コラム

 公開日: 2018-03-29 

発達障害 我が子の特性を知るということ



前回からお送りしております、発達障害について


前回の記事はこちら

https://ameblo.jp/ajuga-reptans/entry-12360900983.html


今日は、我が子の特性を受け入れていくことについて、書いていきたいと思います。


「お子さんに発達障害があります」


こう、医師から診断を受けて「そうなのか…」「やっぱりな…」という想いがあるのと同時に


「これからどうしたら良いの?」


という疑問が湧いてくると思います。


診断はついた、でもこれから家に帰って、我が子とどう接したら良いのか分からない…


これは、私も含め、発達障害を持つ子どものお母さんなら必ず思う事です。


「特性を受け入れて行きましょう」


「柔軟な対応をしていきましょう」


「臨機応変に接しましょう」


こう言われても、具体的に「どうやって?」のところにフォーカスしてくれる専門機関は、実は少ないのですね。


療育という言葉を耳にすると思いますが、これも子ども一人一人違いますから、これをすれば良いと断言できないだけに、
多くの母親が頭を悩ませてしまうのです。


私が最初に取り組んだこと、それは


「息子の苦手部分ってなんだろう」


というところでした。


できているところは存分に理解した上で、どうしてもできないところ、苦手なところ、パニックを起こしてしまう事を、徹底的に
分析していきました。


学校の先生や、友達のお母さん、習い事の先生等、各方面から情報を集め、見えてきた息子の不得意部分


・3人以上のグループ活動が苦手


・男の人の大声が苦手


・否定的な声掛けを複数人にされるとパニックを起こす


・話に横やりを入れられると混乱する


・この辺、あの辺など、あいまいな表現だと理解できない


・自分の役割を取られるのが苦手


と、色々と見えてきました。


特に


「自分の役割を取られるのが苦手」


という特性では


「自分はこの役割を完遂したい」


と思い過ぎる傾向があるので、相手が良かれと思って手伝おうとして大騒ぎしてしまったということもあり、非常に誤解を招いてしまいました。


周りから観たら、


「善意から手伝おうとしたのに逆に怒られてしまった」


となる為、息子が悪く映ってしまうんですね。


そこで、先生に特性を共有し、どんなに時間が掛かっても、最後まで一人でやり遂げさせるようにしてもらったところ、ようやく
衝突しなくなりました。


クラスの中には息子を温かく見守ってくれる、お世話係の女の子もでてきてくれました。


こうした日常生活でもストレスを、どれだけ緩和していくかが療育のポイントになると思います。


小学校3年生くらいの思春期前の段階では、こうしたストレスのない環境を整えていくことが最善策です。


できるところは最大限に活かし、現段階ではできないところは配慮をお願いし、少し工夫すればできるところは先生や周囲と相談をしながら、オリジナルのルールを作ってできるようにと導いて行く。


こうした相互理解・相互支援しながら作る、手作りの環境こそ、発達障害のある子どもにとって落ち着いて過ごせる「最良の場所」となるのですね。


なので、親御さんはまずはお子さんの苦手部分をノートにまとめ、どうしても苦手な事、ちょっと苦手なところを書き出してみてください。


そして、その特性に対してどうしたら良いのかを箇条書きにし、一つ一つ試してみる。


しっくりくることは実践し、これは効果がなかったなというところは別角度で考えてみる。


こうして我が子オリジナルの育児書「マイルールブック」を作っていってください


次回からも、どんどんお伝えしていきます!

(途中、活動報告他はさみますが、そちらも読んでいただければ嬉しいです)


飯塚ひろみ


息子とのリアル思春期育児・療育日誌が知りたい方は、こちらのメルマガからご覧になることができます↓


思春期・発達障害ヒントメールマガジン「待ってました思春期!」(登録無料)
http://www.mag2.com/m/0001675338.html


◆思春期をもっと詳しく、徹底的に理解したいという方むけの講座です↓↓
特に反抗期でお悩みの方にお勧めします。


第2期思春期連続講座 「思春期の教科書」


●第1回 無事終了しました!


第1回目の講座を逃してしまった!という方には動画でお届けいたします。
ajuga-reptans@outlook.jpまでご連絡ください(^-^)


「思春期基礎知識 負のスパイラルコミュニケーションを変えていこう」


思春期の基礎知識を学び、なぜ、思春期があるのかを知りましょう。

また、口喧嘩が絶えない、会話がないなど「負のスパイラル」となっている親子のコミュニケーションを「愛のスパイラル」に
変えていくワークをしていきます。


●第2回 無事に終了しました!

第2回目も録画動画での受講が可能です♪是非是非お問い合わせください。


「思春期の心の3つの居場所から知る 反抗する理由について」


思春期の子どもの心のメカニズムを学び、お子さんが今、どこでどのようにストレスを抱えているのかを明確にしていくワークを
します。

ストレスを明確にすることで、適切な接し方を知る事ができます。性のめざめについてもお話します。


●第3回 無事に終了しました!

第3回目も録画動画での受講が可能です♪ お問い合わせください。


「勉強しないのには理由がある?!受験をゴールにしない目標設定方法」


お子さんが勉強をしない理由を明確にしていくワークです。


生き生きと目標に向かって自然と勉強できる子と、嫌々勉強をしている子との違いを知り、お子さんが勉強することを喜びと感じられ、一生学び続けられるようにしていきましょう。


●第4回 4月6日(金) 10:00~12:00
としま産業振興プラザIKE=Biz 美術室


「勉強ってどうやってやったら良いの?受験の心構えについて」


勉強の講座2回目です。

受験生の心構え、志望校選び他、受験で役立つ暗記方法やテストの復習方法などもお話します


●第5回・第6回 4月20日(金) 10:00~12:00 13:00~14:30
としま産業振興プラザIKE-Biz 第一会議室


「ネットネイティブの子どもへの接し方」


「スマホ・ネット依存・いじめについて」


※午前・午後の講座となります。途中休憩を挟みますので、軽食の準備をお願いいたします。

私たち大人が思春期の頃にはなかった「ネット・スマホ」について、上手な利用の仕方をワークを使って学びます。

また、ネット犯罪やスマホ依存、サブカルチャー文化、いじめの解決法や、我が子がいじめに遭った時の対処方法もお話いたします。


●参加費用 全6回受講 28,000円(税込み)
       単発受講 1講座 5,000円(税込み)


資料をストックできる特性バンダー付きです。


※事前のお振込みをお願いいたします。
※振込手数料のご負担をお願いいたします。


●対象    思春期育児でお悩みの方 指導者 支援者


全講座スカイプ・ズームでの参加可能です。当日会場までお越しいただかなくても受講できます!

ライブ受講が難しい方向けに、録画動画での受講もお勧めしております。
動画受講をご希望の方はajuga-reptans@outlook.jpまでご連絡ください。


●お申込み・お問合せはこちら
https://ssl.form-mailer.jp/fms/cbc899a7513397


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


思春期・発達障害の子どもとの日常生活って、みんなどうしているの?!そんな方はこちらから↓↓


思春期・発達障害療育ヒントメールマガジン「待ってました思春期!」(登録無料)
ブログ+αの記事も読めて、ぽつっとつぶやく「ぽつっとメルマガ(不定期配信)」も大好評!

毎週月曜日の定期配信号ではさらに濃い情報満載! 私への質問もできちゃいます♪
http://www.mag2.com/m/0001675338.html


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


◆出張個別カウンセリング。東京でしたらご自宅近くまでお伺いします!ご自宅からスカイプ・ズームでも受けていただけます!


●不登校・反抗期・いじめ・発達障害療育、親子関係改善について相談したい…

お子さんの性格や特技を見つけて伸ばす方法をお教えします。

お試しカウンセリングは、4つの思春期接し方チェックシートor発達障害基礎知識・褒め方シート付で90分に10分+をして
承っております。


●小学校、中学校、高校などのPTA、先生や講師向けの研修、または企業での研修も承っております。

・発達障害を持つ人とのコミュニケーション方法、受け入れ方を学んでみたい。

・社内の発達障害者とのコミュニケーション方法hを知りたい。

・思春期・反抗期について詳しく知りたいなど、演題に沿った講座を開催いたします。


講座・出版・出演依頼はこちらから
https://ajuga-reptans.amebaownd.com/pages/566096/page_201607230004

※学校名、企業名、ご住所、お電話番号、URL(ある場合)。ご担当者様のお名前。講演の概要について、現時点でお分かりになること
をご記入ください。


◆4月の個別カウンセリング日程はこちら
https://ameblo.jp/ajuga-reptans/entry-12361187816.html

◆カウンセリングについての詳細はこちら
https://ajuga-reptans.amebaownd.com/pages/581917/page_201608040748

◆カウンセリング・講演会料金・プラン・お申込みはこちらから
https://ajuga-reptans.amebaownd.com/pages/566096/page_201607230004

◆カウンセリング・講座を受けた方のお声はこちら
https://ajuga-reptans.amebaownd.com/pages/559078/page_201607172245


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


◆肩の凝らない話し方が人気の思春期講座◆

●PTA主催の思春期講演会を開催したい
●ワークショップ・学習会を主催したい

など、企画をお考えのみなさまはぜひ、お問合せください(^^)/

◆カウンセリング・講演会料金・プラン・お申込みはこちらから
https://ajuga-reptans.amebaownd.com/pages/566096/page_201607230004


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


☆アジュガの花の花言葉・4月26日の誕生花☆

『アジュガ』の花をご存知ですか?このアジュガの花の花言葉は「心休まる家庭」です。

由来は、親株がランナーを伸ばして子株をつけて「親子一緒に花を咲かせていく姿」を、人間の家族が団欒している様子に
たとえたものです。

私は、アジュガの花と花言葉のような家庭作りを支援して参りたいと思っております。どうぞ、よろしくお願いいたします!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

この記事を書いたプロ

思春期教育研究所アジュガ [ホームページ]

メンタルヘルスカウンセラー 飯塚ひろみ

東京都杉並区 [地図]
TEL:090-6501-1352

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
子どもの思春期、発達障害の悩みをサポート

思春期、発達障害育児を独自のメソッドでサポート(1/3)

 思春期教育研究所アジュガの飯塚ひろみさんは、日本でも数少ない母親を対象とした思春期専門カウンセラーです。思春期における子育ての悩みを解決しながら、親子関係の改善をサポートしています。また、発達障害の息子を育てる経験から、発達障害育児のカウ...

飯塚ひろみプロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

母親に向けて思春期、発達障害に特化したカウンセリングを行う

屋号 : 思春期教育研究所アジュガ
住所 : 東京都杉並区 [地図]
TEL : 090-6501-1352

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-6501-1352

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

飯塚ひろみ(いいづかひろみ)

思春期教育研究所アジュガ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

上からの言い方になっていることに気が付きました

親だから、子を正しい方向に導く責任があるという思いが根付...

匿名
  • 女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
6月カウンセリング予約開始
イメージ

今日は6月カウンセリング日程の発表です!連休が明けて、勉強や運動会の練習など学校行事が本格的に初め...

[ カウンセリング ]

発達障害の子どもが思春期に入ったら
イメージ

さて、発達障害があってもなくても、全ての子どもに思春期がやってきます。これまで、従順だった子どもが...

[ 発達障害 ]

発達障害 思春期特有の行動と発達障害の特性を分けて考えよう
イメージ

シリーズでお送りしております、発達障害について前回は「学校の先生へのアプローチの仕方」についてお...

[ 発達障害 ]

【募集】4月26日 起業2周年企画「発達障害者との向き合い方」
イメージ

告知が遅れに遅れてしまった4月26日、私の誕生日開催の、起業2周年講座なのですが、ようやく内容が固まりました...

[ 発達障害 ]

発達障害 学校の先生に特性をどう伝えたら良いのか
イメージ

シリーズでお送りしています発達障害について。前回は、子どもの特性の中でまず初めに「苦手なところ」...

[ 発達障害 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ