荒井信彦

あらいのぶひこ

Al-jabr(アル・ジャブル)

[ 目黒区 ]

コラム

2016-01-05

睡眠の質を上げるには動物の眠り方を見習う

動物の眠りや寝方は、置かれてる環境によって自然に異なる

草食動物など弱い動物ほど立って寝ます。肉食動物でもうつ伏せ・・・しかし、
家族同然のペットは平気で仰向けで伸びながら寝たりしますね。

動物は、危険がないほど"仰向け"に近い寝姿勢をとるということです。

人も動物ですから、本能的にその時々の環境、置かれた状況に合わせた姿勢を
取だろうと考えると、仰向けで寝られる時が一番ストレスがなく、リラックス
できていると考えられます。

腰が痛かったりするときは、横向きで胎児のように丸まって寝ます。
これは、腰が楽だからですね。
また、心配事や気になることが頭にあるも、横向きの姿勢になりがちです。

うつ伏せは?・・・野生の肉食獣と同じように危険から身を守る姿勢ということで
ボクサーで言えば、打たれてる時のガードを取った姿勢ということが考えられます。
ヒトの場合は、肉体的な危険よりも、精神的な危険、つまり「ストレス」という
ことになるでしょう。
「もう責めないでくれ!」・・・そんな感じでしょうか。

そう考えていくと、寝方はその日の「カラダ」「気持ち」「環境」「生活サイクル」
の状態を受けて、動物としての本能で自然にそれらを考慮して取らせているよう
ですね。

ですから、世間で言うところの「理想的な寝姿勢」もなければ「正しい寝方」
などありようがない・・・あるのは、その日の自分に最も忠実で、ラクな寝方が
その日の自分には一番いいということでしょう。
もし、「いい睡眠を得るには理想的な寝姿勢・寝方はこれだ!」という提唱が
あるのであれば、理想的な寝姿勢・寝方を意識するあまり、寝つかれないかも
しれませんね。
それを無視して自然に任せて熟睡できたとすれば、どっちが睡眠の質は高いのか
は明白です。

人間工学的なデータは平均値に過ぎない

さまざまなデータ値は寝具でも必ず説明文やキャッチコピーに入っています。
"人間光学に基づいて・・・”とか、”○○研究機関のデータを基に作られた”とか
いかにも説得力のある商品開発ですが、よく考えれば、そんな平均値を集めて
作った寝具は誰が使っても合わないといってるようなものです。
なぜ?って、それは平均値の人なんて滅多に存在しないからです。

人それぞれの体の凸凹を平均化した数値な訳ですから、誰が使ってもいいとこ
60点程度の使い心地だろうということを説明している様なものですね。
○○的な平均値が必要なのは「眠れない」という人を、最低限「眠れる」環境に
する場合だけ必要なのです。

「至福の眠り」は「動物として素直に気持ちのいい眠り」

「快適な眠り」とか「至福の眠り」とか・・・心地よさや気持ち良さを眠りに
求める場合は、一切の情報を排除して動物に戻って、自分にとって”一番気持ち
いいもの”、”一番心地が良いもの”を探すことです。
たとえ他の人には40点であっても、自分にとって120点の心地よさならそれで
いいのではないですか?
快適な眠りは自分一人のためのものです。

いつの間にか動物の中で人間だけが本能ではなく、情報だけで判断するように
なってしまったようですが、そろそろもう一度動物に戻って"自分の快適な眠りを
求める"必要があるのではないかと思います。

住空間ではなく「巣」、ベッドルームではなく「寝所」、こんな表現に変えてみ
ると意外といろいろなものが正直に見えてくる感じがしませんか?


arai nobuhiko & Al-jabr Official-site

ボクのオフィシャルサイトはこちらです>> http://www.al-jabr.co.jp

◆まずは "無料相談 " でお会いしましょう!!
睡眠、睡眠環境、寝具のご相談はお気軽にお声を掛けてください。
*Phone: 03-6761-8451 / Mail: info@al-jabr.co.jp

この記事を書いたプロ

Al-jabr(アル・ジャブル) [ホームページ]

荒井信彦

東京都目黒区八雲2-6-12-402 [地図]
TEL:03-6761-8451

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
事業者向け活動
NB事例

ボクのノウハウが様々な会社の多くの寝具や快眠グッズに生かされ、多種のブランドで市場に出回る事がボクのミッションである「一人でも多くの人に提供できること・・・...

個人向け活動
睡眠改善コンサルティング

「まずは”無料相談”でお会いしましょう!」今の睡眠は快適ですか?朝はスッキリ目覚めていますか?もし、そうでなかったらをどうしたいですか?睡眠・睡眠環境・...

 
このプロの紹介記事
Al-jabrの荒井信彦さん

「気持ちの良い朝を迎えるために」。快適な眠りをサポートする快眠探求家(1/3)

 「眠り」に関する言葉や病名が脚光を浴び、残りの人生を充実したものにさせるためにも、睡眠の質を高めようとする人が増えています。「Al-jabr(アル・ジャブル)」の荒井信彦さんは、快眠探究家として独自の調査や研究のもと、睡眠に悩みを抱える人...

荒井信彦プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

「快眠」のための悩みや問題を解決する総合力

会社名 : Al-jabr(アル・ジャブル)
住所 : 東京都目黒区八雲2-6-12-402 [地図]
TEL : 03-6761-8451

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6761-8451

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

荒井信彦(あらいのぶひこ)

Al-jabr(アル・ジャブル)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
【寝室のカーテンの選び方】2.スタイプで選ぶ
イメージ

 カーテン、シェード、ブラインドの適材適所 カーテンには色んなタイプがありますが、それぞれの部屋によって...

[ 寝具(眠具) ]

【寝室のカーテンの選び方】1.機能と目的で選ぶ
イメージ

寝室のカーテンの目的は「遮光」と「保温」と「防犯」の3つあります。 遮光性:どれだけ光を通さないかは年齢...

[ 寝具(眠具) ]

睡眠環境のノウハウは家の設計段階から導入を
イメージ

家を新築あるいはリフォームして改めて睡眠を見直すという方、そして寝具を替え買える方は非常に多いです。新築や...

[ 寝室・睡眠環境 ]

ダニが大量にアレルゲンになるのは9月中旬から
イメージ

ダニが大量にアレルゲンになるのは9月中旬からダニは8・9月に産卵し、産卵後にすぐ死ぬので9・10月はも...

[ 寝室・睡眠環境 ]

睡眠のためのBGMの活用
イメージ

 快眠に必要な音には2種類ある 快眠のために音を活用していくには「環境音(自然音)」と「環境音楽(好きな...

[ 寝室・睡眠環境 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ