>   >   >   >   >   >  寝具のメンテナンス

荒井信彦

あらいのぶひこ

Al-jabr(アル・ジャブル)

[ 目黒区 ]

コラム一覧 :寝具のメンテナンス

1件~15件(20件)

過去の15件

【布団掃除機レイコップがダニに効果がない】WEB炎上記事について

イメージ

ネットで【布団掃除機レイコップのUVランプ(紫外線)はただの気分で、ダニに効果がないことが判明】についての検証記事が炎上しています。ボクは学生時代に生物部でダニを研究していたので、発売当初からセミナーなどで質問があるとオレなりの意見をお話していました。まずUVがなぜ必要なのか... 続きを読む

寝具のメンテナンス

2015-07-20

気になる布団・枕の臭い。老人臭(70歳代〜)の対策

イメージ

30-40歳代がオヤジ臭、50-60歳代が加齢臭、さらに歳を重ねると「老人臭」となります。老人臭は、加齢臭がさらに進んだ状態でもあるようですが、代謝の低下により体内のアンモニアが分解されないために臭気となるアンモニア臭や、加齢による口臭、腸内の善玉菌の減少・悪玉菌の増加によるイ... 続きを読む

寝具のメンテナンス

2015-07-14

気になる布団・枕の臭い。オヤジ臭(30-40歳代)の対策

イメージ

30〜40歳代の男性の気になる臭いの原因物質の主成分「ジアセチル」や「ペラルゴン酸」・・・加齢臭の主成分「ノネナール」や「パルミトレイン酸」とは異なる物質ですから加齢臭とは対策もことなります。ジアセチルは、汗に含まれる乳酸がブドウ球菌により分解分解される時に発生し臭いが... 続きを読む

寝具のメンテナンス

2015-07-13

気になる布団・枕の臭い。加齢臭(50-60歳代)の対策(2:洗濯方法)

イメージ

寝具は清潔が一番重要・・・これをテーマにするとダニや花粉などが注目されがちですが、”臭い"は雑菌の繁殖の警告でもあるので、気になったら早めに対処しないといけない問題です。衣服や寝具などからチーズや古本、ろうそくのような臭いがしたら「加齢臭」と考えて間違いないです。... 続きを読む

寝具のメンテナンス

2015-07-07

気になる布団・枕の臭い。加齢臭(50-60歳代)の対策(1:原因と予防)

イメージ

寝具やマクラの臭いのは、年齢問わず気になるものです。汗や皮脂からの脂質によって独特の異臭となるので自分では気にならなくとも家族や周囲の人にはたまらなく不快ですね。特に枕は、化粧品や整髪料も混ざり合って嫌〜な臭いになり、夫婦喧嘩の元になることもしばしばあるようです。... 続きを読む

寝具のメンテナンス

2015-07-06

羽毛布団のおすすめの収納方法

イメージ

季節変わりの布団の収納は、素材毎に収納方法もことなることを前コラムでお伝えしました。共通するのは、どんな素材でも収納時の通気に充分に注意が必要という事もお伝えしました。暖かくなって寝具の衣替えとなると、一番に掛布団でしょう。掛布団の素材の中では、羽毛布団が最もデリ... 続きを読む

寝具のメンテナンス

2015-05-25

布団の収納方法は通気性に注意する

イメージ

朝晩はまだ肌寒いですが、就寝時は蒸し暑さを感じるくらいの季節になりました。そろそろ寝具も衣替えの時期になります。寝具・・・とりわけ布団は、夏場に収納する間に最も傷みます。収納を適切に行う事で布団の機能も寿命も延びるという事です。布団の収納は、布団の中素材とそのくらい... 続きを読む

寝具のメンテナンス

2015-05-20

ベッドリネンは布を着倒そう

イメージ

昔から日本には「着倒す」という言葉があります。古くなった着物を解いて布団の生地にしたり、使い古しのタオルを雑巾にしたり・・・素材を大事に、寿命が終わるまで徹底的に使い込もうという精神文化ですね。布団も昔は綿わた布団でしたから、数年毎に打直しあるいは引き直しをして仕立て直... 続きを読む

寝具のメンテナンス

2015-03-11

枕のメンテナンス・・・2年目のウール素材枕をメンテしました

イメージ

ボクのコンサルティングのマクラは2年間のサポート期間を設けています。このマクラは、球状になったウール100%の素材で、丁度お使いいただいて2年を迎えようとする前にメンテナンスにお持ちいただいたもの。何もしなければ、マクラは2年を目処に買い替えるのが衛生面でもいいですね。... 続きを読む

寝具のメンテナンス

2015-02-16

羽毛布団の寿命を使い切る扱い方

イメージ

羽毛布団の中材の羽毛にも寿命があります。一生ものではありません。7〜10年間隔で布団から羽毛を出して、洗って殺菌乾燥して新しい側生地に吹き込み直す・・・こうしたリフォームをして使えば30年はその機能は変わりません。よく羽毛は刈り取ってしまったら機能も死んでしまうので... 続きを読む

寝具のメンテナンス

2014-09-25

11年前に嫁いでいった羽毛布団をリフォームしました

イメージ

1993年…11年前にお客様もところへ送り出した羽毛布団がメンテナンスのリフォームで帰ってきました^^寝具のメンテナンスは、長くご愛用いただいたもののお手入れをさせていただくだけでなく、その年月使ったらどんな風になるのかを実際に拝見させていただけるとても貴重な機会です。ボクがメン... 続きを読む

寝具のメンテナンス

2014-09-10

生地の色変化の洗濯での水道水が原因

イメージ

洗濯条件と洗濯物...布地の関係はだんだん悪くなってきています。生地の痛みから考えると、ドラム式の洗濯機が普及し、水量が少ない節水モードが最も傷むでしょうね。生地を濡らして、ドラムの回転で上に持ち上げ、たたき落として洗うやり方ですので、川で服を濡らして岩に叩き付けて洗うの... 続きを読む

寝具のメンテナンス

2014-08-22

羽根クッションの臭いはフェザーの洗浄の不徹底と湿気が原因

イメージ

この時期、羽根(フェザー)を使ったクッションやピローの臭いについてのご相談が増えます。それも比較的新しい…というか、買ったばかりものもあります。“臭い”は、温度と湿気が高いと強くなります。臭いの分子は、湿気に乗って移動しますので、梅雨から夏に掛けては特に気になる臭いは強く... 続きを読む

寝具のメンテナンス

2014-07-24

室内の匂いはカーテンの洗濯で解決

イメージ

寝環境で、寝心地の悪さは決定的なストレスですが、普段は意識にない程度の不快な生活音や匂いのストレスは深層心理の部分でしっかり根付いちゃいますよね。とりわけ「匂い」はストレスになります。なんとなく、最近部屋の空気が悪い様な気がする・・・とか、部屋に入るとなんか埃っぽ... 続きを読む

寝具のメンテナンス

2014-06-17

敷きっぱなしの寝具・マットがカビる前に

イメージ

フローリングの床に直接マットを置いて使う場合、どうしても湿気がマットと床の間にこもりがちになります。そうなると、当然カビの発生が懸念されますね。カビは一度生えたら、殺す事はできても、生えているのと同じ様態で色が残って、側生地を洗ってもカビの跡はなかなか落とせません。白カ... 続きを読む

寝具のメンテナンス

2014-06-15

1件~15件(20件)

過去の15件

RSS
事業者向け活動
NB事例

ボクのノウハウが様々な会社の多くの寝具や快眠グッズに生かされ、多種のブランドで市場に出回る事がボクのミッションである「一人でも多くの人に提供できること・・・...

個人向け活動
睡眠改善コンサルティング

「まずは”無料相談”でお会いしましょう!」今の睡眠は快適ですか?朝はスッキリ目覚めていますか?もし、そうでなかったらをどうしたいですか?睡眠・睡眠環境・...

 
このプロの紹介記事
Al-jabrの荒井信彦さん

「気持ちの良い朝を迎えるために」。快適な眠りをサポートする快眠探求家(1/3)

 「眠り」に関する言葉や病名が脚光を浴び、残りの人生を充実したものにさせるためにも、睡眠の質を高めようとする人が増えています。「Al-jabr(アル・ジャブル)」の荒井信彦さんは、快眠探究家として独自の調査や研究のもと、睡眠に悩みを抱える人...

荒井信彦プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

「快眠」のための悩みや問題を解決する総合力

会社名 : Al-jabr(アル・ジャブル)
住所 : 東京都目黒区八雲2-6-12-402 [地図]
TEL : 03-6761-8451

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6761-8451

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

荒井信彦(あらいのぶひこ)

Al-jabr(アル・ジャブル)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
睡眠環境のノウハウは家の設計段階から導入を
イメージ

家を新築あるいはリフォームして改めて睡眠を見直すという方、そして寝具を替え買える方は非常に多いです。新築や...

[ 寝室・睡眠環境 ]

ダニが大量にアレルゲンになるのは9月中旬から
イメージ

ダニが大量にアレルゲンになるのは9月中旬からダニは8・9月に産卵し、産卵後にすぐ死ぬので9・10月はも...

[ 寝室・睡眠環境 ]

睡眠のためのBGMの活用
イメージ

 快眠に必要な音には2種類ある 快眠のために音を活用していくには「環境音(自然音)」と「環境音楽(好きな...

[ 寝室・睡眠環境 ]

睡眠のための室内の「音」について
イメージ

快眠を得るためには「身体」「メンタル」「睡眠リズム」「睡眠環境」「寝具」が総合的に整わないといけません。...

[ 寝室・睡眠環境 ]

【セミナー告知(新宿)】今夜から出来る睡眠力アップのヒント「音と体温調整」
イメージ

8月21日(日)に新宿リビングデザインセンターOZONEにて快眠の久々にお話しします。セミナーでは快眠環境づくり...

[ その他 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ