地建物、預貯金、株式があるうち、自宅についてのみ兄に相続させると書いてあり、他の遺産については何も書いてありませんでした。相続人は、私と兄、妹の3人です。自宅以外の遺産は、どのように分ければよいのでしょうか。A ... 続きを読む

遺言

2018-02-05

遺言無効について(3) 遺言者の生前に遺言の無効を争えるか

Q 私の父は、認知症となって介護施設に入っていて、主治医からは、認知症が治る見込みはないと言われています。最近、兄と喧嘩をしたときに、兄から、父の財産は全部自分が相続することになっていると言われ、父の名前で1年前に作成された公正証書遺言を見せられました。しかし、父は、その当時... 続きを読む

遺言無効

2018-01-17

遺言無効について(2) 無効の遺言の救済

Q 父親が、自宅を私に相続させるという自筆証書遺言を残してくれたのですが、印鑑が押してありませんでした。そのため、兄弟から、遺言は無効だと言われています。父親が自筆で書いたのは間違いないのですが、何とかなりませんか。A 遺言は、要式が厳格に決められていて、自筆証書遺言は、全... 続きを読む

遺言無効

2018-01-15

預貯金の遺産分割

Q 預貯金の遺産分割の取り扱いが変わったと聞きましたが、どう変わったのですか。A これまでは、定額郵便貯金を除いて、相続開始により、相続人に法定相続分に応じて当然に分割するので遺産分割の手続は必要ないとされていました。ところが、平成28年12月19日に判例が変更となり、預貯... 続きを読む

相続・預貯金

2018-01-12

相続について(5) 相続人からの「排除」(廃除)

Q 財産を相続させたくない親族がいる場合に、相続人から「排除」する手続があると聞いたのですが、どのような手続ですか。A 法律上は、「排除」ではなく「廃除」といいます。これは、被相続人となる人が、推定相続人(相続が開始した場合に相続人となるべき人です)を、事前に、相続人から除... 続きを読む

相続

2017-12-05

賃料の減額請求(家賃の値下げ請求)

 建物を長く借りているが、賃料(家賃)がずっと変わらないままになっている、あるいは、値上げを求められているということはありませんか。 賃料は、周囲の相場に比べて不相当になった場合は、いつでも、減額請求(値下げ請求)ができることになっています。もちろん、逆に、増額請求(値上... 続きを読む

借地・借家(土地建物の賃貸借)

2016-02-05

相続について(4) 葬式費用(葬儀費用)は誰が負担すべきか

 相続税の計算においては、葬式費用(葬儀費用)は相続財産(遺産)から控除することができます。そのため、葬式費用は相続財産から支出するものとお考えの方も多いのではないかと思います。 しかし、相続税法は、当該相続人が負担した葬式費用を、相続する財産から控除できることを定めてい... 続きを読む

相続

2016-01-28

1件~15件(24件)

過去の15件

RSS
業務のご案内

相続人がお一人しかいない場合や、共同相続人間で分け方について争いがない場合に、高齢のためや仕事が忙しいため、その他の事情により、面倒な相続手続を専門家に任せ...

費用のご案内

電話でのご予約の場合、受付時間 平日午前9時から午後5時30分 メールでのご予約、お問い合わせも可能です。  相談料  30分5000円(消費税込...

 
このプロの紹介記事
青木信昭 あおきのぶあき

法律相談を提供する弁護士会活動で多大な実績。豊富な知識と経験で、依頼者が納得できる解決へ!(1/3)

 「市民の方が気軽に弁護士の法律相談を受けられるよう、第二東京弁護士会の法律センター運営委員会の委員長や日弁連公設事務所・法律相談センターの副委員長を務めてきました」と落ち着いた口調で話すのは、アストレア法律事務所の青木信昭さんです。青木さ...

青木信昭プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

弁護士会で活躍した豊富な経験と、丁寧な傾聴で信頼が厚い

事務所名 : アストレア法律事務所
住所 : 東京都新宿区新宿1-14-5 新宿KMビル801号室 [地図]
TEL : 03-6410-6350

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6410-6350

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

青木信昭(あおきのぶあき)

アストレア法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
遺産整理

Q 私の伯母(母の姉)が死亡しましたが、配偶者は何年も前に亡くなっていて、子どももいません。伯母の兄弟は、...

[ 相続 ]

死亡保険金は特別受益となるか

Q 私は3人兄弟で、兄と妹がいます。父は、生前、生命保険に入っていて、兄が1000万円の死亡保険金を受け取...

[ 相続・特別受益 ]

遺産である預金から多額の払戻しが見つかった場合(その3)

(その2からの続き)Q 実際の遺産が1200万円の場合はどうなりますか。A 遺産の総額は2200万円と...

[ 相続・預貯金 ]

遺産である預金から多額の払戻しが見つかった場合(その2)

(その1からの続き)Q そうしますと、姉が父親の預金から1000万円を受け取ったのが生前贈与か、そうでな...

[ 相続・預貯金 ]

遺産である預金から多額の払戻しが見つかった場合(その1)

Q 死亡した父親の預金の残高が想像していたより少なかったので、金融機関に請求して、取引経過を出してもらいま...

[ 相続・預貯金 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ