コラム

2011-07-29

メンズジュエリー、流行の背景と歴史

ビーズを身につけたケニアの男性(Wikipediaより)
昨日のコラム「メンズジュエリー、好きですか?」の中で、ここ20年程の間で、
男性がジュエリー(アクセサリーも含めて)を着けることに抵抗がなくなり、年齢、職業を問わず、
自由にジュエリーを楽しんでいる現状をお話しました。
ただ(個人的な意見としてですが)、ジュエリーを着けない方がその人をより魅力的に見せるのに、
・・・と思うことも少なくないというお話もさせて頂きました。
(昨日のコラム http://mbp-tokyo.com/aoyama21/column/8177/

メンズジュエリーの流行には、もちろん売る側の意図も少なくないと思いますが、
それ以外にも理由はいくつかあるように思います。

【理由その1:もともと男性の方がアクセサリー好き】
そもそも、純粋に「身を飾る」という意味においては、男性の方がその意識が強いのではないでしょうか。
女性がジュエリーを着けるのは、お守り的な意味があったり、好きな人を思う気持ちであったり、
自分の満足のためであったりして、あまり異性の目をひくためではないような気がします。
もちろん自分を魅力的に見せたいとは思っても、モテたいから着けるという人はあまりいませんよね。
男性は、お守り的につける人ももちろんいると思いますが、多くは異性の気をひきたい気持ちも
ベースにあるように思うのです。でもこれはある意味当然のことで、動物でも、鳥でも、
雄の方が派手ですし、カラフルです。そして、それは多くの場合、雌への求愛のためです。
人はそのままでは男性の方が地味ですよね。だから、本能的にもっと身を飾りたいと
ずっと思っていたのかも知れません。

【理由その2:男性の外見の変化】
最近の男性は年齢を問わず外見にとても気を使っているのがよくわかります。
髪型だって、短髪ありパーマあり長髪ありと多様化してきましたし、眉も整え、
肌もきれいだし、洋服もとてもおしゃれです。
「男は中身で勝負、外見なんて関係ないよ」なんて言っている男性はむしろ時代遅れで、
内面も大切だけれど、外見にもちゃんと気を使う人が多くなりました。
これは、とても女性的な考えです。女性はずっと前から、あらゆる努力をしてきたのですから。
きれいな男性(ここでいう“きれい”は、あくまでこざっぱりとした清潔感のあるという意味です)が
増えてくると、当然アクセサリーを上手く取り入れる人も多くなる。
そして、そんな人を見て男性も女性も好感を持ちあこがれる。
私達から見てもあまり違和感を持たなくなってきたのは当然かも知れません。

【理由その3:男性が弱くなった?】
草食系男子という言葉が流行していますが、最近の男性はなんとなく弱くなった気がします。
街中のカップルを見ても、女性が主導権を握っていて、男性が振り回されている場面を多く見かけます。
では、内面はともかく、自分の男らしさをアピールする方法があるでしょうか?
そこで出てきたのが、インディアン・アクセサリー的な考えです。
相手を威嚇するためにアクセサリーを身につける。だから、時にはそれがスカル(ドクロ)の
デザインだったり、剣のデザインであったり、自分は強いぞと相手に思わせるために
アクセサリーが必要というわけです。たくさんピアスを着けるのも、そんな意味が
あるのかも知れません。
飾らなくても男らしい男性が減ってきたのと反比例して、アクセサリーを身につける男性がどんどん
増えてきている気がするのですが(男性の皆様、間違っていたらごめんなさい)。


古来、ジュエリーはさまざまな理由で用いられてきました。
例えば
●富の誇示、及び保管  通貨(取引の材料)
●実用(留め金、ピン、ベルト留めなど)
●象徴(地位やグループへの所属を示す)
●護符や信仰の証し(魔除けや魔方陣の形で)
●芸術性の表現
などです。

歴史を紐解くと、そもそも着け始めは男性であったはずですよね。
つまり、昨今のメンズジュエリーの流行は急に始まったことではなく、
その歴史的な役割のベースがあるということになります。

そう考えると・・・私自身もあまり偏見を持たずに、メンズジュエリーを好意的に
見る必要があるかも知れませんね(ちょっと反省しています)。

上手く身につける男性が増えてくれば、女性も刺激を受けて市場が活性化するでしょうし、
そうなれば、男性、女性関係なく、ジュエリーの担う役割が多様化し、
もっと楽しめる時代が来るかも知れませんね。

============================================
青山宝飾 / 青山 陽子 
G.I.A.(米国宝石学会)G.G.
JJA(日本ジュエリー協会)JC
ジュエリー・リモデル・カウンセラー
ジュエリーデザイナー

店舗HP http://www.aoyama21.co.jp
代表Mail info@aoyama21.co.jp
東京都港区東麻布2-18-5 TEL 03-3583-2797
営業時間 月~金 10:30~18:30 土10:30~17:00
定休日  日曜・祝日
============================================

この記事を書いたプロ

青山宝飾(東光企業株式会社) [ホームページ]

ジュエリーデザイナー 青山陽子

東京都港区東麻布2-18-5 [地図]
TEL:03-3583-2797

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
オリジナルマリッジリング

オリジナルのマリッジリングを作らせて頂きました。素材はK18ピンクゴールド。幅2ミリほどの華奢なデザインで、表面はランダムなカット面を繋げ、全体にマットな仕上...

 
このプロの紹介記事
ジュエリーリモデルカウンセラー 青山陽子さま

宝石箱の中のジュエリーすべてを「お気に入り」に変身させる(1/3)

 「日本の成人女性は平均するとひとり13.3個のジュエリーを持っているという統計があります。けれどそのすべてを使っている人は、あまり多くないのではないでしょうか。何年も身に着けられず、宝石箱の肥やしになってしまっているジュエリーに思い当たる...

青山陽子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

おひとりおひとりのジュエリーライフをプランニング致します!

会社名 : 青山宝飾(東光企業株式会社)
住所 : 東京都港区東麻布2-18-5 [地図]
TEL : 03-3583-2797

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-3583-2797

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

青山陽子(あおやまようこ)

青山宝飾(東光企業株式会社)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
今話題のハーキマークォーツをご存知ですか?
イメージ

ハーキマークォーツってご存知ですか?最近人気のある「ハーキマークォーツ」って聞いたことがありますか?...

[ 宝石にまつわるお話 ]

ジュエリーは華やかに、気持ちは前向きに!
イメージ

先日、ジュエリーのリモデル(リフォーム)をして出来上がったリングをお受け取りに、お客様がご来店になられた時...

[ ジュエリーリモデル(ジュエリーリフォーム) ]

全く異なるパールリングに作り替えた事例
イメージ

こんにちは。ジュエリーライフプランナーの青山陽子です。私の仕事は、身に着ける人が心地よく、またパワーの...

[ ジュエリーリモデル(ジュエリーリフォーム) ]

リングからペンダントに・・・(石を活かして作り替えた事例)
イメージ

こんにちは。引き続き、複数お預りしましたお指輪からのリモデル事例をご紹介します。今までご紹介した3点は...

[ ジュエリーリモデル(ジュエリーリフォーム) ]

リングからペンダントへのシンプルなリモデル事例(その2)
イメージ

こんにちは。店主の青山です。一昨日からののコラムの続きです。(昨日のコラムはこちらからご覧ください。h...

[ ジュエリーリモデル(ジュエリーリフォーム) ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ