コラム

2011-11-18

土壁の断熱性能

土壁の熱伝導率:0.62~0.69 (W/m・k)

グラスウール10Kの熱伝導率:0.05 (W/m・k)

データを比較すると、断熱性能は10倍以下 という値

世界先進国的には、不十分なレベルだが、
現在の日本での断熱基準となる次世代省エネ基準『等級4』で
東京(IV地域)での値は、

グラスウール10K、100mm(10cm)

これと同等の断熱効果を土壁でとるとすると

(土壁熱伝導率)0.69÷(グラスウール)0.05×100mm=1380mm

なんと、1.38mもの壁が必要となることに!


断熱性能だけで見ると、残念ながら土壁は断熱材とはいえない。

なのに、なぜ土壁の家は 「夏涼しく、冬暖かい」 といわれるか

それは

土壁は熱容量が大きいから、と言うことになる。

土の熱容量は、グラスウールの約80倍。

熱容量とは、
たとえば、就寝前に暖房を切ってから、明け方までどのくらい室温が下がるか、というときに
土壁の蓄熱性が大きな効果を発揮して、室温の変化が少なくすむ効果がある。


しかし、いずれも 『しっかり施工して、本来の性能を発揮する』 ということを忘れてはならない。



※ 熱伝導率とは物質内の熱移動のおこりやすさを表す係数。
(熱伝導率が低い=熱が伝わりにくい  ⇒ 断熱性能が高い。)



この記事を書いたプロ

青沼建築工房有限会社 一級建築士事務所 [ホームページ]

一級建築士 青沼理

東京都多摩市永山3丁目 [地図]
TEL:042-401-5775

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
ビジネス向けサポート

調整中

個人向けサポート

調整中

 
このプロの紹介記事
青沼 理

建物は住む人の作品です 良きパートナーとして、作品作りのお手伝いをしていきます(1/3)

 マイホームを建てる時、みなさんは建築設計という分野にどれほどの関心が向くでしょうか?――。「設計の役割は、建物の価値の大半が決まってしまうほど、大切なんです。残念ながら、この重要性が一般にはあまり理解されていないようですね」と青沼さん。「...

青沼理プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

会社名 : 青沼建築工房有限会社 一級建築士事務所
住所 : 東京都多摩市永山3丁目 [地図]
TEL : 042-401-5775

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

042-401-5775

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

青沼理(あおぬまおさむ)

青沼建築工房有限会社 一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
大地震時の挙動が分かる無料ソフト

木造建築を3次元モデリングしそれに振動台実験のように地震動を与えて損傷状態や倒壊過程を色と動画で表すソ...

[ 建築メモ ]

北側の景色がGood!
イメージ

綾瀬市 I邸 新築工事 本格始動!北側の景色がバツグン!これを生かさないテはないな(^^)vしかし、電線が邪...

[ 建築現場から ]

認定工法にご注意!

横浜市 M邸 改修工事計画昭和50年築の某ハウスメーカー木質パネル認定工法のお宅にエレベーターを付けたいとの...

[ 建築メモ ]

実際にあった恐ろしい話し…

ある日、事務所に電話が…「収納に棚を作ってもらえますか?」「もちろん!」「お安いご用でっせ!」と詳し...

[ あぉブログ ]

地震に負けない家をつくる!

まずは、地面のお話し。どんなにいい家を作ったって敷地が不同沈下したり、液状化したりでは勝目は無い。で、...

[ 地震に負けない家を造る秘訣! ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ