荒井信彦

あらいのぶひこ

Al-jabr(アル・ジャブル)

[ 目黒区 ]

コラム

2014-04-21

布団、枕は丸洗いできるか?適切な干し方は?

布団は洗えるか?

この質問はよくありますね。
「丸洗い」には2通りあります。クリーニング専門店での丸洗いと、家庭での丸洗いです。
クリーニング専門店での丸洗いなら、25kg以上のドラムで大量の水を使って洗うのであれば大丈夫です。
また、ドライも大丈夫ですね。

ボクの実験の結果では、家庭洗濯では布団は洗えません・・・というか、さほど効果がなく、事故の危険の方が大きい。また、洗えたつもりでも、実際に家庭洗濯後に生地を裂いて中わたをみると絡まり、固まり、偏りがあります。

布団は、生地は洗えます。そして中材のわたも洗えます・・・ほとんどの布団の中わた素材は洗浄、乾燥して中材としてに使えるようになります。
しかし、生地の中に中材が入って「布団」となったら、まず家庭洗濯機の大きさ的にも難しいですね。
これはウォッシャブルタイプの布団も同じです。

布団に限らず、繊維製品全般に言えることですが、繊維は洗っている時は問題なくとも、脱水している時に縮みや絡みが起こります。シャツを洗濯すると縮むのも一緒です。
脱水の時に糸の撚りがさらにきつく絞られていき、繊維の長さが縮みます。布団の場合はわたですので、繊維同士が絡み合って固まり、面積も小さくなります。
以前、布団シングルの両面に食紅をジグザグに漬けて洗いましたが、折って丸めた中側は食紅が滲んだくらいでとれていませんでした・・・汚れだったらもっと取れてないということですよね^^;;

何かをこぼしてしまうなどの事故でどうしても洗わなければ行けない場合は、お風呂の残り湯に漬けて、足で踏み洗いがいいですね。
そして、水が滴る状態のまま、バルコニーで干してください。 干すというより、水を切るというイメージですね。

また、「布団を洗う」はメンテナンスだと思っている方も多いと思いますが、布団を洗うということはそれだけ布団…中材を傷めているとという事です。
布団のメンテナンスは、毎日使ってあげる事と一定期間でリフォームするということなんですよ。

素材によって干し方がある

布団を干される方はとても多いですね。よく晴れの日にマンションなどのベランダに沢山干されている光景を目にします。
しかし、間違ってる^^;;・・・さすがに最近布団を叩いては行けないという事は浸透しているようですが、素材によって干し方を間違えると、早く傷める原因になりますね。

●羽毛・羊毛・真綿(絹):干す必要もありません。朝起きたら15〜20分程度、二つ織りになった起きたての状態のままにしておけば結構です。動物性の素材は、自分で調湿発散できますので。
日干しすると、紫外線でいたずらに生地が傷みます。
*お日様の香りが好き…という場合は、カバーを掛けたまま短時間干す感じですかね。

●綿・麻:植物性の素材ですから、吸湿力は合っても発散性が弱いので、日干し10:00-2:00くらいの間に両面15分程度でいいでしょう。

●ポリエステル・化学繊維:吸湿力も発散性も全くないので、日干しが必要です10:00-2:00くらいの間に両面しっかり乾燥させてください。時間は気にしなくても大丈夫です。

もっとも乾燥が必要なのは枕

枕は寝具でもっとも汗や湿気を毎日吸っているアイテムです。…素材もさまざま。
干す時は素材により干し方が違うので要注意です。

●綿や麻:植物繊維は布団と同じように直射日光OKです。

●羽毛やウール、シルク:動物性繊維は布を掛けて直射さけるか、陰干しです。

●そば殻やあずき:穀物素材は風通しの良いところで10〜20分くらい陰干しです。
長時間干すとかえって素材の必要水分や油分を飛ばして悪くしてしまうのでNGです。
注)穀物は、収穫前に必ず穀物をエサにしてる虫に卵を産みつけられているので、湿気が多く、直射日光で暖めるとその卵がかえる可能性があります。

●パイプなどのケミカル素材:生地を乾燥されるための短時間な日干しか、ベトベト感が気になるようになったら、中材を洗濯ネットにあけて洗った方がいいですね。

枕の寿命は早い頻繁に交換を〜

布団は5〜8年でリフォーム。リフォームを2回やったら買い替えになります。
ですから、寿命は15〜24年ということですね

枕は2〜3年で買い替え交換と考えてください。頭の脂や汚れはとても頑固ですので不衛生になります。


基本的にこう考えておけばいいですね。
動物性素材は、何もしなくても湿気を吸収発散する力があるから、本来何もしなくてもいいんです。ですから、側生地の湿気を飛ばすくらいの感覚でいいですね。

植物性素材は、湿気や水分は吸収するがお日様の力を借りて乾かしてもらわないと死んでしまう。
この辺から見れば、その素材をどのように干したら良いか、また干さなくてもいいのかがすぐ理解できると思いますよ。


arai nobuhiko & Al-jabr Official-site

ボクのオフィシャルサイトはこちらです>> http://www.al-jabr.co.jp

◆まずは "無料相談 " でお会いしましょう!!
睡眠、睡眠環境、寝具のご相談はお気軽にお声を掛けてください。
*Phone: 03-6761-8451 / Mail: info@al-jabr.co.jp

この記事を書いたプロ

Al-jabr(アル・ジャブル) [ホームページ]

荒井信彦

東京都目黒区八雲2-6-12-402 [地図]
TEL:03-6761-8451

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
事業者向け活動
NB事例

ボクのノウハウが様々な会社の多くの寝具や快眠グッズに生かされ、多種のブランドで市場に出回る事がボクのミッションである「一人でも多くの人に提供できること・・・...

個人向け活動
睡眠改善コンサルティング

「まずは”無料相談”でお会いしましょう!」今の睡眠は快適ですか?朝はスッキリ目覚めていますか?もし、そうでなかったらをどうしたいですか?睡眠・睡眠環境・...

 
このプロの紹介記事
Al-jabrの荒井信彦さん

「気持ちの良い朝を迎えるために」。快適な眠りをサポートする快眠探求家(1/3)

 「眠り」に関する言葉や病名が脚光を浴び、残りの人生を充実したものにさせるためにも、睡眠の質を高めようとする人が増えています。「Al-jabr(アル・ジャブル)」の荒井信彦さんは、快眠探究家として独自の調査や研究のもと、睡眠に悩みを抱える人...

荒井信彦プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

「快眠」のための悩みや問題を解決する総合力

会社名 : Al-jabr(アル・ジャブル)
住所 : 東京都目黒区八雲2-6-12-402 [地図]
TEL : 03-6761-8451

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6761-8451

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

荒井信彦(あらいのぶひこ)

Al-jabr(アル・ジャブル)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
【寝室のカーテンの選び方】2.スタイプで選ぶ
イメージ

 カーテン、シェード、ブラインドの適材適所 カーテンには色んなタイプがありますが、それぞれの部屋によって...

[ 寝具(眠具) ]

【寝室のカーテンの選び方】1.機能と目的で選ぶ
イメージ

寝室のカーテンの目的は「遮光」と「保温」と「防犯」の3つあります。 遮光性:どれだけ光を通さないかは年齢...

[ 寝具(眠具) ]

睡眠環境のノウハウは家の設計段階から導入を
イメージ

家を新築あるいはリフォームして改めて睡眠を見直すという方、そして寝具を替え買える方は非常に多いです。新築や...

[ 寝室・睡眠環境 ]

ダニが大量にアレルゲンになるのは9月中旬から
イメージ

ダニが大量にアレルゲンになるのは9月中旬からダニは8・9月に産卵し、産卵後にすぐ死ぬので9・10月はも...

[ 寝室・睡眠環境 ]

睡眠のためのBGMの活用
イメージ

 快眠に必要な音には2種類ある 快眠のために音を活用していくには「環境音(自然音)」と「環境音楽(好きな...

[ 寝室・睡眠環境 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ