荒井信彦

あらいのぶひこ

Al-jabr(アル・ジャブル)

[ 目黒区 ]

コラム

 公開日: 2014-04-15  最終更新日: 2016-05-15

布団を使い倒す、着倒す...羽毛布団をリフォームして得か損か。

やっと布団が暑く感じる季節になりましたね。
これから夏に掛けて、羽毛布団のリフォームの相談が増えて来る時期・・・使わ
ない時期にメンテナンスをお考えの方が多いと思います。

羽毛とは・・・

羽毛(ダウン)は、体温と外気温の差を感じ取って、寒ければボール上の綿毛を
伸ばして拡大してカサを出し、保温性を高め、温度差がないあたたか陽気だと、
収縮して間隔をダウン同士の感覚を空け、通気性を取ったりするのが機能が最大
の特徴です。

ご存知のように、中材の羽毛に使う水鳥は、グース(ガチョウ)とダック(家鴨)
の2種類あり、どちらも食肉用の副産物としてその羽毛や羽根を利用します。

グースはフォアグラ、ダックは食肉用として飼育されているので、グースは身体
の大きさだけでなく、飼育期間が違うため優れた機能とカサ高性を持っています。

ダウンは、グースからは5〜10g程度、ダックからは20〜30g程度のしか採取でき
ません。(ダウンはの10gは結構なカサがありますが^^)
1kgの羽毛布団として、グースなら100〜200羽、ダックでも33〜50羽くらいの鳥
を使うという事ですね。
実際には行程の中で不純物を除去しますのでもっと必要となりますので、他の素
材の布団と基本的に希少価値がまず違うわけです。

なぜ、リフォームをしないといけないのか?

中材としての寿命はどのくらいか
30年と考えていいでしょう。決して一生ものではありませんね。

その寿命を全うさせるために、定期的に解体、洗浄、殺菌乾燥、不純物の除去を
行い、仕立て直しをする・・・これが羽毛布団のメンテナンスであり、"羽毛布団
のリフォーム"です。

理想的なのは5〜6年の使用期間でリフォームをしないとダウンの機能が衰え、
それが長期間になると機能がなくなる…つまり寿命を早めということになります。

ボクが実際の多くのお客様のお使いの布団を見た経験上、男性が使っている布団
だと5〜7年くらい、女性が使っている布団だと8年〜10年くらいでのリフォ
ームでいいように考えていますが、布団のコンディションは体質や使い方、収納
状況などによって変わります。

羽毛を傷める原因

羽毛にダメージを与えるのは、寝ている間にかく汗が一番です。
汗に含まれる尿素・タンパク質・塩分・脂肪・汚れなどがダウンに付着し、ダウ
ンを硬め、温度差による収縮拡大が出来ない様な状況...呼吸ができないのと同じ
状況になります。

また、使用中の摩擦で、ダウンの綿毛が切れたもの(カバーの掛け替えの時に小さ
な羽が飛ぶのが切れたもの)と、羽毛や羽根の垢(人の垢と同じ)がはがれたもの
を除去することも目的としています。

リフォームとは具体的に何をするのか?

リフォームは、お預かりした羽毛布団のキルトの側生地を裂いて、中材の羽毛をす
べて取り出す解体をし、リフォーム専用のボックスで約75℃の蒸気で洗浄後、高温
で殺菌乾燥させます。
その後、ボックス内にオゾンを発生させ、切れた羽毛やホコリ、不純物を排除して、
新しい側生地に吹き込み直して布団として再生させるというものです。

よほどダメージが酷いものは、高温蒸気での洗浄ではなく、新毛を洗うドラム式の
大型洗浄機で何度か洗う場合もありますが、これは高額なのでかえって新品に買い
替えた方が得策かもですね。

また、解体で取りきれない羽毛分が目減りするので、その分は同ランクの新毛で補
充することになります。
これにより今までの羽毛も一緒にパワーアップしますので、これは必須です。

リフォームが得か、買い替えが得かの目安

まず、グースの羽毛を使っているものであること。
リフォームの金額が、買った価格の1/2〜2/3以下であれば、絶対やるべきでしょう。
ここ数年、羽毛は高騰を続けていて下がる気配はありません。
また、同レベルの羽毛でも、昔のものの方が良質な場合もありますから勿体ないで
すよね。

ダック(品質表示に”グース"が明記してないものはすべてダック)の羽毛を使って
いて、ダウン80%以上の布団ならばリフォームしてもメリットは出ますが、80%以下
なら買い替えた方が良いとボクは思います。

リフォームの費用はどのくらいか?(ボクがやらしてもらった場合

シングルで35,000〜50,000円・・・これ以下のリフォーム価格もネットや店頭で見
かけますが、ボクはやりません…というか、ボクにはできません。
価格に違いは生地の違いです。
*他のサイズは、SD: ×1.2・D: ×1.4・Q: ×1.6・K: ×1.8と倍数計算ですね。

これ以下の生地は、重く、触るとガサガサ音がするのでボクは使いません。


最近、羽毛不足で、種類に関係なく全般に高騰しているので、リフォームできなくて
もダウン50%以上の羽毛布団なら業者が有料で引き取ってくれます。
一昨年までは有料で焼却だったのに^^;;

羽毛不足はそのくらい深刻度を増していて、引き取ったものは、洗い直して業務用や
ディスカウント用に用いられます。

ボクは再生羽毛は使いませんので、引き取ってもらった金額は買い替えの布団の金額
から差し引き事にしていますが・・・・

布団は中身が見えないということと、品質表示ラベルがあまり当てにならない(法規
制がないので)ので、今まで数万枚触って来たボクの右手の感覚で1stジャッジです。

元々、日本には着倒す・使い倒す文化があります。自然素材に敬意を払って、大事に
最後まで使わせてもらうという思想ですね。
この文化、もう一度見直さないといけない時代になっていると思います。


■近々、羽毛布団のリフォームの相談会を開催しますので「イベント」でご案内します。


arai nobuhiko & Al-jabr Official-site

ボクのオフィシャルサイトはこちらです>> http://www.al-jabr.co.jp

◆まずは "無料相談 " でお会いしましょう!!
睡眠、睡眠環境、寝具のご相談はお気軽にお声を掛けてください。
*Phone: 03-6761-8451 / Mail: info@al-jabr.co.jp

この記事を書いたプロ

Al-jabr(アル・ジャブル) [ホームページ]

荒井信彦

東京都目黒区八雲2-6-12-402 [地図]
TEL:03-6761-8451

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
事業者向け活動
NB事例

ボクのノウハウが様々な会社の多くの寝具や快眠グッズに生かされ、多種のブランドで市場に出回る事がボクのミッションである「一人でも多くの人に提供できること・・・...

個人向け活動
睡眠改善コンサルティング

「まずは”無料相談”でお会いしましょう!」今の睡眠は快適ですか?朝はスッキリ目覚めていますか?もし、そうでなかったらをどうしたいですか?睡眠・睡眠環境・...

 
このプロの紹介記事
Al-jabrの荒井信彦さん

「気持ちの良い朝を迎えるために」。快適な眠りをサポートする快眠探求家(1/3)

 「眠り」に関する言葉や病名が脚光を浴び、残りの人生を充実したものにさせるためにも、睡眠の質を高めようとする人が増えています。「Al-jabr(アル・ジャブル)」の荒井信彦さんは、快眠探究家として独自の調査や研究のもと、睡眠に悩みを抱える人...

荒井信彦プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

「快眠」のための悩みや問題を解決する総合力

会社名 : Al-jabr(アル・ジャブル)
住所 : 東京都目黒区八雲2-6-12-402 [地図]
TEL : 03-6761-8451

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6761-8451

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

荒井信彦(あらいのぶひこ)

Al-jabr(アル・ジャブル)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
スマホより睡眠に悪影響が考えられる室内照明はこれ!
イメージ

 そもそも夜が明るすぎるのが問題 睡眠に良くないという「光」について実際に検証してみました。兼ねてよりLED...

[ 睡眠について ]

冷え性の方へ!眠る時に履いていい靴下、ダメな靴下
イメージ

冷え性の人に限らず、足の冷えで眠りに入れない人は多い。特に女性は多いですね。TVや雑誌などで「靴下を履いて...

[ 寝具(眠具) ]

最も睡眠の質が心配な職業は?
イメージ

睡眠の質の向上は多くの人が今望んでいることなんでしょう。TVや雑誌の睡眠特集を見てもその関心の高さがうかが...

[ 睡眠について ]

【睡眠常識の嘘・ホント】睡眠の質を高める食事の効果は?
イメージ

ここ数年、睡眠が注目され続ける中、睡眠の基本知識から他との関係性で睡眠の質を改善しようという情報やノウハウ...

[ 睡眠について ]

12月より衣類や寝具の洗濯絵表示が改正されます
イメージ

今年2016年12月1日より家庭用品品質表示法に基づく繊維製品品質表示規程の改正が行われます。これにより、衣類等の...

[ その他 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ