Q&A(このプロの回答)

検討中の不動産に面している私道について。
中古住宅の購入を検討しています。とある仲介業者から紹介されたのですが、1点気になる点があって、敷地に面している道路(東側)が私道で個人の方が所有されているとの説明でした。私道については以前住まわれていた方は何の問題もなかったとの説明を受けましたが、検討している場所がこの私道の突き当たりにあり、この私道以外には接していないため、ここを通るしかないのですが、この私道に面した家は他にも4軒あり、これまでトラブルはないようです。(他の4軒は昔から住んでいる方々で私は他県からの新参者です。)このまま仲介業者の言葉を信じて契約してしまっても大丈夫でしょうか?漠然とした質問ですみません。
投稿日時:2014-04-30 14:34:50
住宅

藤森哲也 ふじもりてつや

藤森哲也の回答

私道利用の承諾書を取得されることをおすすめします。

はじめまして。
不動産コンサルティング会社、アドキャストの藤森と申します。

私道についてご心配されているようですが、
>『大丈夫でしょうか?』
というご質問に対して『分かりません』と言うのがお答えになるかと思います。
ただし、私道を継続して利用するにあたり『トラブルになる可能性はある』ということは申し上げておかなくてはいけません。

そのトラブルとしてよくあるのは
・私道の通行にあたり通行料を請求される
・オートバイや自動車の通行を制限される
・ライフラインの工事をするのに、私道を掘削する承諾を得られないetc
が挙げられます。

私道に面した不動産の売買において、注意しなくてはいけないのは、一般的に公道(国道・都道府県道・市区町村道など行政団体が所有している、または管理している道)とは違い、私道は道路といえども民間人(個人・企業を問わず)が所有している私有地になります。そして、その私有地は原則として所有者が自由に使っていいことになっています。また、私道を通行するには所有者の承諾を得ることが原則となります。しかし、所有者の承諾が無ければ私道を通行できないというのは現実的ではありません。

まず、民法第210条では『他の土地に囲まれて公道に通じない土地の所有者は、公道に至るため、その土地を囲んでいる他の土地を通行することができる。』や、同法第211条により『他人の土地を通行するときは、損害が最も少ないものを選ばなければならない。』と規定されています。

これらのことから、私道の突き当たりにあると言う質問者様が公道に出るために、この私道を通行することは最も合理的な通行場所として法律により担保されると思います。

ただし、私道の通行自体の担保はされても、他人の土地であることは変わらないわけですので、そこを自由にしかも無料にて通行してよいわけではなく、その通行している土地の所有者に対していくらかの償金を支払う必要があります。
これが通行料と呼ばれるものです。
また、オートバイや自動車の通行制限やライフラインを敷設するための掘削の制限は可能であることも忘れてはいけません。

 私道部分について将来の安心材料を得たいとのことであれば、私道の通行や掘削についての私道所有者が承諾をすることを記した『承諾書』などの取得を前提で契約されるべきと思います。

ちなみに、
一般的な私道承諾書の内容としては、
1.私道通行の承諾(※必要があればオートバイや自動車を含めたもの)
2.私道掘削の承諾
3.通行・掘削は無償
4.それぞれの所有者が変わったとしても承諾内容が引き継がれる旨の記載

これらを条件とする承諾書が取得できれば概ね良いのではないでしょうか?

承諾書の取得ができなければ契約は無かったことにしてもらう(白紙解約)を条件として契約されてはいかがでしょうか?

将来のトラブル防止のために承諾書の取得をお勧めします。

以上、ご参考になりましたでしょうか?

アドキャスト:http://ad-cast.co.jp/ 藤森哲也


補足になります。

現状では、問題ないとのお話しのようですが、たとえ現私道所有者から口頭で了解を取り付けたとしても、気が変わって承諾してくれなくなる場合もあります。また、その所有者が変わった場合にも次の所有者が同様に承諾してくれるとはかぎりません。
また、現在は必要が無いかもしれませんが、ライフライン(ガス・上下水道)の工事が必要となった場合にも、工事業者は私道所有者の承諾が無ければ、工事をしてくれません。(緊急性がある場合を除いて)
銀行ローンを利用される場合にも、金融機関によっては融資の条件として承諾書が必要になることもあります。
以上、ご参考まで。

回答日時:2014-04-30

Q&A一覧に戻る

最近投稿されたコラムを読む
サービス・商品
イメージ

●相続対策って何?相続とは、人が死亡した時、その者(被相続人)の財産的な権利義務を、法律及び遺言で特定の者(相続人)に引き継がせることを言います。●相続...

 
このプロの紹介記事
不動産コンサルタント 藤森哲也さん

ライフプランとマイホームの夢をともに考え応援したい(1/3)

 JR恵比寿駅からガーデンプレイス方面スカイウォーク出口の近くに位置する株式会社アドキャスト。明るいカウンセリングルームから笑顔で出迎えてくれた代表取締役の藤森哲也さん。アドキャストは東京都内を中心に、お客様が安心してマイホームを購入できる...

藤森哲也プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

会社名 : 株式会社 アドキャスト
住所 : 東京都渋谷区恵比寿南1-25-1 恵比寿プラックスビル5F [地図]
TEL : 03-5773-4111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5773-4111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藤森哲也(ふじもりてつや)

株式会社 アドキャスト

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
不動産売買 トラブル相談例⑫【土砂災害特別警戒区域内の不動産売買】

先日、以下のようなご相談がありましたので、参考に紹介させていただきます。 『先月、中古住宅を土地付きで...

不動産売買 トラブル相談例⑪【周辺環境の告知義務について】

先日、以下のようなご相談がありましたので、参考に紹介させていただきます。『現在、購入申し込みを出してい...

フラット35関連の住宅ローン商品 受付終了中

フラット35関連の住宅ローン商品 (フラット35と住宅ローンを組み合わせた商品) がどんどん受付を終了していま...

物件情報のイロイロ【犯罪マップ】
イメージ

当社では、宅建業法で説明が定められている「重要事項説明書」「売買契約書」とは他に、『物件調査報告書』を作成...

物件情報のイロイロ【不審者・メール】
イメージ

当社では、宅建業法で説明が定められている「重要事項説明書」「売買契約書」とは他に、『物件調査報告書』を作成...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ