コラム

 公開日: 2015-12-25 

再建築不可物件の不動産の特徴は?

再建築不可物件は、現存する建物が無くなってしまえば、新しい家を建てることができません。そのため自然災害などによって被るリスクは高いものの、安価に手に入れることができるため、セカンドライフや収益物件としての活用に向いています。
そして再建築不可という特徴はあるものの、住宅自体に手を施せないとうわけではありません。接道義務違反の部分を改善し再建築可能にする、またはリフォームによって改修を施すなど、不動産としての資産価値を高める手段は残されています。

そもそも再建築不可物件とはどのような不動産を指すのか?

再建築不可物件とは、一言でいうならば「新しい住宅を建てることができない土地」のことです。どのような理由にせよ、現存する建物が無くなってしまった場合、再建築をすることはできないのです。

では、どうして再建築ができないのでしょうか?最も多いのは、建築基準法に定められている「建築物の敷地は道路に2m以上接していなければならない」という条件を満たしていない場合です。

そのため建築基準法が設けられる以前に、建てられた住宅においては、「道路に面していても間口が2m未満」「道路として認められない道に接している」場合には、いったん現在の住宅を取り壊してしまえば、再建築が認められないというのが現状です。

不動産として活用できる余地はあるのか?その特徴とは?

再建築が不可能だというだけで、不動産として活用ができなくなるわけではありません。一般的な不動産と比較をすれば、安価に手に入るため、新婚や定年後のご夫婦のセカンドライフの場としての活用も見られます。

また安価に手に入る点から、賃貸物件としては高い利回りが見込めます。近隣相場よりも家賃設定を安く設定することで、差別化を図ることができ、高い入居率が期待できるメリットもあります。そのため現状の建物が、どのくらいの利回りで、この先どれだけの期間、どれほどの収益をもたらしてくれるのか?を考えた時に、十分な勝算が見込めるのであれば、検討する余地が出てきます。
ただし万が一、火災や地震などの理由で、住宅が焼失や倒壊をしてしまった場合でも、新しい家を建てることができません。そのためメリットがある反面で、大きなリスクを抱えることにもなります。

また、購入者側からすると、住宅ローンが適用されないケースが多いため、売主としても買い手がつきにくいという面も考慮しなければいけません。

再建築不可物件の不動産としての価値を高める方法とは?

「再建築不可」だからと言って、改修や修繕が施せないわけではありません。物件によって事情が異なるため、対応策は変わってくるものの、一般的には2つの方法で、不動産としての価値を高めることができます。

まず1つ目は、再建築可能な物件にするという方法です。接道義務を満たしていない場合には、近隣との状況を加味し、計画や交渉を行うことで、再建築可能な物件へ蘇らせることもできます。
そして2つ目は、リフォームをするという方法です。何もわざわざ新築にしなくても、価値がないというわけではありません。耐震補強やリフォームによって、十分市場価値が見出せるケースもあります。

リフォームなどにより、住環境を整えれば自分たちの住まいとしてだけでなく、賃貸物件として家賃収入を得るなど、不動産投資物件として活用することもできます。
再建築不可物件は、近隣の通常の物件に比べて安い価格で購入できるので、比較的、高い利回りを期待できるのも大きなポイントです。

この記事を書いたプロ

青沼建築工房有限会社 一級建築士事務所 [ホームページ]

一級建築士 青沼理

東京都多摩市永山3丁目 [地図]
TEL:042-401-5775

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
ビジネス向けサポート

調整中

個人向けサポート

調整中

 
このプロの紹介記事
青沼 理

建物は住む人の作品です 良きパートナーとして、作品作りのお手伝いをしていきます(1/3)

 マイホームを建てる時、みなさんは建築設計という分野にどれほどの関心が向くでしょうか?――。「設計の役割は、建物の価値の大半が決まってしまうほど、大切なんです。残念ながら、この重要性が一般にはあまり理解されていないようですね」と青沼さん。「...

青沼理プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

会社名 : 青沼建築工房有限会社 一級建築士事務所
住所 : 東京都多摩市永山3丁目 [地図]
TEL : 042-401-5775

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

042-401-5775

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

青沼理(あおぬまおさむ)

青沼建築工房有限会社 一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
緊急!設計サポーター募集です!

緊急!設計サポーター募集です!建築士とか資格無くても全然OK てか、これから建築やりたい...

[ ニュース ]

大地震時の挙動が分かる無料ソフト

木造建築を3次元モデリングしそれに振動台実験のように地震動を与えて損傷状態や倒壊過程を色と動画で表すソ...

[ 建築メモ ]

北側の景色がGood!
イメージ

綾瀬市 I邸 新築工事 本格始動!北側の景色がバツグン!これを生かさないテはないな(^^)vしかし、電線が邪...

[ 建築現場から ]

認定工法にご注意!

横浜市 M邸 改修工事計画昭和50年築の某ハウスメーカー木質パネル認定工法のお宅にエレベーターを付けたいとの...

[ 建築メモ ]

実際にあった恐ろしい話し…

ある日、事務所に電話が…「収納に棚を作ってもらえますか?」「もちろん!」「お安いご用でっせ!」と詳し...

[ あぉブログ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ