コラム

 公開日: 2017-01-07 

アルツハイマー認知症の経過について

認知症専門ナースケアマネ 市村幸美です。

最近、介護家族からよく質問を受けるのが
この先、どのように認知症が進んでいくのかが知りたい
という内容です。

そこで本日は
アルツハイマー型認知症の経過について簡単にご紹介させていただきます。

1.認知機能

認知機能は初期から後期にかけでゆっくりと低下していきます
脳の萎縮とともに認知機能が低下してきます

脳がある日突然ググッと小さくなることはないので
よく「急に認知症が進んだ」という表現をされる方がいますが
少し違うかと思います

なんらかの要因(身体疾患やストレスなど)によって
そのように感じるということだと思います

実際に「急に認知症が進んだ」といって入院されても
脱水であることがわかり、点滴をしたらもとに戻るというのはよくある話です

2.行動・心理症状(BPSD)

BPSDは初期から中期にかけて強くなっていきます

【初期】
初期は不安や抑うつなどの心理的なものからはじまり
初期の後半になると被害妄想などがみられるようになります

【中期】
中期は認知症介護のピークです
中期では思うように言葉が出てこなくなるため
暴力や徘徊などの身体を使って表現をしようとします

【後期】
身体機能(ADL)の低下によりBPSDは落ち着いてきます

▶すべての認知症の方にBPSDが出現されるわけではありません
BPSDがほとんど出現せず穏やかに経過される場合もあります
▶もともとの性格や環境が影響してきます

3.ADL(日常生活動作)

アルツハイマー型認知症の場合
脳の障害が側頭葉→頭頂葉という流れで進んできます

側頭葉:記憶、言語など
頭頂葉:空間認識、書字、計算など

運動をつかさどる前頭葉はそのあとになってきますので
認知機能が低下しても運動機能は保たれます

そのため、中核症状が顕著になっても
食事や排泄、歩行などのADLは中期~後期まで保たれます

後期に入るとADLも低下してくるので
認知症介護から身体介護の時期へ移っていきます

4.まとめ

認知症看護・介護では、経験知に頼っている方が多いです
経験知も大切ですが
「認知症」という疾患そのものの全体像を把握する
ということはとても大切になります
また、専門職にとっては当たり前でも
ご家族は先がみえないことに不安や疲労を感じています

そんなご家族に曖昧な回答をしてしまっては信頼してもらえない
ということにも繋がります。

逆にしっかりと認知症について伝えることができれば
信頼してもらえますよね。


この記事を書いたプロ

エアリーベル [ホームページ]

看護師・準看護師 市村幸美

東京都練馬区 [地図]

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
エアリーベルの市村幸美さん

認知症にかかわる看護師・介護職を、セミナーや個別相談でサポートします!(1/3)

「私、〝認知症オタク〟なんです。オタクという表現が認知症の方やご家族を傷つけてしまうのではないかと思っていたのですが、ご家族の前で言葉にした時「すごく頼もしい!」と喜んでくれました。誇りをもって認知症オタクでいよう、認知症オタクを増やそうと...

市村幸美プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

認知症介護の現場をハッピーに!悩める看護師・介護士をサポート

会社名 : エアリーベル
住所 : 東京都練馬区 [地図]

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

市村幸美(いちむらさちみ)

エアリーベル

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
認知症の方が自信をなくしてしまう背景と介護者の対応

認知症の方は自信をなくしてしまうことが多いです。その背景には「今まででできていたことができなくなった...

[ 認知症の対応 ]

認知症の検査のときに注意したいこと

認知症専門のナースケアマネ、市村幸美です。今日は認知症の評価スケールについてお伝えします。認知症の検...

[ 認知症の対応 ]

認知症の方は福祉用具を使いこなせるか?

認知症専門ナースケアマネ 市村幸美です。最近、福祉用具関係の方と繋がらせていただくことが増えました。...

[ 認知症の症状 ]

デイサービス職員の少しの気遣いが事業所の質に影響する

認知症専門のナースケアマネ、市村幸美です。今回は私が派遣看護師として単発でデイサービスや施設で働いてい...

[ 認知症の対応 ]

認知症の人を心配しすぎると能力を奪う可能性がある

先日、70代後半の男性が認知症の奥様のことについて相談にみえたときの話です。認知症を発症してから5年、...

[ 認知症の症状 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ