荒井信彦

あらいのぶひこ

Al-jabr(アル・ジャブル)

[ 目黒区 ]

コラム

2016-02-16

睡眠前のブルーライトカットはサングラス着用が効果的

ブルーライトの悪影響は排除できない

睡眠を阻害するもので今一番指摘されているものは、スマホやパソコン、液晶画面、LED照明のブルーライトです。ブルーライトは、脳を刺激し、覚醒させるために睡眠に悪影響を及ぼす・・・というのは研究結果や専門医の見解からその通りだと思います。

しかし、今の時代、それらを生活から排除することできるのでしょうか?

ボクも睡眠を仕事にしているプロの端くれでいますが、寝る間際までパソコンをやっているし、スマホをベッドに持ち込んでいます。スマホを枕の下に入れ、睡眠アプリでデータを取りながら、毎日古典落語をBGMに眠っていますよ。
電磁波の影響も合わせてたら最悪な環境なのでしょうが、別に自分の睡眠に問題があると感じた事はありません。

確かにブルーライトは睡眠に良くないのは多くの医師や研究者が提唱しているのですから間違いないことなのでしょうが、それが主になってる現代の生活環境の中でただ排除することだけを言ってもリアリティーがないですよね。

ボクのやってる3つの対策

ボクがやっている事は以下の3つです。
1)天井の照明はつけない
2)液晶画面にはブルーライトカットのフィルムを貼る
3)室内でサングラスを掛ける(いつもではなく、仕事で脳や眼が疲れている時)

特に家で一日仕事している時は夕方からサングラスを掛けていると脳も眼も楽ですね。相当濃い色のレンズで暗めの部屋でもちゃんと見えますので危なくないです。

つまり室内で、日中の屋外と同じ様な光のストレスを受けているということならば、室内でこそサングラスを掛けたらいいとボクは思っています。

また、液晶画面にブルーライトカットのフィルムを貼るのは合わせ技として有効ですね。
ただし、それほどカット率の高くないフィルムの方がいいようにボクは思います。仮にブルーライトを100%近くカットしたら、三原色RGBで「B」だけカットする訳ですから画面はオレンジ色になりますね。現にブルーライトカットのスマホアプリは画面がオレンジなるものが多いようです。

しかし、オレンジ色の画面を見ていた方が正しい色を認識しようとして余計に脳が活性化し疲れるはずです。市販のカットフィルムは50%未満にしているものも多いし、むしろその方が脳を刺激させないと思います。

強い光を長時間見ないことに注意すべき

大事なのは、ブルーライトカット云々より強い光を見ている時間なのでしょう。
ブルーライトのカットより強い照度の光を長時間見ない・・・ということがもっとも有効だし注意すべき点でしょうね。

寝付きが悪く、入眠がなかなかできない悩みを感じている人は、寝る2時間前くらいにはスマホやパソコンは止めるべきだと思ます。
ですが、特にそれが日常生活に支障がない程度ならば、帰宅したらサングラスを掛けるのも一手です。UVカットやパソコン用眼鏡は今は安価で手に入りますしね。

ボクたちはその時代を背景に、自分の文化で眠っています。ブルーライトと上手に付き合って行く工夫こそが快眠の一手に結びついて行くとボクは考えています。

一見奇異な方法に見えても、案外シンプルな有効の一手である事も多いんですよ。


arai nobuhiko & Al-jabr Official-site

ボクのオフィシャルサイトはこちらです>> http://www.al-jabr.co.jp

◆まずは "無料相談 " でお会いしましょう!!
睡眠、睡眠環境、寝具のご相談はお気軽にお声を掛けてください。
*Phone: 03-6761-8451 / Mail: info@al-jabr.co.jp

この記事を書いたプロ

Al-jabr(アル・ジャブル) [ホームページ]

荒井信彦

東京都目黒区八雲2-6-12-402 [地図]
TEL:03-6761-8451

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
事業者向け活動
NB事例

ボクのノウハウが様々な会社の多くの寝具や快眠グッズに生かされ、多種のブランドで市場に出回る事がボクのミッションである「一人でも多くの人に提供できること・・・...

個人向け活動
睡眠改善コンサルティング

「まずは”無料相談”でお会いしましょう!」今の睡眠は快適ですか?朝はスッキリ目覚めていますか?もし、そうでなかったらをどうしたいですか?睡眠・睡眠環境・...

 
このプロの紹介記事
Al-jabrの荒井信彦さん

「気持ちの良い朝を迎えるために」。快適な眠りをサポートする快眠探求家(1/3)

 「眠り」に関する言葉や病名が脚光を浴び、残りの人生を充実したものにさせるためにも、睡眠の質を高めようとする人が増えています。「Al-jabr(アル・ジャブル)」の荒井信彦さんは、快眠探究家として独自の調査や研究のもと、睡眠に悩みを抱える人...

荒井信彦プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

「快眠」のための悩みや問題を解決する総合力

会社名 : Al-jabr(アル・ジャブル)
住所 : 東京都目黒区八雲2-6-12-402 [地図]
TEL : 03-6761-8451

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6761-8451

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

荒井信彦(あらいのぶひこ)

Al-jabr(アル・ジャブル)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
【寝室のカーテンの選び方】2.スタイプで選ぶ
イメージ

 カーテン、シェード、ブラインドの適材適所 カーテンには色んなタイプがありますが、それぞれの部屋によって...

[ 寝具(眠具) ]

【寝室のカーテンの選び方】1.機能と目的で選ぶ
イメージ

寝室のカーテンの目的は「遮光」と「保温」と「防犯」の3つあります。 遮光性:どれだけ光を通さないかは年齢...

[ 寝具(眠具) ]

睡眠環境のノウハウは家の設計段階から導入を
イメージ

家を新築あるいはリフォームして改めて睡眠を見直すという方、そして寝具を替え買える方は非常に多いです。新築や...

[ 寝室・睡眠環境 ]

ダニが大量にアレルゲンになるのは9月中旬から
イメージ

ダニが大量にアレルゲンになるのは9月中旬からダニは8・9月に産卵し、産卵後にすぐ死ぬので9・10月はも...

[ 寝室・睡眠環境 ]

睡眠のためのBGMの活用
イメージ

 快眠に必要な音には2種類ある 快眠のために音を活用していくには「環境音(自然音)」と「環境音楽(好きな...

[ 寝室・睡眠環境 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ