コラム

2016-03-07

集団活動が苦手なお子さんが最も苦手とするのは班活動での「話し合い」

みなさん、こんにちは。現役の小学校教師の鈴木あづみです。

日本の学校では集団行動や集団活動が学校生活を送る上で自然なことであり、言うまでもないことです。
「これができて当たり前!」と誰もが思うくらいに浸透しています。

ただ、この集団活動を苦手とするお子さんも実際にいるということは確かなことです。
今回は、そんな集団活動が苦手なお子さんが最も参加の難易度が高い「話し合い活動」についてみていきましょう。

【話し合いのスピードについていくのが難しい】
学校の先生は「班のみんなで話し合って」と指示を出します。そうすると子どもたちは机を班の形にしたり、椅子だけ話し合えるような形にしたりしてから話し合いをはじめます。
自分以外の複数の人が会話を交わし始めると、もうそれだけで話し合いに付いていくのが大変なのです。
「Aさんが○○と言って、それに対してBさんが△△と言って、それでまたCさんが…」
この討論の課程を追って理解しているけれどまた新しい意見が次々と出てくる感じです。定型発達のお子さんはこれを驚くべきスピードで解釈して自分の意見を出すことができますが、発達障害のお子さんの中にはこの処理をするだけで精一杯だというお子さんがいるのです。

【周囲の声も聞こえてしまうために出る弊害】
一斉に話し合い活動を始めると、子どもたちの声が教室中に満タンになってしまいます。定型発達のお子さんでさえ、どれが聞くべき情報で、どれがそうでないかの分別が難しいものです。
私たちの聴覚は情報コントロールができるからこそ、雑踏の中でも大切な情報を聞きわけることができますが、発達障害などのお子さんの場合は、全てが同じくらい大切な音、あるいは全てが同じくらい大切でない音のように聞こえてしまいます。そのため、もともと聴覚を使って情報を得ること自体、困難な場合があるのです。
これを抱えながら話し合い活動に参加するというのは本当に難しいものだと思います。

【声が流れていくだけになってしまう】
音声言語での話し合いはわずかな時間に言葉がたくさん流れていきます。この言葉を一つずつ聞きわけることができたとしても、その意味を想像して自分の意見にするというところに時間がかかってしまう可能性が発達障害などのお子さんたちにはあります。
「話し合い」なので、視覚的支援と言えば話し合いの「結果」だけを文字化します。間の話し合いのための言葉は文字として残しません。


ここに書いたことの他にも「参加しない」と思われてしまう理由はあるでしょう。
この事態を説明できる大人が味方になってくれるとより良い学校生活を送ることができると思います。

次のおススメはこちらです

「初めて」のことが苦手な子どもは不安障害を抱えている?
心の底から楽しめた授業―小学生になるという自信を持つことができました
ありあんちのメルマガで学校や発達障害についてもっと詳しく知ろ

個別療育塾ありあんち

○東京都葛飾区はもちろん、江戸川区や墨田区からもお通いいただけます。
○小学校で特別支援教育の専門家としての長年の実績
○未就学児を対象にした応用行動分析を専門とした療育機関での指導実績
○「できる」から「できそう」をみつけて「できた」につなげる療育塾
○メルマガ登録 http://u0u0.net/sxxs

この記事を書いたプロ

個別療育塾ありあんち [ホームページ]

教師 鈴木あづみ

東京都葛飾区西新小岩4丁目25-11 [地図]
TEL:050-5582-1757

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
事業内容

学校に行けない、教室に入れないお子様のための学習の場が、ありあんちの学習室です。【自学自習スタイル】自分が学びたいと思ったことをここで学習して欲しい。...

ありあんちの動画

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
鈴木あづみ すずきあづみ

知的・発達障害のある小学生の子と親が安心して通える個別療育の実施(1/3)

 「知的障害や発達障害の未就学児が通える個別療育の場はたくさんありますが、小学生になった途端に減ってしまい、そのような方々の助けがしたかった」。「個別療育塾 ありあんち」代表の鈴木あづみさんは、個別療育塾開設の動機についてそのように語ります...

鈴木あづみプロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

小学生の子と親を対象とした数少ない個別療育の実施に強み

会社名 : 個別療育塾ありあんち
住所 : 東京都葛飾区西新小岩4丁目25-11 [地図]
TEL : 050-5582-1757

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

050-5582-1757

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木あづみ(すずきあづみ)

個別療育塾ありあんち

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

通ってから子どもが落ち着きました

ありあんちに通ってか2ヶ月が過ぎた頃、夫に「(子どもが)最...

N
  • 女性 
  • 参考になった数(4

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
小学生になると絶たれてしまう個別療育の深刻さ
イメージ

みなさん、こんにちは。東京都葛飾区で小学生もお通いいただける個別療育塾を開いている鈴木あづみです。今...

[ 就学前に知っておきたいこと ]

ありあんちが敢えて児童発達支援事業所にしていない理由
イメージ

みなさん、こんにちは。東京都葛飾区で知的障害や発達障害のある個別の療育を実施している鈴木あづみです。...

[ ありあんちのお知らせ ]

ありあんちの療育
イメージ

みなさん、こんちには。診断に関係なく、発達に心配があるお子さんが通える個別指導の塾の鈴木あづみです。...

[ ありあんちのお知らせ ]

療育の必要性 チェックリスト
イメージ

みなさん、こんにちは。個別療育塾ありあんちの鈴木あづみです。最近、ホームページをまた少しずつリニュ...

[ 育児・教育・療育 ]

児童生徒からみた障害児の出生率
イメージ

みなさん、こんにちは。東京都葛飾区で個別療育の塾を開いている鈴木あづみです。文部科学省のホームページ...

[ 知的障害・発達障害 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ