荒井信彦

あらいのぶひこ

Al-jabr(アル・ジャブル)

[ 目黒区 ]

コラム

 公開日: 2016-11-25 

スマホより睡眠に悪影響が考えられる室内照明はこれ!

そもそも夜が明るすぎるのが問題

睡眠に良くないという「光」について実際に検証してみました。兼ねてよりLED照明によるブルーライトの排除は今の生活では不可能に近いとボクは考えています。実感から言うと光によるストレスはブルーライトより照度・・・つまり明るさにあるとボクは感じています。

400ルックスが眠気を起こすボーダーライン

睡眠は「体内時計(生体時計)」と「睡眠欲」の2つによって起こる動物として必要かつ重要な生理現象です。特に体内時計は各臓器やいろんな体の部位に別々にあるようですが、そのすべてをコントロールするマザーボード的な役割を持っているのが”視交叉上核”というと頭の中心にある部分。頭の中心ということは外部からの影響を受けないから、ヒトの身体の作りというのは非常に上手く合理的にできているんですね〜。
この視交叉上核は眼球の後ろに位置するので、唯一刺激をあたえるのは眼から入る「光」ということになります。
朝、光を充分に浴びることで身体が覚醒モードに切り替わり覚醒ホルモン「セラトニン」が分泌され、その約17時間後に眠気を起こすホルモン「メラトニン」が合成され分泌されるというのが睡眠のメカニズムです。

メラトニンは400ルックス以上の光を浴びると分泌がされにくくなるということで、できるだけ暗めの部屋で過ごすのがいいとされています。また光に必ず含まれるブルーライトは脳の覚醒を促すので、眠る前のブルーライトは良くないということです。
しかし、今の世の中はLED化が進んでいますし、ほとんどモニタは液晶画面に変わっているのでブルーライトの影響は避けられません・・・ですからブルーライトNGは理想論でリアリティーはないと思うところです。

室内での光のストレスは「明るさ」つまり照度にあるとボクは考えています。できるだけ必要最小限の照明にして就寝時間まで過ごすことがもっともリアルな眠るまでの癒やす環境づくりだと思っています。

食器洗いと夜のデスクワークがヤバい

実際にスマホやパソコンを図ってみると400ルックス以上にはなっていません。しかしLEDデスクスタンド(白色系)はコンビニの明るさの1/2でかなり高いです。睡眠に悪いと言われるスマホやパソコンよりデスクスタンドの方が全然ヤバいということですね。数字は以下の通りだ。
●スマホ(白い画面にして)・・・80〜90ルックス
●パソコン画面(白い画面にして)・・・220〜280ルックス
●LEDデスクスタンド(白色系)・・・1100〜1200ルックス
*距離10〜20cmで極端に計測してみた結果。



天井の触接照明もLEDの暖色系(昼白色系)はそれほど照度は高くならないようです。玄関もトイレもバスルームも思ったより高くはないですね。予想以上に高いのはキッチンシンクの照度でした。多くは15ワット程度の蛍光灯ですが照度は室内照明では最も強いです。夕食がすんで夜の洗い物はもっとも光のストレスを受けているということですね。そして同時にメラトニンの分泌も抑制されるということ・・・これはなんか工夫しないといけないですね。

某宅の睡眠環境コンサルティングでの照度計測では数字は以下の通り。
LDの天井のLED照明(暖色系)・・・ルックスで照度は問題なしのようだ。
●流し台(20W蛍光灯で165cmの高さ)・・・850〜1300ルックス
●玄関・・・90ルックス
●トイレ・・・70〜85ルックス
●バス・・・130〜160ルックス
*居住環境での照度は器具や照明おワット数、部屋の広さや高さ、お住いの方の身長、部屋着の色や壁の色などによって異なる。


いろいろ計測してみると、メラトニンの分泌を阻害する照度は「キッチンのシンク」と「デスクスタンド」ということになります。
スマホやパソコンより、料理や食器洗いと夜のデスクスタンドを付けた作業の方が睡眠に悪影響ということになるのは明白だと思います。

夜こそサングラスを

エプロンや部屋着など着ているものを黒っぽいものにすれば50〜70ルックスは落ちますが高すぎる照度では効果は薄いですね。
75%濃度のサングラスを掛けると1/3〜1/4に照度は落ちます。どちらの照明下でも200〜300ルックス台になりますから室内でのサングラスは光のストレスだけでなく、メラトニンの分泌阻害への対策にもなるでしょう。

室内の光の状態はそれぞれの住まいで大きく異ります。特に眠気がなかなか来ない方やなかなか寝付けない・・・つまり入眠しにくい方は光のストレスを改善する必要があるでしょう。寝付きに問題がなければ、そんなに気にする必要はないと思いますが・・・。

光のストレスを避けるために黒いサングラスに黒っぽい部屋着にエプロン・・・は、結構怪しい人になりますが最も手軽な対処方法かと思います。

念のために・・・スマホやパソコンは問題ないのではなく、使う目的によって脳が覚醒してしまう可能性が高いのは間違いということなんで錯覚しないようにしてください。

睡眠環境コンサルティングは、こうした光だけでなく、眠りにつくまで過ごす癒やす環境をつくるためにボクが訪問して検証と改善を目的にしたコンサルティングです。


arai nobuhiko & Al-jabr Official-site

ボクのオフィシャルサイトはこちらです>> http://www.al-jabr.co.jp

◆まずは "無料相談 " でお会いしましょう!!
睡眠、睡眠環境、寝具のご相談はお気軽にお声を掛けてください。
*Phone: 03-6761-8451 / Mail: info@al-jabr.co.jp

この記事を書いたプロ

Al-jabr(アル・ジャブル) [ホームページ]

荒井信彦

東京都目黒区八雲2-6-12-402 [地図]
TEL:03-6761-8451

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
事業者向け活動
NB事例

ボクのノウハウが様々な会社の多くの寝具や快眠グッズに生かされ、多種のブランドで市場に出回る事がボクのミッションである「一人でも多くの人に提供できること・・・...

個人向け活動
睡眠改善コンサルティング

「まずは”無料相談”でお会いしましょう!」今の睡眠は快適ですか?朝はスッキリ目覚めていますか?もし、そうでなかったらをどうしたいですか?睡眠・睡眠環境・...

 
このプロの紹介記事
Al-jabrの荒井信彦さん

「気持ちの良い朝を迎えるために」。快適な眠りをサポートする快眠探求家(1/3)

 「眠り」に関する言葉や病名が脚光を浴び、残りの人生を充実したものにさせるためにも、睡眠の質を高めようとする人が増えています。「Al-jabr(アル・ジャブル)」の荒井信彦さんは、快眠探究家として独自の調査や研究のもと、睡眠に悩みを抱える人...

荒井信彦プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

「快眠」のための悩みや問題を解決する総合力

会社名 : Al-jabr(アル・ジャブル)
住所 : 東京都目黒区八雲2-6-12-402 [地図]
TEL : 03-6761-8451

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6761-8451

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

荒井信彦(あらいのぶひこ)

Al-jabr(アル・ジャブル)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
冷え性の方へ!眠る時に履いていい靴下、ダメな靴下
イメージ

冷え性の人に限らず、足の冷えで眠りに入れない人は多い。特に女性は多いですね。TVや雑誌などで「靴下を履いて...

[ 寝具(眠具) ]

最も睡眠の質が心配な職業は?
イメージ

睡眠の質の向上は多くの人が今望んでいることなんでしょう。TVや雑誌の睡眠特集を見てもその関心の高さがうかが...

[ 睡眠について ]

【睡眠常識の嘘・ホント】睡眠の質を高める食事の効果は?
イメージ

ここ数年、睡眠が注目され続ける中、睡眠の基本知識から他との関係性で睡眠の質を改善しようという情報やノウハウ...

[ 睡眠について ]

12月より衣類や寝具の洗濯絵表示が改正されます
イメージ

今年2016年12月1日より家庭用品品質表示法に基づく繊維製品品質表示規程の改正が行われます。これにより、衣類等の...

[ その他 ]

オーガニックコットンは品質がいいから高いわけではない
イメージ

オーガニックコットンは、無農薬栽培されたコットンを使ったエコな綿です。人工的や科学的な工程も経ていないこと...

[ その他 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ