荒井信彦

あらいのぶひこ

Al-jabr(アル・ジャブル)

[ 目黒区 ]

コラム

2016-02-12

【インフルエンザ予防】感染流行時は室内の湿度管理を

インフルエンザの流行は"温度と湿度に関係"するということはよく言われています。
これの基になっているのは、1961年にG.J.Harperらによって発表されたsurvival test with for virusesという論文がもとになっていて、以下の実験結果によるものです。

●温度21~24度/湿度20%に保った時の6時間後生存率は60%→同温度で湿度を50%に保つと生存率は3~5%
●温度7~8度で湿度を22~25%に保った時の生存率が63%→同温度で湿度を50%以上に保った時の生存率は35~42%
●温度を32度、湿度50%で試験をすると6時間後のウイルス生存率は0

この結果から「温度が高く、湿度が高い環境ではインフルエンザウイルスの生存率が下がる」という結論になっていますが、これはインフルエンザウィルスが"高温多湿で死滅"するという事ではないようですね。
インフルエンザウィルスの生存率には紫外線強度が大きく関係し、その条件が加わる事で流行するかどうかがきまるということです。

インフルエンザの予防は喉を乾燥させない事

厚生労働省のページには、インフルエンザ対策では「インフルエンザウィルスが乾燥を好むわけではなく、喉の粘膜の方が乾燥に弱い事になります。湿度が適切な時は、のどの粘膜がウィルスの進入を防いでくれます。湿度が低くなって喉の粘膜が荒れてしまうとのどの粘膜がウィルスの進入を防げなくなります」・・・とあることで、湿度を保つ事で、喉の粘膜が荒れないようにすることがインフルエンザの最大の予防で、湿度を確保管理が重要という事になるようですね。

室内における温度と湿度に関しては、現代の住宅は気密性が高く、断熱材や暖房により冬でも一定の室内温度が保たれているので「湿度」を注視すればいいと思います。

湿度を高くしていれば完全なウィルス対策になるでしょうが、湿度70%以上ではカビが発生しやすくなるので別の問題が起こるね。
室内の湿度は、60%以上:ダニ・70%以上:カビ、50%以下:ウィルス・30%以下:バクテリアが繁殖を加速するので、生活しやすさとインフルエンザやウィルス対策の両方を考えると、室内環境を「湿度50~60%未満」に保つのがいいと思います。

加湿器を活用する

安全かつ一定の湿度に室内を保つためには加湿器の活用がいいかと思います。
特に体が無防備になりがちな睡眠時間を考えると、この時期寝室には加湿器は必需品ですね。

加湿器の種類には、スチーム式(加熱式)・気化式(ヒーターレス)・超音波式・ハイブリッドタイプとありますが、安全性とコストを考えると”気化式”か”超音波式"が寝室には簡便でしょう。

加湿器は、部屋のスペースや置く位置にも左右されますが、寝床よりも高い位置でないと床付近に湿気が溜まり易く、効果的ではありません。また寝床から離れ過ぎていても効果は薄くなると思われるので、寝床付近の高い位置で活用することはいいと思います。
毎晩使う事を考えると、湿度が上がり過ぎないタイプの加湿器を選ぶ事も大事な事です。例えば”気化式"の加湿器は50%程度の湿度までしか上がらないものが多いようですので寝室には調度いいかもしれません。

感染した家族がいる場合は特に湿度管理が重要

家族がインフルエンザにかかってしまった場合は、感染を防ぐためにも特に部屋の湿度は重要です。
インフルエンザは、感染者の体の外に出てから”5〜15分”も経過すれば壊れてしまうそうです。

インフルエンザの感染経路の大半は「せき・くしゃみによる飛沫感染」ということなので、湿度が高いという事は、感染者から飛び出したウイルスが遠くに飛ぶまで、空気中の水滴などの障害物を多くすることで遠くまで飛ぶ事が出来ず、一緒にいるヒトまで届かず、途中で落ちて壊れるということにもなるでしょう。
昔、風邪で寝込んだ部屋のストーブの上でやかんでお湯を沸かしていたのは、部屋を温めるだけでなく、周りへの感染を防いでいたのかもしれないですね。

そして外出時も睡眠時もマスクを

インフルエンザの感染は自宅室内より外出時の屋外でが圧倒的ですので、マスク着用は必須でしょう。マスクは喉の乾燥を防ぐのにも効果があるのでこまめに水をスプレーして湿らせて装着するといいですね。

インフルエンザの感染は「喉の乾燥」に注意・・・喉を乾燥させないために自宅室内、寝室の湿度管理が重要ということでしょう。


arai nobuhiko & Al-jabr Official-site

ボクのオフィシャルサイトはこちらです>> http://www.al-jabr.co.jp

◆まずは "無料相談 " でお会いしましょう!!
睡眠、睡眠環境、寝具のご相談はお気軽にお声を掛けてください。
*Phone: 03-6761-8451 / Mail: info@al-jabr.co.jp

この記事を書いたプロ

Al-jabr(アル・ジャブル) [ホームページ]

荒井信彦

東京都目黒区八雲2-6-12-402 [地図]
TEL:03-6761-8451

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
事業者向け活動
NB事例

ボクのノウハウが様々な会社の多くの寝具や快眠グッズに生かされ、多種のブランドで市場に出回る事がボクのミッションである「一人でも多くの人に提供できること・・・...

個人向け活動
睡眠改善コンサルティング

「まずは”無料相談”でお会いしましょう!」今の睡眠は快適ですか?朝はスッキリ目覚めていますか?もし、そうでなかったらをどうしたいですか?睡眠・睡眠環境・...

 
このプロの紹介記事
Al-jabrの荒井信彦さん

「気持ちの良い朝を迎えるために」。快適な眠りをサポートする快眠探求家(1/3)

 「眠り」に関する言葉や病名が脚光を浴び、残りの人生を充実したものにさせるためにも、睡眠の質を高めようとする人が増えています。「Al-jabr(アル・ジャブル)」の荒井信彦さんは、快眠探究家として独自の調査や研究のもと、睡眠に悩みを抱える人...

荒井信彦プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

「快眠」のための悩みや問題を解決する総合力

会社名 : Al-jabr(アル・ジャブル)
住所 : 東京都目黒区八雲2-6-12-402 [地図]
TEL : 03-6761-8451

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6761-8451

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

荒井信彦(あらいのぶひこ)

Al-jabr(アル・ジャブル)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
睡眠環境のノウハウは家の設計段階から導入を
イメージ

家を新築あるいはリフォームして改めて睡眠を見直すという方、そして寝具を替え買える方は非常に多いです。新築や...

[ 寝室・睡眠環境 ]

ダニが大量にアレルゲンになるのは9月中旬から
イメージ

ダニが大量にアレルゲンになるのは9月中旬からダニは8・9月に産卵し、産卵後にすぐ死ぬので9・10月はも...

[ 寝室・睡眠環境 ]

睡眠のためのBGMの活用
イメージ

 快眠に必要な音には2種類ある 快眠のために音を活用していくには「環境音(自然音)」と「環境音楽(好きな...

[ 寝室・睡眠環境 ]

睡眠のための室内の「音」について
イメージ

快眠を得るためには「身体」「メンタル」「睡眠リズム」「睡眠環境」「寝具」が総合的に整わないといけません。...

[ 寝室・睡眠環境 ]

【セミナー告知(新宿)】今夜から出来る睡眠力アップのヒント「音と体温調整」
イメージ

8月21日(日)に新宿リビングデザインセンターOZONEにて快眠の久々にお話しします。セミナーでは快眠環境づくり...

[ その他 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ