コラム

 公開日: 2018-01-11 

思春期 ごめんなさいと素直に子どもが言えるように、詫びる力の育成をしよう




前回は



「ありがとうの3つの意味」







「大人がありがとうと日常的に伝えていくこと」



そして思春期以降は



「教える育児から示す育児」



に変えていくことが大切というお話でしたね。



前回の記事


思春期 「ありがとう」に含まれる3つの意味を理解していこう
http://mbp-tokyo.com/ajuga-reptans/column/65771/



日常的に「ありがとう」が飛び交う家庭の子どもは自己肯定感が高く、周りにも感謝の気持ちを伝えられる素敵な大人になれるというお話でした。



大人の本気の姿・態度を子どもはちゃんと見ていますからね。



今回は「詫びる力」を話していきます。



さて、みなさまに質問です。



お子さんに「ごめんなさい」と言えていますか?



「あまり言えていない」



「子どもに謝ると負けた感じがする」



「照れくさくてう、やむやにしてしまう」



「言える時と言えない時がある」



など、親子は距離が近いので、つい後回しにしてしまったり「このくらいなら、まぁいっか」と、なあなあにしてしまいがちですよね。



ですが、謝る・謝れるって親子の信頼関係を築くのに、とっても大切な要素なのです。



思春期以降の子どもたちは、自分自身について疑問を持ち始めると同時に、大人へも疑問を抱くようになってきます。



段々と、大人の理不尽さが気になる・見るようになってくるんですね。



そして



「母さんだってできていないのに、俺ばかり怒られる」



「ついこの間まで、子ども扱いしてきたのに、今度はもう中学生なんだからちゃんとしろと言う」



「勉強しろしろうるさいけどさ、お母さんより私のほうが勉強できてるんだけど?」



「片付けろ片付けろって…お父さんもできていないじゃん」



こんな感じですね。



ああ言えばこう言う…天邪鬼な思春期ですから、お父さんも、お母さんも言葉かけには十分に注意していきたいところですよね。



この時期の子どもたちへの接し方のポイントとしては



「嘘を絶対に言わない」



「誤魔化さない」



ことです。



お母さんも、お父さんも人間ですからミスや苦手なことがあるのは当然です。



上記のように、思春期の子どもに痛いところを突かれて、バツが悪いと思うことがあっても絶対に誤魔化そうとせず



「素直に謝ってしまうこと」



これ重要です。



間違っても逆切れして誤魔化そうとしないでくださいね、それは最悪の対応です。



「子どもに謝るなんて恰好が悪い!」



というご意見もたまに伺うのですが、これは全く逆なのです。



・素直に自分の非を認めて謝れる。



・文句じゃなくて意見として自分の今の気持ちを伝える



こういった「大人の態度」のほうが、スマートで恰好が良いのです。



子どもからしたら、誤魔化したり、嘘をついたり、逆切れする大人のほうが恰好悪く見えます。



そして、こうした「大人の態度」は、子どもに大きな影響を与えていきます。



なぜならこれって



「詫びる力」



の育成なんですね。



子どもに「こういう時は、こうやって謝るんだ」という、立派な教育・生きる力となるのです。



人間は完璧ではありません。




生きていく過程で、失敗をしない人なんていないし、謝ったことがない、謝る機会がない人などいないのです。



ただ、ここで別れてくるのが



「謝り方を知っているか、知っていないか」



なのですね。



ちょっと想像してみてください。



お子さんが大人になって、仕事やプライベートでミスをしてしまい、謝る立場になった時に、きちんと事実を受け入れて謝罪できているのと、逆切れしたり嘘をついたり、誤魔化したりしているのとどっちが良いでしょうか?



その場は誤魔化してトラブルを回避できたとしても、ずっとずっと謝れないマインドだったら、いつか心も疲弊し、嘘がばれて立場が悪くなったり、信頼を失ったりしてしまうことでしょう。



嘘が嘘を呼んで、もっと大きなトラブルになってしまった…という話もよく聞く話です。



こうした背景には「詫びる能力があるか・ないか」があるのです。



もちろん、お子さんに謝る必要がない時は謝らなくても良いのですが




「言い過ぎてしまったな・・・」




「今のはちょっと八つ当たりに近かったな」







「感情的になりすぎたな」



と思うときは素直



「ごめんね…今のはお母さん(お父さん)、言い過ぎだったよね…反省するわ」



と伝えてあげてください。



そして、もし子どもに揚げ足をとられるような場合や、苦手部分を指摘されて困ったときは




「ごめんごめん、お父さんも人間だからさ~、出来ないこともあるんだよ、だから手伝って欲しいな」




「ごめんね、お母さんは苦手だけど、あなたならできると思ったのよ、ほら、あなたって○○得意でしょ?」




と、お母さん、お父さんの苦手部分を素直に受け入れて、改善策として子どもに提案してあげてください。



・人間は完璧じゃない、完璧じゃなくてもいいんだ



・間違うことだってある、間違えた時は素直に受け入れて謝ればまたやり直せるんだ




ということを日常生活の中で「大人の態度」として示してあげてくださいね。



さて次回は「トラブルの解決の仕方」のお話です。



お楽しみに。



思春期・発達障害療育専門カウンセラー
飯塚ひろみ



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


●カウンセリング&思春期講座(スカイプ・ズームでの参加可)

5名以上参加者がいらっしゃる場合は出前講座もいたします♪

・PTA主催の思春期・発達障害の講演会を開催したい

・思春期の心を理解しよう!ワークショップ・学習会を主催したい

・個別のカウンセリングセッションを受けてみたい


◆1月の個別カウンセリング日程はこちら
https://ameblo.jp/ajuga-reptans/entry-12336608043.html

◆カウンセリングについての詳細はこちら
https://ajuga-reptans.amebaownd.com/pages/581917/page_201608040748

◆カウンセリング・講演会料金・プラン・お申込みはこちらから
https://ajuga-reptans.amebaownd.com/pages/566096/page_201607230004

◆カウンセリング・講座を受けた方のお声はこちら
https://ajuga-reptans.amebaownd.com/pages/559078/page_201607172245


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


思春期・発達障害療育ヒントメールマガジン「待ってました思春期!」(登録無料)
ブログ+αの記事も読めて、ぽつっとつぶやく「ぽつっとメルマガ(不定期配信)」も大好評!

毎週月曜日の定期配信号ではさらに濃い情報満載! 私への質問もできちゃいます♪
http://www.mag2.com/m/0001675338.html


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

◆講座・ワークショップ

1月26日(金)に、発達障害マイルールブック講座を開催します。

・時間 10:00~12:00 

・場所 セシオン杉並第8集会室

・参加費・ワーク代 3000円(税込み) 

・定員 20名 → 残席14名!

・特典 講座の資料をストックできるバインダー付きです♪

・お問合せ・お申込み
https://ssl.form-mailer.jp/fms/ba316c1b547700


お子さんの発達障害の特性を「個性」と受け止め「良いところ」に変えて見ませんか?

マイルールが分かると接し方が変わり、育児や療育がとても楽になってきます。

また、作ったマイルールブックを学校や習い事の先生と共有することで、対応をスムーズに行っていただくことができるのです。


・学校の先生にどうやって理解してもらうのか分からない…


・配慮のお願いの仕方が分からない…


そんな時こそ「我が子について」と評したオリジナルの育児書「マイルールブック」を持参しましょう。

育児歴17年、療育歴10年の中で見つけた、様々な受け止め方、接し方、工夫、アイデア、支援の受け方、発達障害の子どもの視点を余すところなくお伝えしたいと思います。


全て受講していただけると、資料が教科書になるバインダー付きです。


講座で使用した資料・ワークは育児で迷った時、困った時に何度も繰り返して使用していただけますよ。


発達障害について知ってみたい、学んでみたいという大学生の参加も大歓迎します!

大学生は特別価格にて承りますので、お気軽にご参加ください(^-^)



◆第2期思春期連続講座 「思春期の教科書」

●第1回 2月23日(金) 10:00~12:00
高井戸地域区民センター第5集会室

「思春期基礎知識 負のスパイラルコミュニケーションを変えていこう」

思春期の基礎知識を学び、なぜ、思春期があるのかを知りましょう。性の目覚めについてもお話します。

また、口喧嘩が絶えない、会話がないなど「負のスパイラル」となっている親子のコミュニケーションを「愛のスパイラル」に変えていくワークをしていきます。

●第2回 3月9日(金) 10:00~12:00
としま産業振興プラザ IKE-Biz(イケ・ビズ) 第1会議室

「思春期の心の3つの居場所から知る 反抗する理由について」

思春期の子どもの心のメカニズムを学び、お子さんが今、どこでどのようにストレスを抱えているのかを明確にしていくワークをします。

ストレスを明確にすることで、適切な接し方を知る事ができます。

●第3回 3月23日(金) 10:00~12:00
高井戸地域区民センター (予定)

「勉強しないのには理由がある?!受験をゴールにしない目標設定方法」

お子さんが勉強をしない理由を明確にしていくワークです。

生き生きと目標に向かって自然と勉強できる子と、嫌々勉強をしている子との違いを知り、お子さんが勉強することを喜びと感じられ、一生学び続けられるようにしていきましょう。

●第4回 4月6日(金) 10:00~12:00
高井戸地域区民センター (予定)

「勉強(知識)と生きる力(知恵)の身に着け方」

勉強の講座2回目です。

学校で得る知識の勉強と、それを活かす知恵(生きる力)の勉強、この二つがないと自立した大人にはなれません。

意外なところから身に着けられる生きる力の方法と、受験で役立つ暗記方法やテストの復習方法などもお話します。

●第5回・第6回 4月20日(金) 10:00~12:00 13:00~14:30
としま産業振興プラザIKE-Biz (予定)

「ネットネイティブの子どもへの接し方」

「スマホ・ネット依存・いじめについて」

※午前・午後の講座となります。途中休憩を挟みますので、軽食の準備をお願いいたします。

私たち大人が思春期の頃にはなかった「ネット・スマホ」について、上手な利用の仕方をワークを使って学びます。

また、ネット犯罪やスマホ依存、サブカルチャー文化、いじめの解決法や、我が子がいじめに遭った時の対処方法もお話いたします。

●参加費用 全6回受講 28,000円(税込み)
       単発受講 1講座 5,000円(税込み)

資料をストックできる特性バンダー付きです。

※事前のお振込みをお願いいたします。
※振込手数料のご負担をお願いいたします。

●募集    20名(先着順) → 残席18名!

●対象    思春期育児でお悩みの方 指導者 支援者

全講座スカイプ・ズームでの参加可能です。当日会場までお越しいただかなくても受講できます!

●お申込み・お問合せはこちら
https://ssl.form-mailer.jp/fms/cbc899a7513397

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


◆出張個別カウンセリング。東京でしたらご自宅近くまでお伺いします!ご自宅からスカイプ・ズームでも受けていただけます!

●不登校・反抗期・いじめ・発達障害療育、親子関係改善について相談したい…

お子さんの性格や特技を見つけて伸ばす方法をお教えします(^^)/

お試しカウンセリングは、4つの思春期接し方チェックシートor発達障害基礎知識・褒め方シート付で90分に10分+をして
承っております。


◆1月の個別カウンセリング日程はこちら
https://ameblo.jp/ajuga-reptans/entry-12336608043.html

◆カウンセリングについての詳細はこちら
https://ajuga-reptans.amebaownd.com/pages/581917/page_201608040748

◆カウンセリング・講演会料金・プラン・お申込みはこちらから
https://ajuga-reptans.amebaownd.com/pages/566096/page_201607230004

◆カウンセリング・講座を受けた方のお声はこちら
https://ajuga-reptans.amebaownd.com/pages/559078/page_201607172245


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


◆肩の凝らない話し方が人気の思春期講座◆

●PTA主催の思春期講演会を開催したい
●ワークショップ・学習会を主催したい

など、企画をお考えのみなさまはぜひ、お問合せください(^^)/

◆カウンセリング・講演会料金・プラン・お申込みはこちらから
https://ajuga-reptans.amebaownd.com/pages/566096/page_201607230004


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


☆アジュガの花の花言葉・4月26日の誕生花☆

『アジュガ』の花をご存知ですか?このアジュガの花の花言葉は「心休まる家庭」です。

由来は、親株がランナーを伸ばして子株をつけて「親子一緒に花を咲かせていく姿」を、人間の家族が団欒している様子に
たとえたものです。

私は、アジュガの花と花言葉のような家庭作りを支援して参りたいと思っております。どうぞ、よろしくお願いいたします!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


思春期育児に行き詰まったら合言葉は「待ってました思春期!」


困難なこの時期だからこそ、乗り越えた先には大きな充実感と達成感があり、それは全てお母さんの努力の賜物です。
反抗期渦中の今、お母さんにできることは「何があっても全部受け止めてどうにかしてみせる」というマインドを持つことです。
子どもの反抗も問題も、来る前から待ち構えてしまうマインドこそ最強、もうお子さんはお母さんに太刀打ちできません(笑)


そのマインドに1歩1歩近づけるよう、全力で発信してまいります!


メルマガでは、読者のみなさまからのご意見も取り入れながら作っていきたいと思っております。


こんなコーナーあったらいいなや、こんなこと話してほしいなどご意見がありましたら
遠慮なくいってくださいませ。


Q&Aコーナーへの質問もお待ちしております!メールにQ&Aコーナー掲載希望と記入してから送信してくださいね。
思春期のこと以外でも、答えられる範囲で答えますので、どしどし応募くださいませ。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

この記事を書いたプロ

思春期教育研究所アジュガ [ホームページ]

メンタルヘルスカウンセラー 飯塚ひろみ

東京都杉並区 [地図]
TEL:090-6501-1352

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
子どもの思春期、発達障害の悩みをサポート

思春期、発達障害育児を独自のメソッドでサポート(1/3)

 思春期教育研究所アジュガの飯塚ひろみさんは、日本でも数少ない母親を対象とした思春期専門カウンセラーです。思春期における子育ての悩みを解決しながら、親子関係の改善をサポートしています。また、発達障害の息子を育てる経験から、発達障害育児のカウ...

飯塚ひろみプロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

母親に向けて思春期、発達障害に特化したカウンセリングを行う

屋号 : 思春期教育研究所アジュガ
住所 : 東京都杉並区 [地図]
TEL : 090-6501-1352

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-6501-1352

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

飯塚ひろみ(いいづかひろみ)

思春期教育研究所アジュガ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

具体的なお話が伺えてよかったです

いろいろな困難を乗り越えられたのでしょうが、とてもすてき...

匿名
  • 女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
【募集】4月26日 起業2周年企画「発達障害者との向き合い方」
イメージ

告知が遅れに遅れてしまった4月26日、私の誕生日開催の、起業2周年講座なのですが、ようやく内容が固まりました...

[ 発達障害 ]

発達障害 学校の先生に特性をどう伝えたら良いのか
イメージ

シリーズでお送りしています発達障害について。前回は、子どもの特性の中でまず初めに「苦手なところ」...

[ 発達障害 ]

発達障害 我が子の特性を知るということ
イメージ

前回からお送りしております、発達障害について前回の記事はこちらhttps://ameblo.jp/ajuga-reptans...

[ 発達障害 ]

発達障害 育て方のポイントは「一緒じゃなくても良い」
イメージ

今回からはシリーズで「発達障害」について書いていきたいと思います。さて、私の17歳の息子には発達障...

[ 発達障害 ]

【予約開始】4月個別カウンセリング日程発表
イメージ

今日は、4月の個別カウンセリング予約開始のご案内です●反抗期真っ只中の我が子との親子関係改善の糸...

[ カウンセリング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ