荒井信彦

あらいのぶひこ

Al-jabr(アル・ジャブル)

[ 目黒区 ]

コラム

 公開日: 2016-09-26  最終更新日: 2016-09-27

【寝室のカーテンの選び方】1.機能と目的で選ぶ

寝室のカーテンの目的は「遮光」と「保温」と「防犯」の3つあります。

遮光性:どれだけ光を通さないかは年齢で選ぶ

睡眠の質、つまり眠りの深さは45歳を境に低下していきます。そして70歳代では
ノンレム睡眠はほとんどなくなるといっていいくらい浅くなるんです。ですから朝の
目覚める前の光の刺激はストレスになるので目覚めるまで光を遮断した方がいい
わけですね。
逆に40歳代前半以下の人は起きる前から瞼を通して朝日を感じながら目覚める方が
覚醒がスムーズになります。徐々に寝室が明るくなっていって目覚めるような環境を
作れる遮光性のないカーテンの方がいいということになります。
遮光性のあるなしはカーテン生地の厚さだけではなく、生地の織り方(生地の地の目
)に大きく左右されるので、必ず候補の生地を照明にかざして確認することが大事
ですね。
天然素材の生地は遮光性は低いので、織り目の異なった裏地を付けて二枚合せで
カーテンにすると遮光性が高くなります・・・その分価格は上がりますが。

ヒダ数・・・プリーツ数は室内温度で選ぶ

通常カーテンというと2〜3倍ヒダが多いですよね。最近ヒダのないストレートな
カーテンも出ていますが、少し前まではほとんどなかったと思います。ボクは昔から
ヒダなしが日本の住宅、特にマンションには一番似合うと思っているので、ずっと
ヒダなしを基本にしていますが、工場に生産依頼するたびに「ホントにヒダがなく
ていいの?」ってよく言われたくらいだったですから。
2倍ヒダになれば生地の使用量は2倍になり、3倍ヒダになれば3倍になるので、価格も
当然高くなりますね。その辺でメーカーやインテリアショップなどではあまりヒダなし
を薦めなかったんでしょう。

カーテンのヒダ数はデザインやイメージではなく、寝室の保温や外気の断熱に大きく
関係します。つまりヒダ数を増やせばそれだけドレープ(カーテンの波)は深くなり、
窓とカーテンの間の空気層を厚くできますから断熱材的な機能が強化されるというこ
とですね。

部屋の温度は外気と触れている窓ガラスで冷やされてしまいます。それを防ぐのも
ヒダで作ったドレープの空気層の機能なんです。
北向きの寝室や底冷えのする部屋、寒い地域はヒダのあるカーテンの方がいいでしょう。
そうでない地域は、ヒダなしのストレートカーテンでいいと思いますよ。

防犯性:外から室内の動きが見える透け感かどうかで選ぶ

日本独特のカーテンの必要機能として防犯性も考える必要があります。防犯性は寝室
内の動きが外からどの程度判別できるかなど、住まいの周辺環境や寝室の階で大きく
左右されますね。寝ている間は特に無防備になりますから、安全は十分考慮しておか
ないと。眠る時に安全かどうか、安心感がもてるかどうかは入眠をスムーズにできる
かどうかの動物的な基本ですからとても大事なことです。

防犯性を考える時は生地の厚さ・・・つまり生地を通して動きが透けて見えるかどうか
が重要になります。「見える」というのは顔や服が判別できるという意味ではなく、
室内の人の動きの陰影として確認できるかどうかということです。

1-2Fの寝室は当然外から見えやすいので、あまり透け感のない厚地の生地を選んで
カーテンにした方がいいかと思いますが、これも周りの建物との兼ね合いで3F以上でも
同様のケースになる事はありますよね。都心部と郊外では隣の建物との間隔も違うし、
同地域であってもそれぞれ条件は異なりますから防犯をどの程度考えたいかで、生地の
透け感に注意して選ぶことが重要です。

3F以上の寝室なら寝るまでは厚地のカーテンを閉めておいて、電気を消してベッドに
入る前にレースのカーテンは閉じたままで厚地のカーテンを少し開けておけば朝日は
入るので、40歳前半以下の人はそんな工夫をすれば睡眠環境は確保できますね。

色柄は睡眠に影響なし!好みで選んでいい

機能や目的から考えるとカーテンも寝具同様に人それぞれ異なるということです。単に
色柄の好みやインテリアコーディネーションだけを頭に描いて選ぶと勿体無い結果にな
ります。寝具同様にカーテンも一度掛けたら長期間使用するもの。保温効果から言えば、
カーテンと掛ふとんは同等ということになるわけですから、自分の年齢や睡眠状態、
自分の寝室環境に合った生地やタイプをチョイスし、その中からお好みの色柄をカーテン
にすることがいいと思います。

睡眠にいい色とか睡眠の質を高める配色などなど、睡眠に関連付けたコーディネート
情報もネットなどで見かけますが、大して影響はないと思いますよ。影響があったと
しても枝葉のさらに先っぽ的な些細な心理効果でしょう。
そんなことを気にしてたら余計眠れなくなっちゃいますから、色柄は好み優先でいい
とボクは考えています。

arai nobuhiko & Al-jabr Official-site

ボクのオフィシャルサイトはこちらです>> http://www.al-jabr.co.jp

◆まずは "無料相談 " でお会いしましょう!!
睡眠、睡眠環境、寝具のご相談はお気軽にお声を掛けてください。
*Phone: 03-6761-8451 / Mail: info@al-jabr.co.jp

この記事を書いたプロ

Al-jabr(アル・ジャブル) [ホームページ]

荒井信彦

東京都目黒区八雲2-6-12-402 [地図]
TEL:03-6761-8451

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
事業者向け活動
NB事例

ボクのノウハウが様々な会社の多くの寝具や快眠グッズに生かされ、多種のブランドで市場に出回る事がボクのミッションである「一人でも多くの人に提供できること・・・...

個人向け活動
睡眠改善コンサルティング

「まずは”無料相談”でお会いしましょう!」今の睡眠は快適ですか?朝はスッキリ目覚めていますか?もし、そうでなかったらをどうしたいですか?睡眠・睡眠環境・...

 
このプロの紹介記事
Al-jabrの荒井信彦さん

「気持ちの良い朝を迎えるために」。快適な眠りをサポートする快眠探求家(1/3)

 「眠り」に関する言葉や病名が脚光を浴び、残りの人生を充実したものにさせるためにも、睡眠の質を高めようとする人が増えています。「Al-jabr(アル・ジャブル)」の荒井信彦さんは、快眠探究家として独自の調査や研究のもと、睡眠に悩みを抱える人...

荒井信彦プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

「快眠」のための悩みや問題を解決する総合力

会社名 : Al-jabr(アル・ジャブル)
住所 : 東京都目黒区八雲2-6-12-402 [地図]
TEL : 03-6761-8451

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6761-8451

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

荒井信彦(あらいのぶひこ)

Al-jabr(アル・ジャブル)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
スマホより睡眠に悪影響が考えられる室内照明はこれ!
イメージ

 そもそも夜が明るすぎるのが問題 睡眠に良くないという「光」について実際に検証してみました。兼ねてよりLED...

[ 睡眠について ]

冷え性の方へ!眠る時に履いていい靴下、ダメな靴下
イメージ

冷え性の人に限らず、足の冷えで眠りに入れない人は多い。特に女性は多いですね。TVや雑誌などで「靴下を履いて...

[ 寝具(眠具) ]

最も睡眠の質が心配な職業は?
イメージ

睡眠の質の向上は多くの人が今望んでいることなんでしょう。TVや雑誌の睡眠特集を見てもその関心の高さがうかが...

[ 睡眠について ]

【睡眠常識の嘘・ホント】睡眠の質を高める食事の効果は?
イメージ

ここ数年、睡眠が注目され続ける中、睡眠の基本知識から他との関係性で睡眠の質を改善しようという情報やノウハウ...

[ 睡眠について ]

12月より衣類や寝具の洗濯絵表示が改正されます
イメージ

今年2016年12月1日より家庭用品品質表示法に基づく繊維製品品質表示規程の改正が行われます。これにより、衣類等の...

[ その他 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ