コラム

 公開日: 2016-08-22 

【雨漏り診断士の視点】雨水が集中すると

2016年8月22日

台風9号が関東地方を直撃しています。今は中心が抜けて台風本体、後ろ側の雨雲がかかっていて雨風とも強くなっています。災害にならないことを願います。


樋の破損

ちょっとわかりにくいですが、軒樋が壊れて霧よけの一部に集中しています。

樋がしっかりして屋根の水をさばいてくれている部分は大きなひび割れなどはありません。

この写真でもわかるように雨水が集中してしまうところはいくら板金の霧よけがあっても水がさばききれません。そしてこの板金の下は木下地があり、その上にモルタル+外壁塗装しています。雨水の集中によってモルタルからしみこんだ雨水や、霧よけ板金下の水切りなどからまわり込んだ雨水が下地の木を傷め、最初は小さなひび割れから大きなひび割れへと発展したと思われます。たぶんですが、ここの木下地は相当痛んでいると思われます。

『建物をなるべく濡らさない』

という考えが建物を長持ちさせる、雨漏りさせない重要な要素です。

この記事を書いたプロ

有限会社サンカラー [ホームページ]

職人 倉方康幸

東京都大田区千鳥1-13-12 [地図]
TEL:0120-56-1618

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
排水口の詰まりにご注意ください
屋上がプール

8月後半から台風が来襲していますね。また秋の長雨のシーズンにも入ってきました。そんな時に見逃してしまうと大量の雨漏りにつながってしまう、バルコニーやベラン...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
有限会社サンカラーの倉方康さん

大田区で雨漏りを確実に止める技術と、手間を惜しまない丁寧な仕事が評判の施工店 (1/3)

大田区千鳥町の駅からほど近い場所に親子で営む施工店、有限会社サンカラーがあります。代表取締役の倉方康幸さんは生まれも育ちも大田区千鳥町。お客さんも地元の人が多いそうで、まさに地域密着型の施工店として塗装業を営んでいます。有限会社サンカラ...

倉方康幸プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

建物の構造を理解しているから出来る確実な雨漏り修理と熟練の技

会社名 : 有限会社サンカラー
住所 : 東京都大田区千鳥1-13-12 [地図]
TEL : 0120-56-1618

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-56-1618

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

倉方康幸(くらかたやすゆき)

有限会社サンカラー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

仕事への誠実な姿勢が伝わってきます

分からない事は細かい事でも丁寧に説明して頂きました。 お仕...

T様
  • 男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
【雨漏り修理】外壁モルタルの補修
イメージ

今取り組んでいる木造住宅2階建ての雨漏り修理現場からです。雨漏りを修理するため、また雨漏りによって痛んで...

[ 雨漏り診断士の視点 ]

【雨漏り現場調査】難しい納り

オフィシャルHPのブログを更新しました→【雨漏り現場調査】難しい納り***************...

[ 雨漏り ]

【防水工事】手摺りの中にも

オフィシャルHPのブログを更新しました【防水工事】手摺りの中にも****************...

[ 防水工事 ]

【雨漏り修理】下屋根と壁の取り合い 解体編

オフィシャルHPのブログを更新しました→【雨漏り修理】下屋根と壁の取り合い 解体編*********...

[ 雨漏り ]

【雨漏り現場調査】もしや内樋

オフィシャルHPのブログを更新しました→【雨漏り現場調査】もしや内樋***************...

[ 雨漏り ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ