荒井信彦

あらいのぶひこ

Al-jabr(アル・ジャブル)

[ 目黒区 ]

コラム

2014-04-25

シーツ、布団カバーの布地は肌触りで決める

西洋人と日本人の肌の違いを以前のコラムで書きましたが、日本人の肌は、
五感の中でもとても敏感なセンサーです。
言葉を使わなくても「察する」という形で肌で情報収集できるくらい、狩猟
民族の"最後の鎧"的な、物質的な皮膚とは役割も敏感さも違うわけです。

顔の中には5感がすべて揃っていますね。
横長のもの...眼、口は、自分の意志で閉じることができます。
縦長のもの...耳、鼻、皮膚は自分の意志に関係なく、外部からのアプローチ
を受け続けています。

無意識になる睡眠中でも、耳、鼻、皮膚・・・つまり、"音"と"臭い"と"肌ざ
わり"は何かを感じ続けているということなんですよね。
体は眠り、脳が起きている段階...レム睡眠段階では、この3つの外部アプロー
チは次のノンレム睡眠段階にたいへん影響します。

ベッドリネンのファブリックの肌ざわりにこだわるということは、眠っている
間にも自分に安堵感や心地よさをあたえ続け、季節感を感じさせつづけてくれ
ます。

また、入眠の際も、敷アイテムは「安心感」を与えてくれますが、「安堵感」
...ホッとした安心感はベッドリネンのファブリックの肌との摩擦感で与えてく
れます。

赤ちゃんに限らず、ペットのワンちゃん猫ちゃんも、体を撫ぜて上げているとな
んともいえない表情になりますよね。今にも眠りに落ちそうな至福の表情をしま
す・・・これがファブリックが与えてくれるアプローチと同じです。

どうせ使わなきゃいけないものなら、単に布団やマットの汚れを防止するためだ
けでなく、自分の安堵感を与えてくれる気持ちのいいものを使う方がいいとボク
は強く思います。

「肌ざわりとは、布のコシの強弱と表面の凹凸で表現された、触覚に訴える芸術
的アプローチである」とボクは定義しています。
簡単に言えば、偶然出来た凹凸感や生地の硬軟で肌ざわりを作るということです^^



普通のシーツやカバーも、洗濯時にシワを伸ばさず干せば、表面に強いシワの凹
凸があるサラッとした肌ざわりは、この時期とても気持ちよいベッドリネンにな
りますね。
それを秋には、シワを伸ばして干し、軽くアイロンを掛けて仕上げれば、フラッ
トで体に密着度の高いベッドリネンになり、熱を逃がしにくくなります。
少しの工夫で無限の肌ざわりは作れるということです。

シャツは、季節によっていろいろ着替えるのに、なぜベッドリネンの表情も風合
いも肌触りも、これといった個性がないものがほとんどなのでしょう?
ボクはそこがとても疑問で、そのために自分のブランド「Al-jabr」を作り、アパ
レルのファブリックを使ったベッドリネンを27年前からご提供しています。

サラッとしたとか、ヒンヤリしたと、ふんわりしたとか、クタッとしたとか、ホワ
ッとしたとか・・・そういう表現ができるファブリックで毎日眠りたいですね。
せっかく四季のある日本なんですから、季節感を感じるファブリックで毎日眠りた
いです。

そして、掛、敷、ピローと一緒の布地が同じなんて、実にもったいないと思います。
どうせ使うんだから、徹底的に自分の好みで、肌ざわりもコーディネートしないと
ホントにもったいないですよ。

何事にも「どうせ使うなら」...ってことに自分なりのこだわりを持つのって、実は
合理的だし、大事だと思いますね。


arai nobuhiko & Al-jabr Official-site

ボクのオフィシャルサイトはこちらです>> http://www.al-jabr.co.jp

◆まずは "無料相談 " でお会いしましょう!!
睡眠、睡眠環境、寝具のご相談はお気軽にお声を掛けてください。
*Phone: 03-6761-8451 / Mail: info@al-jabr.co.jp

この記事を書いたプロ

Al-jabr(アル・ジャブル) [ホームページ]

荒井信彦

東京都目黒区八雲2-6-12-402 [地図]
TEL:03-6761-8451

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
事業者向け活動
NB事例

ボクのノウハウが様々な会社の多くの寝具や快眠グッズに生かされ、多種のブランドで市場に出回る事がボクのミッションである「一人でも多くの人に提供できること・・・...

個人向け活動
睡眠改善コンサルティング

「まずは”無料相談”でお会いしましょう!」今の睡眠は快適ですか?朝はスッキリ目覚めていますか?もし、そうでなかったらをどうしたいですか?睡眠・睡眠環境・...

 
このプロの紹介記事
Al-jabrの荒井信彦さん

「気持ちの良い朝を迎えるために」。快適な眠りをサポートする快眠探求家(1/3)

 「眠り」に関する言葉や病名が脚光を浴び、残りの人生を充実したものにさせるためにも、睡眠の質を高めようとする人が増えています。「Al-jabr(アル・ジャブル)」の荒井信彦さんは、快眠探究家として独自の調査や研究のもと、睡眠に悩みを抱える人...

荒井信彦プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

「快眠」のための悩みや問題を解決する総合力

会社名 : Al-jabr(アル・ジャブル)
住所 : 東京都目黒区八雲2-6-12-402 [地図]
TEL : 03-6761-8451

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6761-8451

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

荒井信彦(あらいのぶひこ)

Al-jabr(アル・ジャブル)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
睡眠環境のノウハウは家の設計段階から導入を
イメージ

家を新築あるいはリフォームして改めて睡眠を見直すという方、そして寝具を替え買える方は非常に多いです。新築や...

[ 寝室・睡眠環境 ]

ダニが大量にアレルゲンになるのは9月中旬から
イメージ

ダニが大量にアレルゲンになるのは9月中旬からダニは8・9月に産卵し、産卵後にすぐ死ぬので9・10月はも...

[ 寝室・睡眠環境 ]

睡眠のためのBGMの活用
イメージ

 快眠に必要な音には2種類ある 快眠のために音を活用していくには「環境音(自然音)」と「環境音楽(好きな...

[ 寝室・睡眠環境 ]

睡眠のための室内の「音」について
イメージ

快眠を得るためには「身体」「メンタル」「睡眠リズム」「睡眠環境」「寝具」が総合的に整わないといけません。...

[ 寝室・睡眠環境 ]

【セミナー告知(新宿)】今夜から出来る睡眠力アップのヒント「音と体温調整」
イメージ

8月21日(日)に新宿リビングデザインセンターOZONEにて快眠の久々にお話しします。セミナーでは快眠環境づくり...

[ その他 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ