コラム

2015-11-06

【家庭療育】親が我が子に療育をする際に注意すべきポイント

ピーマンの家族

みなさん、こんにちは。東京都葛飾区で本人とご家族のニーズに応じた個別療育を提供している鈴木あづみです。

アメリカでは家庭療育と言って、親がお子さんのセラピスト(指導者)になって家庭療育を実施しているそうですが、日本にもその流れが入ってきています。家庭療育をするためには保護者の方もセラピーを学ぶことが大切です。そのため、民間の療育機関では保護者の方にセラピーを教えたり、お子さんへ教えるプログラムを組んだりしているところもあります。
アメリカではもちろん、日本でも家庭療育でお子さんの力を伸ばすことは可能だというデータが出ています。それは素晴らしいことだと私も思います。

しかしながら、あえて家庭療育をしないという選択をする方もいらっしゃいます。療育機関や特別支援教育に任せきり、ということではなく、親子の関係だとセラピー自体が難しくなってしまうと感じている保護者の方もいらっしゃるのです。
それではなぜ難しく感じてしまうのかを見ていきましょう。

母である自分が第三者になってセラピーをする

家庭でのセラピーでは、普段はママの顔でも、セラピーの時はセラピストでなければなりません。特に場面の切り替えが難しいお子さんには特に配慮が必要です。お子さんにとって実生活とセラピー場面が混同してしまう可能性もあります。
親ならではの期待や不安もセラピー中に出すのはNGです。あくまでも第三者の立場での指導を心がけましょう。

十分な時間を確保したセラピー

アメリカのある研究結果では週に30時間を家庭療育に充てると最も効果的だという研究結果が出ているそうです。
ここで、ご自身の今を振りかえってみて週30時間のセラピーを確保する余裕があるかどうか考えてみてください。30時間は難しくても毎日セラピーを実施する時間は確保できるでしょうか。パパもママもお仕事をしているご家庭だと厳しいなと思います。以前、私が療育機関に勤めていた時は、自宅に帰りつくのが19時30分でした。それから夕食を急いで摂って急いで入浴して何とか21時までに子どもを就寝させようと必死でした。過去の私のような生活をしていると、どうしても平日にセラピーの時間を確保すること自体厳しくなtってしまいます。

知らぬ間に子どもに負担がかかっている

家庭療育は早期療育の段階で実践されていることが多いです。保護者があまりにも熱心になってしまい、子どもが心身の成長のために必要な時間を妨げてしまうというケースもあるようです。机上でのセラピーも大切な時間ですが、子どもの自由を確保することも大切です。幼いうちだから育つ感性や感情、愛情など目には見えないものばかりですし教えることも難しいものですが、その部分の成長を重視してほしいと個人的には思います。


家庭療育は保護者の方とお子さんが一緒に学びあう時間としては非常によい機会だと思っています。ただ、お子さん、または保護者自身が家庭療育は自分には向いていないと感じるのであれば無理に進める必要はありません。
迷った時は、お子さんの「今」を見つめなおしましょう。一人では難しいのでしたら私にもお手伝いさせていただけたらと存じます。

次はこちらがおススメ

【ママが療育で疲れを貯めないように】家庭療育にも限界がある
訪問型療育「みっけ」で子どもの「できそう」を発見する
怒ってばかりいるママからの脱出方法

個別療育塾ありあんち

○東京都葛飾区はもちろん、江戸川区や墨田区からもお通いいただけます。
○小学校で特別支援教育の専門家としての長年の実績
○未就学児を対象にした応用行動分析を専門とした療育機関での指導実績
○「できる」から「できそう」をみつけて「できた」につなげる療育塾
○メルマガ登録 http://u0u0.net/sxxs

この記事を書いたプロ

個別療育塾ありあんち [ホームページ]

教師 鈴木あづみ

東京都葛飾区西新小岩4丁目25-11 [地図]
TEL:050-5582-1757

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
事業内容

学校に行けない、教室に入れないお子様のための学習の場が、ありあんちの学習室です。【自学自習スタイル】自分が学びたいと思ったことをここで学習して欲しい。...

ありあんちの動画

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
鈴木あづみ すずきあづみ

知的・発達障害のある小学生の子と親が安心して通える個別療育の実施(1/3)

 「知的障害や発達障害の未就学児が通える個別療育の場はたくさんありますが、小学生になった途端に減ってしまい、そのような方々の助けがしたかった」。「個別療育塾 ありあんち」代表の鈴木あづみさんは、個別療育塾開設の動機についてそのように語ります...

鈴木あづみプロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

小学生の子と親を対象とした数少ない個別療育の実施に強み

会社名 : 個別療育塾ありあんち
住所 : 東京都葛飾区西新小岩4丁目25-11 [地図]
TEL : 050-5582-1757

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

050-5582-1757

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木あづみ(すずきあづみ)

個別療育塾ありあんち

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

子どもの「できる」を必ず見つけてくれるからホッとします

毎回の指導で、子どもが何かしらほんの少しでもできるように...

Y
  • 女性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
小学生になると絶たれてしまう個別療育の深刻さ
イメージ

みなさん、こんにちは。東京都葛飾区で小学生もお通いいただける個別療育塾を開いている鈴木あづみです。今...

[ 就学前に知っておきたいこと ]

ありあんちが敢えて児童発達支援事業所にしていない理由
イメージ

みなさん、こんにちは。東京都葛飾区で知的障害や発達障害のある個別の療育を実施している鈴木あづみです。...

[ ありあんちのお知らせ ]

ありあんちの療育
イメージ

みなさん、こんちには。診断に関係なく、発達に心配があるお子さんが通える個別指導の塾の鈴木あづみです。...

[ ありあんちのお知らせ ]

療育の必要性 チェックリスト
イメージ

みなさん、こんにちは。個別療育塾ありあんちの鈴木あづみです。最近、ホームページをまた少しずつリニュ...

[ 育児・教育・療育 ]

児童生徒からみた障害児の出生率
イメージ

みなさん、こんにちは。東京都葛飾区で個別療育の塾を開いている鈴木あづみです。文部科学省のホームページ...

[ 知的障害・発達障害 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ