荒井信彦

あらいのぶひこ

Al-jabr(アル・ジャブル)

[ 目黒区 ]

コラム

2016-05-10

羽毛布団の表示偽装問題について(1)

コストを逆算すれば明らか

はっきり言えるのは、原産国表示に限らず混合率(ダウンとフェザーの比率)の
表示偽装も含め、20年くらい前から寝具関係者は皆さん気付いていた事だと思い
ます。それは、販売価格からどうコスト分解して計算してもヨーロッパ産の羽毛が
使える訳がないことは明確であるものが多く市場に出回っていたからです。ボクも
そうですが、多くの専門店の方はことあるごととにこの事をお客様には口頭で伝え
ていたのではないでしょうか。

なんで今まで指摘できなかったのか

原産地表示の疑念は、原産地を特定する試験方法がないので羽毛から原産地を逆算
して割り出す事が技術的にできないのであくまで推測に域の話ということになって
しまいます。また、羽毛メーカーは高級品から安価なものまで製造している所がほ
とんどで、この件を指摘する事は直接取引に影響するということになるでしょう。
工場は稼働してなんぼですから、大量発注する業者と敵対することは死活問題にな
ってしまいます。では、協会や業界団体はというと、そうした工場やメーカーの
代表者や責任者が集まって作っている組織ですから、第三者的な立場を持って厳しく
指摘や指導はできなかったということかと思います。

どう考えても間違いなく偽装している

今回の問題は今年5月7日の朝日新聞に「羽毛の産地疑惑」の記事が掲載、「フラン
ス産ダック」と表示したもののほとんどが「中国産」が「中国産を混ぜたもの」であ
る可能性が大きいということです。あくまで推測でしか言えないわけですが、ボクは
どう考えても間違いなく偽装していると考えています。
「原産地表示偽装」の問題に関しては、おそらく2−3年前から羽毛が急騰しはじめた
あたりから同業者には強い疑念はあったように思います。
ほとんどの原毛輸入会社がビックリするくらい高騰しているのにも関わらず、ある会社
だけが何故か異常に安く、むしろ下がっている種類さえあったということ。
そして、その会社の羽毛を使って製品化したものが異常な安価でネットや通販、量販に
出回わり、それに対抗するように価格競争が熾烈になり過ぎたことで業界団体も動きだ
し始めていたところでこのタイミングでの情報の開示という流れになったように思います。

なぜフランス産ダックの偽装なのか

フランス産はダック(アヒル)ではトップクラスですが、グース(ガチョウ)も含めた
羽毛全体の種類から見れば高級レベルでもないとボクは思っています。
ですから、もっとも低価格は中国産ダックをフランス産と偽装することで高級品をビック
リ価格で販売しようという意図以外にないでしょう・・・あくまで低価格のダックの市場
競争での話ということになりますね。

「ヨーロッパ産はほとんど輸入されてない」報道は嘘

ボクが扱うの羽毛はポーランド産とハンガリー産がベースです。国別輸入比で見るとポー
ランド産もハンガリー産もそれぞれ全体の3〜4%程度の輸入量ですし、ヨーロッパ産を
すべて合わせても10%強くらいですね。中国と台湾を合わせると70%弱を占めますので
数字だけ見ればほとんどヨーロッパ産は誤差の範囲程度と変わりませんが、ヨーロッパ産
の羽毛は必ずしも原産国から直接輸入されるものばかりではなく、中国や台湾などのメー
カーや商社を経由して輸入されるものも多いため数字的に大きくなっています。
この表示偽装問題も、中国のメーカー経由で買い付けたものが問題視されているところです。


arai nobuhiko & Al-jabr Official-site

ボクのオフィシャルサイトはこちらです>> http://www.al-jabr.co.jp

◆まずは "無料相談 " でお会いしましょう!!
睡眠、睡眠環境、寝具のご相談はお気軽にお声を掛けてください。
*Phone: 03-6761-8451 / Mail: info@al-jabr.co.jp

この記事を書いたプロ

Al-jabr(アル・ジャブル) [ホームページ]

荒井信彦

東京都目黒区八雲2-6-12-402 [地図]
TEL:03-6761-8451

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
事業者向け活動
NB事例

ボクのノウハウが様々な会社の多くの寝具や快眠グッズに生かされ、多種のブランドで市場に出回る事がボクのミッションである「一人でも多くの人に提供できること・・・...

個人向け活動
睡眠改善コンサルティング

「まずは”無料相談”でお会いしましょう!」今の睡眠は快適ですか?朝はスッキリ目覚めていますか?もし、そうでなかったらをどうしたいですか?睡眠・睡眠環境・...

 
このプロの紹介記事
Al-jabrの荒井信彦さん

「気持ちの良い朝を迎えるために」。快適な眠りをサポートする快眠探求家(1/3)

 「眠り」に関する言葉や病名が脚光を浴び、残りの人生を充実したものにさせるためにも、睡眠の質を高めようとする人が増えています。「Al-jabr(アル・ジャブル)」の荒井信彦さんは、快眠探究家として独自の調査や研究のもと、睡眠に悩みを抱える人...

荒井信彦プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

「快眠」のための悩みや問題を解決する総合力

会社名 : Al-jabr(アル・ジャブル)
住所 : 東京都目黒区八雲2-6-12-402 [地図]
TEL : 03-6761-8451

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6761-8451

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

荒井信彦(あらいのぶひこ)

Al-jabr(アル・ジャブル)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
【寝室のカーテンの選び方】2.スタイプで選ぶ
イメージ

 カーテン、シェード、ブラインドの適材適所 カーテンには色んなタイプがありますが、それぞれの部屋によって...

[ 寝具(眠具) ]

【寝室のカーテンの選び方】1.機能と目的で選ぶ
イメージ

寝室のカーテンの目的は「遮光」と「保温」と「防犯」の3つあります。 遮光性:どれだけ光を通さないかは年齢...

[ 寝具(眠具) ]

睡眠環境のノウハウは家の設計段階から導入を
イメージ

家を新築あるいはリフォームして改めて睡眠を見直すという方、そして寝具を替え買える方は非常に多いです。新築や...

[ 寝室・睡眠環境 ]

ダニが大量にアレルゲンになるのは9月中旬から
イメージ

ダニが大量にアレルゲンになるのは9月中旬からダニは8・9月に産卵し、産卵後にすぐ死ぬので9・10月はも...

[ 寝室・睡眠環境 ]

睡眠のためのBGMの活用
イメージ

 快眠に必要な音には2種類ある 快眠のために音を活用していくには「環境音(自然音)」と「環境音楽(好きな...

[ 寝室・睡眠環境 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ