荒井信彦

あらいのぶひこ

Al-jabr(アル・ジャブル)

[ 目黒区 ]

コラム

2014-04-30

ダニの生態からダニが嫌がる環境対策が有効(4)

寝具を干したり、掃除をする時に絶対やっては行けないことがあります。

■ふとんを干している時に、ふとんや枕を叩いてはいけません。。
叩けばふとんや枕の表面についたダニやホコリは落とすことはできますが、中わた
が切れて余計ホコリがでるようになり、寝具が早くダメになりますので要注意です。

■掃除機をゴシゴシ、ガシガシはNGです。
よく1平方メートルあたり20秒以上…とか、150回以上はヘッドを往復させる...よう
なことが言われますが、これも中わたや生地を傷め、かえってホコリっぽくなるので、
やり過ぎは有効ではありません。
表面は軽くブラッシングする感じがいいですね。

布団やベッドマットでホコリが溜まる所は、キルティング(ミシン目やとじ房)で谷
間になっている部分です。掃除機は、全体的にブラッシングした後、キルティングに
沿って、ホコリをノズルで入念に吸い取ることが重要です。
当然、カバーの上からでは意味ありませんので、カバーを洗濯する時にやるのがいい
でしょう。
ダニは、大量の水で洗い流すのがもっとも除去できますので、カバーやシーツは洗濯
する場問題ないですね・・・ただし、節水モードより増水モードで洗濯することをお
薦めします。

■寝具を選ぶ際、布団は羽毛や羊毛、綿のものより化繊素材のものを。枕はパイプや
ビーズなど通気性の良い素材の方が、ダニが繁殖しにくい・・・などと言われること
もありますが、これはボク的にはダニの生態を知らない人か寝具の中素材に詳しくな
い人が、単に天然素材でないものの方が安心だろうということ言われてることとしか
思えません。

ホコリから考えれば、科学素材も繊維が切れればホコリになりますし、逆に静電気で
ホコリはよってきますよね。取り替えても根本改善にはなりません。

■羊毛や綿、麻の布団は、丸洗いのクリーニング(25kg以上のドラムが必要)では中
に潜ったダニはある程度除去できますが、2回以上やると素材の機能を付しない、保温
力が極めて落ちますので、どうしても必要な場合のみということです。

意外と忘れがちなのはこんなもの

実は、最もダニが生息しやすい寝具は"毛布"と"ぬいぐるみ"なんですよね。
毛布は、カバーと同じで洗濯するのが一番です。クリーニング店に依頼してもいいで
しょう。
ぬいぐるみも、洗濯が理想ですが、洗えない素材の場合は、掃除機をかけることです。
...特に細かな隙間を入念に。

アレルギー検査後に寝具交換の指導があった場合

医師からアレルギー検査の結果で布団の買い替えの指示があり、ご相談に来られる方
が多いのですが、その多くはアレルギー専門医での個々のアレルゲンに夜アレルギー
検査でなく、グループ化した混合の結果です。

ダストに反応が出ても、布団の素材のどれに反応するのかハッキリ分からなければ、
"羽毛"に反応しないのに羽毛布団を替えても問題解決にはなりません。
ダストを排除する=布団を替えるということではありません。

ダニの対策は、居住環境から寝具まで関わる問題ですね。ほとんどが一般論ではなく、
個別で解決していかなければいけません。

なにか気になることやお悩みがありましたら、お気軽にご相談くださいね。



arai nobuhiko & Al-jabr Official-site

ボクのオフィシャルサイトはこちらです>> http://www.al-jabr.co.jp

◆まずは "無料相談 " でお会いしましょう!!
睡眠、睡眠環境、寝具のご相談はお気軽にお声を掛けてください。
*Phone: 03-6761-8451 / Mail: info@al-jabr.co.jp

この記事を書いたプロ

Al-jabr(アル・ジャブル) [ホームページ]

荒井信彦

東京都目黒区八雲2-6-12-402 [地図]
TEL:03-6761-8451

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
事業者向け活動
NB事例

ボクのノウハウが様々な会社の多くの寝具や快眠グッズに生かされ、多種のブランドで市場に出回る事がボクのミッションである「一人でも多くの人に提供できること・・・...

個人向け活動
睡眠改善コンサルティング

「まずは”無料相談”でお会いしましょう!」今の睡眠は快適ですか?朝はスッキリ目覚めていますか?もし、そうでなかったらをどうしたいですか?睡眠・睡眠環境・...

 
このプロの紹介記事
Al-jabrの荒井信彦さん

「気持ちの良い朝を迎えるために」。快適な眠りをサポートする快眠探求家(1/3)

 「眠り」に関する言葉や病名が脚光を浴び、残りの人生を充実したものにさせるためにも、睡眠の質を高めようとする人が増えています。「Al-jabr(アル・ジャブル)」の荒井信彦さんは、快眠探究家として独自の調査や研究のもと、睡眠に悩みを抱える人...

荒井信彦プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

「快眠」のための悩みや問題を解決する総合力

会社名 : Al-jabr(アル・ジャブル)
住所 : 東京都目黒区八雲2-6-12-402 [地図]
TEL : 03-6761-8451

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6761-8451

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

荒井信彦(あらいのぶひこ)

Al-jabr(アル・ジャブル)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
睡眠環境のノウハウは家の設計段階から導入を
イメージ

家を新築あるいはリフォームして改めて睡眠を見直すという方、そして寝具を替え買える方は非常に多いです。新築や...

[ 寝室・睡眠環境 ]

ダニが大量にアレルゲンになるのは9月中旬から
イメージ

ダニが大量にアレルゲンになるのは9月中旬からダニは8・9月に産卵し、産卵後にすぐ死ぬので9・10月はも...

[ 寝室・睡眠環境 ]

睡眠のためのBGMの活用
イメージ

 快眠に必要な音には2種類ある 快眠のために音を活用していくには「環境音(自然音)」と「環境音楽(好きな...

[ 寝室・睡眠環境 ]

睡眠のための室内の「音」について
イメージ

快眠を得るためには「身体」「メンタル」「睡眠リズム」「睡眠環境」「寝具」が総合的に整わないといけません。...

[ 寝室・睡眠環境 ]

【セミナー告知(新宿)】今夜から出来る睡眠力アップのヒント「音と体温調整」
イメージ

8月21日(日)に新宿リビングデザインセンターOZONEにて快眠の久々にお話しします。セミナーでは快眠環境づくり...

[ その他 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ