コラム

 公開日: 2017-09-22 

ビジネスシーンにおける脳の活性化のすすめ

齋藤れいこです。

ビジネスシーンにおける脳の活性化のすすめ

お仕事帰りの女性の皆様に向けて、某企業様とセミナーを開催しました。
テーマはズバリ!
”香りで切替! ~Business dayに使うアロマオイル~”でした。
セミナーの様子はこちら。
疲れとは、肉体的なものもありますが、多くは脳の疲労と言われております。
日常の疲れの種類は人それぞれです。
以下抜粋です。

アロマテラピーとは?

アロマテラピー(仏語)=アロマセラピー(英語)どちらも同じ意味です。
『アロマ=芳香』+『テラピー=療法』の意で、
フランスやドイツでは心や体の不良を整える療法として古くから使われています。
アロマには様々な薬理効果があり、医療施設でも取り入れられています。
その発祥は古代ギリシャ(紀元前4世紀頃)まで遡ります。

小瓶の中身は全て植物から抽出した天然素材の精油(エッセンシャルオイル)です。
花、葉、果皮、樹皮、根、種子などが原料となっています。
非常に高濃度の物質なので1滴、2滴といった少量を、
植物が持つそれぞれの機能をシーンや体調に合わせて使います。

香りをかぐとどうなるの?

精油の香りはストレスを緩和し、心身の不調を改善し、バランスを整えてくれます。

香りは脳を直接刺激します。
香り(嗅覚) → 大脳辺縁系 → 視床下部へと伝わります。
記憶力や感情、情動に関わる部分を直接刺激し、
生命の活動をコントロールする部分に働きかけをします。

嗅覚から以外にも、マッサージなどで使う場合は、
血管の中に成分が入り込むことで薬理効果が得られます。

心と体に作用するアロマの薬理効果とは?
心のストレス:眠気、落ち込み、無気力 など
身体のストレス:咳、のどの痛み、頭痛、むくみ、花粉症 など
に効果があるとされています。

3:シーン別アロマ活用術


植物から抽出した天然の香りは脳に直接届くので、香ることで
メンタルヘルスをセルフケアすることができます。
シーン別の対応おすすめアロマ精油をレクチャーしました。

こんな時にはこの天然の香りで活性化&鎮静化

すっきり目覚めるための香りは?
レモン:二日酔いの朝にもおすすめ。頭をスッキリと冴えさせてくれます。

お仕事集中モードになれる香りは?
ローズマリー:集中力や記憶力を高め、受験生にもお勧めの香り。
学習塾でも活用されています。
また、認知症にも効果があるとされています。

リラックスする香りは?
オレンジ+ゼラニウム:精油はブレンドすることでシナジー効果が得られます。
ゼラニウムは女性ホルモンを整えてくれるとされています。

明日に備えて熟睡するための香りは?
オレンジ+ラベンダー:夜枕元に香らせると穏やかな入眠を促してくれます。

幸福感を感じたい時は?
バラ:脳の中で幸せホルモンが出ると言われています。

疲れたときは?
オレンジ:リフレッシュやリラックス、不安や緊張を緩和させます。
プレゼンや交渉の前に嗅ぐと気分が前向きになります。
働く女性は常備したい一本ですよね。

反対にいやな香りをかぐと気分が悪くなったり、イライラしてしまいます。
なので、なるべくそのような香りは避けるようにしましょう。

当日のセミナー受講者のアンケート

・オレンジの香りで眠くなった・・・。最近精油を使っていないので今夜使ってみます。
・素敵な雰囲気でとても勉強になりました。
・楽しかった
・製法や区分についてご教示頂ければと思います。
・身近なオイルの種類での日常に気軽に活用できるお話しが聞けて良かった。
・オレンジが家で余っていたのですが今日かいでまた使おうを思いました。
・実際に香を嗅ぐことが出来て癒されました。
・ひたすら癒されました・・・。ゼラニウム、ラベンダー、ローズマリーが自分に合っているようです。
・勉強になりました。
・アロマには興味がなかったのですが、とても興味を持てました。
・レモンやオレンジは使用したことがないので次回使ってみます。
・アロマについて初めて学びました。脳とつながっているのですね。初めて知りました。
・コンパクトにまとまっていてよくわかりました。長年の疑問だった香りの瞬間ということも分かって良かったです。

30分のミニセミナーなので、職場でのちょっとした時間でメンタルヘルスのセルフケアの方法を知ることができます
ドイツやフランスでは代替医療であるアロマテラピー(芳香療法)で、良く機能できるように脳の環境をととのえて
生産性をアップさせましょう。
齋藤れいこでした

企業での福利厚生や社員組合セミナーなど
アロマで自己管理できるセミナーを企画開催を承っております
自分の不調を自分で感じて、自分でととのえることができれば
活気あふれる職場は良いコミュニケーションがうまれ
生産性が上がって離職率が下がります

この記事を書いたプロ

齋藤れいこアロマスタイルスクール [ホームページ]

アロマセラピスト 齋藤れいこ

東京都港区南青山3-5-2 3階 [地図]
TEL:050-3129-0361

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
企業向け活動
嗅覚と脳は直結してます

働く人のためのアロマテラピー(芳香療法)によるメンタルセルフケアの方法を講習します。”心の不調を放置せず、芳香療法を用いてストレスを受け流す方法を知りまし...

個人向け活動
イメージ

ストレスを感じ方や回避の仕方を、個人ベースでアドバイスをしてます。ストレスがあるところは、コミュニケーションがうまくいってないことが多いのです。まずは自...

 
このプロの紹介記事
有限会社ウェルシィ_齋藤れいこさん

働く人のメンタルヘルス向上のためのセルフケアを伝える アロマテラピーインストラクター(1/3)

「自分の好きな香りに包まれると、心と身体は自然に癒されるものです。私はアロマテラピーを使ったセルフケアで、こんなにも簡単に元気になれるということを、沢山の人たちに伝えていきたいと思います!」このように語るのはアロマスタイル代表の齋藤れいこ...

齋藤れいこプロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

大手企業主催のアロマセミナー講師および雑誌掲載など実績多数

会社名 : 齋藤れいこアロマスタイルスクール
住所 : 東京都港区南青山3-5-2 3階 [地図]
TEL : 050-3129-0361

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

050-3129-0361

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

齋藤れいこ(さいとうれいこ)

齋藤れいこアロマスタイルスクール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
突然ですが働く世代も認知症予防の話
イメージ

 突然ですが働く世代も認知症予防の話 齋藤礼子です。若いと思っているあなた!働く世代の認知症を日ごろか...

[ 困った時のアロマ活用法 ]

梅雨時期の吐き気を伴う頭痛解消法
イメージ

 梅雨時期の吐き気を伴う頭痛解消法 齋藤れいこです。湿気の多いこの時期ですが皆さま体調はいかがですか?...

[ 困った時のアロマ活用法 ]

梅雨時期の吐き気を伴う頭痛解消法
イメージ

 梅雨時期の吐き気を伴う頭痛解消法 齋藤れいこです。湿気の多いこの時期ですが皆さま体調はいかがですか?...

[ 困った時のアロマ活用法 ]

いつでもどこでもリラックス&集中!
イメージ

 いつでもどこでもリラックス&集中! 斎藤れいこです取引先でプレゼンテーションを担当した時、緊張しすぎ...

[ アロマ戦略術 ]

キラーストレスとストレス反応のお話 対策編
イメージ

 キラーストレスとストレス反応 齋藤れいこです。前回のコラム、いろいろな方に読んで頂きましてストレス...

[ ストレス ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ