プロTOP:荒木洋二プロのご紹介

ベンチャー企業がブランディングとしてやるべきことは「伝える仕組み」を持つこと!(1/3)

株式会社 AGENCY ONE(エージェンシーワン)の荒木洋二さん

優れた広報・PRはブランド力向上につながる。中小・ベンチャー企業こそ、ブランディングPRが必要

 「大企業や有名ブランドは、長い間、丁寧に自分たちのことを広く社会に伝え続け、信頼関係を築いています。この信頼関係を土台としたファンの抱く「共感の塊」の大きさこそがブランド力です。中小・ベンチャーが良い商品を作っても大手に負けてしまう……、それは、ブランド力が弱いことが大きな原因となっています」

 と、株式会社エージェンシー・ワン、代表取締役の荒木洋二さん。これまで500人を超える企業経営者と相対してきた、経験と実績が豊富な広報・PRのエキスパートです。その「実践と対話と学習」からたどり着いた理論を、2015年に日本広報学会で発表しました。

「優れた広報・PRはブランディングにつながります。広報・PRとブランディング、これらは目的を同じくする1つの活動として考え、『ブランディングPR』という形で指南と実務支援業務を行っています」

 一般的にPRとは、プレスリリースを発信しメディアに取り上げてもらうことが主な業務であると認識していますが、荒木さんの取り組みはその枠組みを大きく超えています。

「プレスリリース発信もブランディングPR業務の一環であり、テレビや雑誌で取り上げられると瞬間的に成果につながるかもしれません。しかし、それは刹那的なもの。すぐに忘れ去られ、商品や企業イメージとして記憶に残ることは少ないと考えていいでしょう」

 中小・ベンチャー企業は、何から行うべきでしょうか?

「伝える仕組みを持つことです。伝える対象は、メディアや顧客だけではありません。従業員、株主、投資家、取引先、金融機関……、その企業に関係するすべての人に向けて伝え続けることです」

 次に、何をどのように伝え続けたらいいのか、詳しく伺いました。

<次ページへ続く>

【次ページ】 3つの基本の媒体を利用して、企業の人格を伝え続けることが第一歩

荒木洋二プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

中小・ベンチャー企業の成長に必要なブランディングPRを強化

会社名 : 株式会社AGENCY ONE(エージェンシー・ワン)
住所 : 神奈川県横浜市青葉区もえぎ野15-63 [地図]
TEL : 080-3708-5075

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-3708-5075

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

荒木洋二(あらきようじ)

株式会社AGENCY ONE(エージェンシー・ワン)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ