荒井信彦

あらいのぶひこ

Al-jabr(アル・ジャブル)

[ 目黒区 ]

コラム

 公開日: 2016-09-21 

ダニが大量にアレルゲンになるのは9月中旬から

ダニが大量にアレルゲンになるのは9月中旬から

ダニは8・9月に産卵し、産卵後にすぐ死ぬので9・10月はもっとも部屋に
ニの死骸が多い時期になります。長梅雨で、残暑が長い年は産卵時期も長くなり、
12月上旬あたりまで死骸は多くなるので今年は北関東や東北、北海道など地域
によって12月までずれ込むところもあるでしょう。

生きているダニはアレルゲンにはならない

ダニのアレルギーはダニの死骸から出るアレルゲン物質が原因で、生きているダニ
はほとんど害はありません。ダニに刺されるという害は、アレルギー反応と異な
るので論外です。
ただダニがいるから死骸が増えるわけですから、ダニの対策は「ダニを繁殖させな
い」ことと「ダニの死骸を除去する」ことを時期を変えておこなうということですね。
ダニの死骸が増える今の時期は換気しながらの徹底した掃除が必要です。

アレルゲンとなるダニは部屋の中央にいるコナダニが主です。人や動物の垢、フケ、穀物の粉などをエサにしているので、このダニが床、テーブルの足廻り、ソファーの下家具の周りなどに生息しています。餌が少なくなるとソファーの上やベッドや布団の上に上がってくる・・・これがダニの経路ですね。
つまり、餌がなければダニは生息しないということになりますが、それは生活していれば無理な話ですから「共存」を考えた方がいいですね。ダニやカビはいて当たり前・・・悪さをしないようにすればいいということです。

布団専用掃除機に大した効果はない

しかしダニの死骸はダストに混じって空気中に浮遊して広範囲に拡散するから厄介なんです。特にベッドは面積も広いので浮遊したダニの死骸がダストとともに落ちて付着します。

ふとん掃除機のヒットで布団を掃除するという習慣になった方も多いと思うがUV効果ではダニは死にませんし、布団にダニまたはダニの死骸があるところはキルティングの縫い目の谷間になったところ・・・つまりダストの溜まりやすいところだから布団の全面をガシガシ掃除機を掛けても布団の生地を痛めるだけで大した効果はないと思います。ですから残念ながら布団専用掃除機は大した効果はないということになります。
掃除機のノズルを使って縫い目やへりの部分を入念にかけて、あとは全体的にブラッシングすればいいわけですね。

ボクはA2Care除菌消臭剤を掃除の後に噴霧することを強くお薦めしています。A2Careはダニの死骸にかかると死骸の形状が変化してアレルゲン物質を出さなくなります。つまりアレルゲンではなくなるということですね。これはスギ花粉でも一緒・・・イガイガの形状がなくなり普通のダストになりますので、花粉症の反応もかなり緩和されますよ。
<換気→掃除→A2Care>は極度のアレルギー体質のボクが体感して納得の結果が得られた対策ですのでご興味のある方はボクのサイトで取り扱っていますのでご参照ください。

ダニとは良好な共存関係を築くしかない

「どんな事をしてもダニはいなくならない。だから、上手に共存し、悪さをしないように根本対処をしていくことが大事」ということです。

*「ダニ」については過去に詳しくコラムに書いているので是非こちらもご参照ください。
● ダニの生態からダニが嫌がる環境対策が有効(1)
● ダニの生態からダニが嫌がる環境対策が有効(2)
● ダニの生態からダニが嫌がる環境対策が有効(3)
● ダニの生態からダニが嫌がる環境対策が有効(4)

● アレルギー対策は布団カバーの色で埃を目立たせる
● 布団のホコリの実態・・・布団クリーナーの落とし穴
● A2Care:【カビ、ダニ、花粉、ウィルス】対象物別活用
● WEB記事【布団掃除機レイコップがダニに効果がない】につ
● 9月・10月はダニの死骸が室内に最も多い
● ダニの死骸除去:ベッドマットの掃除法


arai nobuhiko & Al-jabr Official-site

ボクのオフィシャルサイトはこちらです>> http://www.al-jabr.co.jp

◆まずは "無料相談 " でお会いしましょう!!
睡眠、睡眠環境、寝具のご相談はお気軽にお声を掛けてください。
*Phone: 03-6761-8451 / Mail: info@al-jabr.co.jp

この記事を書いたプロ

Al-jabr(アル・ジャブル) [ホームページ]

荒井信彦

東京都目黒区八雲2-6-12-402 [地図]
TEL:03-6761-8451

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
事業者向け活動
NB事例

ボクのノウハウが様々な会社の多くの寝具や快眠グッズに生かされ、多種のブランドで市場に出回る事がボクのミッションである「一人でも多くの人に提供できること・・・...

個人向け活動
睡眠改善コンサルティング

「まずは”無料相談”でお会いしましょう!」今の睡眠は快適ですか?朝はスッキリ目覚めていますか?もし、そうでなかったらをどうしたいですか?睡眠・睡眠環境・...

 
このプロの紹介記事
Al-jabrの荒井信彦さん

「気持ちの良い朝を迎えるために」。快適な眠りをサポートする快眠探求家(1/3)

 「眠り」に関する言葉や病名が脚光を浴び、残りの人生を充実したものにさせるためにも、睡眠の質を高めようとする人が増えています。「Al-jabr(アル・ジャブル)」の荒井信彦さんは、快眠探究家として独自の調査や研究のもと、睡眠に悩みを抱える人...

荒井信彦プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

「快眠」のための悩みや問題を解決する総合力

会社名 : Al-jabr(アル・ジャブル)
住所 : 東京都目黒区八雲2-6-12-402 [地図]
TEL : 03-6761-8451

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6761-8451

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

荒井信彦(あらいのぶひこ)

Al-jabr(アル・ジャブル)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
スマホより睡眠に悪影響が考えられる室内照明はこれ!
イメージ

 そもそも夜が明るすぎるのが問題 睡眠に良くないという「光」について実際に検証してみました。兼ねてよりLED...

[ 睡眠について ]

冷え性の方へ!眠る時に履いていい靴下、ダメな靴下
イメージ

冷え性の人に限らず、足の冷えで眠りに入れない人は多い。特に女性は多いですね。TVや雑誌などで「靴下を履いて...

[ 寝具(眠具) ]

最も睡眠の質が心配な職業は?
イメージ

睡眠の質の向上は多くの人が今望んでいることなんでしょう。TVや雑誌の睡眠特集を見てもその関心の高さがうかが...

[ 睡眠について ]

【睡眠常識の嘘・ホント】睡眠の質を高める食事の効果は?
イメージ

ここ数年、睡眠が注目され続ける中、睡眠の基本知識から他との関係性で睡眠の質を改善しようという情報やノウハウ...

[ 睡眠について ]

12月より衣類や寝具の洗濯絵表示が改正されます
イメージ

今年2016年12月1日より家庭用品品質表示法に基づく繊維製品品質表示規程の改正が行われます。これにより、衣類等の...

[ その他 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ