荒井信彦

あらいのぶひこ

Al-jabr(アル・ジャブル)

[ 目黒区 ]

コラム

2014-05-11

敷布団の下にはマットレスが必要

寝具は、敷が最も重要なアイテムであることは、今までのブログでも申し述べ
てきた事ですね。
ベッドでお休みの方、和敷布団でお休みの方、日本は住宅事情もあってさまざ
まです。
また、最近はベッドから和布団のスタイルに替えている方も増えてきています。

眠っている間に無意識の自分を支えてくれる構造から言って、ベッドのスタイ
ルと和敷布団のスタイルは同じとボクは考えています。

身体の中心にある寝姿勢を保つために"骨"と"腱"をしっかり支える適度な弾力
性とコシの強さのあるアイテム+骨の外側にあって、心地よさを感じる"筋肉"
と"脂肪の内側1/2"へのクッション性のあるアイテム
+安堵感を感じる"脂肪の外側1/2"と"皮膚"への気持ちいい肌ざわりと季節感を
与えるアイテム・・・この構成は変わりませんね。

ベッドスタイルなら、"ベッドマット+ベッドパッド+シーツ"でそれを完成させ
るという事ですが、和敷布団のスタイルの場合、意外とその構造が出来てない事
が多いです。

畳みに敷布団一枚あるいは二枚敷いて眠るというのが昔の日本人のスタイルだっ
たからでしょう。
しかし、実は昔、このスタイルでもベッドと同じ、それぞれの部位をそれぞれの
役割でサポートして構造になっていたんです。
それは、和室のつくりです。
昔の日本間は、畳みも本畳み、畳を上げると床板がいたバネのように列んでいて、
その下には適度な空間が空いていました。
今は...特にマンションの和室などは、畳みの床は防ダニのケミカル素材になって
いたり、畳みを上げるとコンクリートの上に角材が組まれていて、そこに板がなが
んでいるという様な作りですね。

昔の日本間だったら、まさしく畳みと床板のバネの弾力が"骨"と"腱"を支え、敷布
団が"筋肉"と"脂肪の内側1/2"に対して心地よさを伝えていたわけです。
そう考えると、今の建築事情では、畳みもフローリングも寝姿勢に関しては、どち
らも床と考えた方がいい・・・つまり、骨と腱を支える弾力性とコシの強さがある
マットレスを絶対敷布団の下に敷いて寝ないとダメだという事です。


■これはソファーの中心の材料に使う再生ウレタンを中材に使った2cm厚のマット
レスです。


■これは同じ素材で8つにたためる、クローゼット収納タイプの2cm厚のマットレ
スです。

収納の関係もあって、ご相談いただく方も一枚で使える敷き布団を...と言われるか
らも少なくありませんが、ボクは絶対マットレスを組み合わせて二枚でお休みにな
る事をお薦めし、写真の様なマットを、スタジオで試していただき、使い方や収納
スペースに合わせてお作りしています。

寝具を眠具にする・・・それは翌朝に組成する事が目的です。疲労回復だけでは、
単なる「惰眠」になって、同じ時間眠っても結果は変わりますから勿体ないですよね。

arai nobuhiko & Al-jabr Official-site

ボクのオフィシャルサイトはこちらです>> http://www.al-jabr.co.jp

◆まずは "無料相談 " でお会いしましょう!!
睡眠、睡眠環境、寝具のご相談はお気軽にお声を掛けてください。
*Phone: 03-6761-8451 / Mail: info@al-jabr.co.jp

この記事を書いたプロ

Al-jabr(アル・ジャブル) [ホームページ]

荒井信彦

東京都目黒区八雲2-6-12-402 [地図]
TEL:03-6761-8451

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
事業者向け活動
NB事例

ボクのノウハウが様々な会社の多くの寝具や快眠グッズに生かされ、多種のブランドで市場に出回る事がボクのミッションである「一人でも多くの人に提供できること・・・...

個人向け活動
睡眠改善コンサルティング

「まずは”無料相談”でお会いしましょう!」今の睡眠は快適ですか?朝はスッキリ目覚めていますか?もし、そうでなかったらをどうしたいですか?睡眠・睡眠環境・...

 
このプロの紹介記事
Al-jabrの荒井信彦さん

「気持ちの良い朝を迎えるために」。快適な眠りをサポートする快眠探求家(1/3)

 「眠り」に関する言葉や病名が脚光を浴び、残りの人生を充実したものにさせるためにも、睡眠の質を高めようとする人が増えています。「Al-jabr(アル・ジャブル)」の荒井信彦さんは、快眠探究家として独自の調査や研究のもと、睡眠に悩みを抱える人...

荒井信彦プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

「快眠」のための悩みや問題を解決する総合力

会社名 : Al-jabr(アル・ジャブル)
住所 : 東京都目黒区八雲2-6-12-402 [地図]
TEL : 03-6761-8451

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6761-8451

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

荒井信彦(あらいのぶひこ)

Al-jabr(アル・ジャブル)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
【寝室のカーテンの選び方】2.スタイプで選ぶ
イメージ

 カーテン、シェード、ブラインドの適材適所 カーテンには色んなタイプがありますが、それぞれの部屋によって...

[ 寝具(眠具) ]

【寝室のカーテンの選び方】1.機能と目的で選ぶ
イメージ

寝室のカーテンの目的は「遮光」と「保温」と「防犯」の3つあります。 遮光性:どれだけ光を通さないかは年齢...

[ 寝具(眠具) ]

睡眠環境のノウハウは家の設計段階から導入を
イメージ

家を新築あるいはリフォームして改めて睡眠を見直すという方、そして寝具を替え買える方は非常に多いです。新築や...

[ 寝室・睡眠環境 ]

ダニが大量にアレルゲンになるのは9月中旬から
イメージ

ダニが大量にアレルゲンになるのは9月中旬からダニは8・9月に産卵し、産卵後にすぐ死ぬので9・10月はも...

[ 寝室・睡眠環境 ]

睡眠のためのBGMの活用
イメージ

 快眠に必要な音には2種類ある 快眠のために音を活用していくには「環境音(自然音)」と「環境音楽(好きな...

[ 寝室・睡眠環境 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ