コラム

 公開日: 2011-08-15  最終更新日: 2011-08-19

お子様の「よそゆき」感覚

今の時期はどの行楽地も家族連れでいっぱいですね。

ならば比較的すいている都内でのんびりと・・・というご家族もいらっしゃると思います。

とはいえ、出来れば子供も楽しめるところが良いし、同時に大人にとっても貴重なお休みですから
買い物なども楽しみたい、と思う方も多いのではないでしょうか。


私が以前、銀座の某宝飾店に勤めていたころ、もちろんこの時期は普段よりお客様も多く、
地方からのお客様や、もちろん小さなお子様を連れたご家族連れのお客様も
たくさんいらっしゃいました。

ただ、やはり中には走り回ってしまうお子様や、ご案内のテーブルでお菓子を食べ始めてしまう
お子様、じゅうたんに寝転んでしまうお子様なども中にはいらっしゃいました。
他のお客様のご迷惑になる場合もありましたから、さりげなく目を配り、
親御様にご配慮をお願いはするのですが、あまり効果がなかったように記憶しています。

私自身は子供はおりませんので、親御様の立場では(小さな子供はどうしたってはしゃいでしまうもの、
子供のいない人には苦労は分からないわ)と思われるかもしれませんが、
中には同じ年代でも、ちゃんと大人しく座って待っていられるお子様方や、親御様の横に
立って、私達の話を一緒に聞いてくれるお子様もたくさんいらっしゃいました。

私はそのお子様方の違いは何だろう?と思った時に、ふと「よそゆき」という言葉を思い出しました。
そして違いはこの感覚があるかないか(もちろん生まれながらのものではないので
教えられているかいないかですが)なのではないかと思ったのです。

「よそ(余所・他所)」というのは、例えば「よそもの」という言葉からも連想されるように、
違うところ、別のところという意味です。
ですから「よそゆき」というのは、文字通り「普段とは別のところに行くこと」で、比喩的に
「特に改まった言葉使いや態度」という意味があります。

「いつもと違うところに行く」「そこは普段通りにしていい所とはちょっと違う、他人もいる
ところで、ちゃんとしなくてはいけない」という感覚があるお子様は、本当にそれを自覚して
大人しくしているのが私達にも伝わってきます。

何も宝飾店に限ったことではありませんね。美術館、音楽のイベント、レストラン等々・・・
そういう感覚が必要な場所はたくさんあります。その時にこの「よそゆき」感覚が身についているかが
態度の大きな違いになっているのだなと客観的に感じました。


私は小さいころ、親に「今日はお出かけをするわよ」と言われると、何を着ていくか本当に迷いました。
今のように小さなお子様向けのブランドがあったわけでもなく、
普段から高いオシャレなものを着せられていたわけでももちろんありません。
でも、自分が持っている洋服の中のいちばんのお気に入りのもの、
洗濯してちゃんと畳んで大事にしまってあったとっておきの洋服をだしてきて、
レースの付いた白い靴下をはき、普段持たないお気に入りの小さなバックを持ち、
自分なりに「よそゆき」の心構えをしていました。
自分にとっても、仕事を持っている両親と出かけるのは貴重な時間だったので、
ますます「特別感」があったのだと思います。
そして、その感覚を日常生活で教えてくれた両親にとても感謝しています。

単純なことですが、着る服をいつもと変えさせるということも、
ちょっとした「よそゆきモード」のきっかけになるように思います。
男の子も、サッカーの練習帰りのTシャツのままではなく、ポロシャツに着替える、とか
女の子もジーパンではなくスカートをはいて髪飾りをつけてみるとか。そんな小さな「儀式」が
お出かけモードをONにさせてくれるんだと思います。

皆様はどう思われますか?


※14日から18日まで麻布の店舗はお休みを頂きます。
============================================
青山宝飾 / 青山 陽子 
G.I.A.(米国宝石学会)G.G.
JJA(日本ジュエリー協会)JC
ジュエリー・リモデル・カウンセラー
ジュエリーデザイナー

店舗HP http://www.aoyama21.co.jp
代表Mail info@aoyama21.co.jp
東京都港区東麻布2-18-5 TEL 03-3583-2797
営業時間 月~金 10:30~18:30 土10:30~17:00
定休日  日曜・祝日
============================================

この記事を書いたプロ

青山宝飾(東光企業株式会社) [ホームページ]

ジュエリーデザイナー 青山陽子

東京都港区東麻布2-18-5 [地図]
TEL:03-3583-2797

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
オリジナルマリッジリング

オリジナルのマリッジリングを作らせて頂きました。素材はK18ピンクゴールド。幅2ミリほどの華奢なデザインで、表面はランダムなカット面を繋げ、全体にマットな仕上...

 
このプロの紹介記事
ジュエリーリモデルカウンセラー 青山陽子さま

宝石箱の中のジュエリーすべてを「お気に入り」に変身させる(1/3)

 「日本の成人女性は平均するとひとり13.3個のジュエリーを持っているという統計があります。けれどそのすべてを使っている人は、あまり多くないのではないでしょうか。何年も身に着けられず、宝石箱の肥やしになってしまっているジュエリーに思い当たる...

青山陽子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

おひとりおひとりのジュエリーライフをプランニング致します!

会社名 : 青山宝飾(東光企業株式会社)
住所 : 東京都港区東麻布2-18-5 [地図]
TEL : 03-3583-2797

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-3583-2797

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

青山陽子(あおやまようこ)

青山宝飾(東光企業株式会社)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
今話題のハーキマークォーツをご存知ですか?
イメージ

ハーキマークォーツってご存知ですか?最近人気のある「ハーキマークォーツ」って聞いたことがありますか?...

[ 宝石にまつわるお話 ]

ジュエリーは華やかに、気持ちは前向きに!
イメージ

先日、ジュエリーのリモデル(リフォーム)をして出来上がったリングをお受け取りに、お客様がご来店になられた時...

[ ジュエリーリモデル(ジュエリーリフォーム) ]

全く異なるパールリングに作り替えた事例
イメージ

こんにちは。ジュエリーライフプランナーの青山陽子です。私の仕事は、身に着ける人が心地よく、またパワーの...

[ ジュエリーリモデル(ジュエリーリフォーム) ]

リングからペンダントに・・・(石を活かして作り替えた事例)
イメージ

こんにちは。引き続き、複数お預りしましたお指輪からのリモデル事例をご紹介します。今までご紹介した3点は...

[ ジュエリーリモデル(ジュエリーリフォーム) ]

リングからペンダントへのシンプルなリモデル事例(その2)
イメージ

こんにちは。店主の青山です。一昨日からののコラムの続きです。(昨日のコラムはこちらからご覧ください。h...

[ ジュエリーリモデル(ジュエリーリフォーム) ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ