コラム

2016-08-24

【雨漏り診断士の視点】外れかかったベンドキャップ

2016年8月24日

先週、今週と立て続けに台風が過ぎ去ったためか、ここのところ雨漏りのお問い合わせが急増しています。

そんな中、現場確認してきた現場で明らかに原因のひとつであろう箇所が発見されました。


ベンドキャップ

ベンドキャップが外れかかっています。これが外れかかっているとそこに接続されているダクトや貫通している穴に雨水がかかってしまいます。その雨水が室内に浸入して雨漏りとなって浸出する可能性が大きいです。

こちらの場合、ここにたどり着くには他の方の敷地に入らないとアクセスできない場所にこのべんどきゃっぷがあります。

東京の住宅事情特有だと思いますが、ご自宅の敷地内を簡単にまわることができない場合、こういった、いかにも雨漏りの原因となりうるであろう という状態でもお客様は気づかないことが多々あります。

複数浸入雨漏りの可能性が捨てきれない現段階において、今回はこの部分をシーリングで補修して雨漏りの状況を経過観察していただくことになりました。

この記事を書いたプロ

有限会社サンカラー [ホームページ]

職人 倉方康幸

東京都大田区千鳥1-13-12 [地図]
TEL:0120-56-1618

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
排水口の詰まりにご注意ください
屋上がプール

8月後半から台風が来襲していますね。また秋の長雨のシーズンにも入ってきました。そんな時に見逃してしまうと大量の雨漏りにつながってしまう、バルコニーやベラン...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
有限会社サンカラーの倉方康さん

大田区で雨漏りを確実に止める技術と、手間を惜しまない丁寧な仕事が評判の施工店 (1/3)

大田区千鳥町の駅からほど近い場所に親子で営む施工店、有限会社サンカラーがあります。代表取締役の倉方康幸さんは生まれも育ちも大田区千鳥町。お客さんも地元の人が多いそうで、まさに地域密着型の施工店として塗装業を営んでいます。有限会社サンカラ...

倉方康幸プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

建物の構造を理解しているから出来る確実な雨漏り修理と熟練の技

会社名 : 有限会社サンカラー
住所 : 東京都大田区千鳥1-13-12 [地図]
TEL : 0120-56-1618

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-56-1618

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

倉方康幸(くらかたやすゆき)

有限会社サンカラー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

気遣いが有難かったです

屋根・外壁・外溝塗装・ベランダ防水と、お世話になり、あり...

M様
  • 男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
【雨漏り診断士の視点】木造住宅の雨漏り現場調査
イメージ

9月は雨の日が多く、雨漏りのお問い合わせも毎日のようにいただいています。そんななか、雨漏りの現場調査に行っ...

[ 雨漏り診断士の視点 ]

【塗装工事】台風16号来襲!
イメージ

台風16号が近づいています。今年は8月のお盆明けから毎週1コ台風の来襲があり、やっと落ち着いたかな?と思った...

[ 塗装工事 ]

【雨漏り診断士の視点】板金防水のドレンと外壁の取り合い
イメージ

今日も雨漏りの現場調査です。ルーフバルコニーです。板金防水が施工されています。赤い矢印の方向に...

[ 雨漏り診断士の視点 ]

【いい仕事をするには】正確な面積が必要
イメージ

塗装工事における御見積作成において大事なのは正確な面積を積算することです。よく、飛び込み営業の人が...

[ 塗装工事 ]

【雨漏り診断士の視点】雨漏りと漏水
イメージ

雨漏りと漏水建物の内部を濡らしてしまうという点では一緒ですね。1年以上前に雨漏りを修理したお客様から『...

[ 雨漏り診断士の視点 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ