コラム

 公開日: 2016-01-06 

「景気が悪いから・・・」それって本当?                【介護 福祉】

私の所属するCBP(ケアビジネスパートナーズ)の
原田 匡さんのメルマガ『ケアビジネスSHINKA論』に、
非常に興味深く、また共感できるお話があったので、
(長文ですが)本日はそれを共有させて頂きたいと思います。

**********

“本当にそうなのかな?”と若干疑いながらも、
何となく風評や総論めいた周囲の声に合わせて、
さも、自分の意見のように語ってしまうことってありませんか?

代表的なフレーズが、

「景気が悪いからねぇ。。。。」

という言葉。

確かに、マーケットの中で一定のシェアを握っているような大企業であれば、
大きな経済の流れの煽りをダイレクトに受ける事もあるでしょう。

納得できる話です。

しかし、私たちのような中小企業にとって、「景気が悪いからねぇ。。。」
という理屈は、果たして本当にあてはまるのでしょうか?

私見ながら、私は99%の確率で“あてはまらない”と思っています。

「当社が目標利益に到達するまでには、後幾ら足りないのだろう?」

「そのためには、あと何人のお客様を集めなければならないのだろう?」

「その数をこの商圏で集める事は、果たして不可能なことなのだろうか?」

「本当に、“景気が悪いから無理”なのだろうか?」

自問自答すればするだけ、“環境<<自己の努力”
という現実と対峙せざるを得なくなってきますよね。

これ、本当によくある話です。

私たちの業界に当てはめて考えるとすると、その最たるものは、

“小規模事業者は自然淘汰される”という言葉かもしれません。

全国にセミナーでお邪魔していると、この言葉の持つ重みや不安に頭を覆われ、
半ば“思考停止”になっている経営者に出会うことがあります(とても罪な話です)。

そんな時、メッセージを込めて、私はいつも次のように語ります。

「小規模事業者が自然淘汰されていく、、本当でしょうか?
確かに小規模事業者は、経営資源が少ない、

という意味において、環境変化に耐える事が出来る経営体力が弱い、
ということは、事実として言えるのかもしれませんし、ひょっとすると、
その意味では、この言葉に、一定の正当性はあるのかもしれません。

しかし、だからと言って、“小規模=自然淘汰”というロジックは、
乱暴すぎるのではないでしょうか?

正しくは、

“小規模事業者で、かつ、顧客から支持を得られていない、
稼働率が低い会社は、一気に自然淘汰される可能性が高まる”

ということなのではないでしょうか??」

例えば、私の周りに複数存在している、稼働率90%~100%近くで頑張っている、
定員10名のお泊りデイ。

都内(23区近郊)の某経営者によると、2014年度の平均月商は約390万前後。

毎月の経費は、最も高い賃料相場、最も高い物価相場、最も高い人件費相場、

という環境下、現金支出で約260万程度だったそうです(=約130万の利益)。

これが、2015年度に入り、報酬ダウンの煽りを受け、2015年4月には、
約365万前後に下落。(=約105万の利益)

その後、サービズ単価の見直しや更なる稼働アップの為の活動を行い、

2015年末には、380万円近くまで持ち直しています。
(=仮に経費が10万上昇したと仮定しても110万円の利益)

このデイは、恐らく、よほどのことがない限り、淘汰されることはないでしょう。

言うまでもないことかもしれませんが、事業者が自然淘汰されるかどうかは、

“規模が小規模かどうか”という要因よりも、

“高い稼働率を上げることが出来ているかどうか?”

“顧客(地域)から支持を受けているかどうか?”

の要因の方が、より因果関係が強い。

だとすれば、私たちの努力を及ぼせる範囲・余地は、

まだまだ十二分にあるのではないでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・

自社の存続・発展は、100%、

我々経営者・幹部の進化にかかっています。

制度に振り回されることなく、制度を上手に活用しながら、
自力で生き残る。

言葉では表現できないようなプレッシャーを感じることもしょっちゅうだと思いますが、
その分、ワクワク出来ることも沢山あるかもしれません

**********

いかがでしょうか?

皆様の事業経営のお役にたてれば幸いです。


介護施設


◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◇
     五井 淳子の仕事に対する想いとは?
      http://www.acty-kaigo.com/idea/
 
     介護のプロを育てる秘訣とは?
   http://www.acty-kaigo.com/lp/ningenryoku/

  介護保険、介護事業政策に関する旬な情報はこちら
      http://www.acty-kaigo.com/useful/
◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*

この記事を書いたプロ

アクティ労務管理事務所 [ホームページ]

社会保険労務士 五井淳子

東京都渋谷区宇田川町36-1 山和渋谷ビル7階 [地図]
TEL:03-5489-5851

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メディア
イメージ

労働新聞11月17日号に、コラムを載せていただきました。「うまくいく人事管理 介護施設編」の欄に、女性の活用について書かせていただきました。介護の現場...

何をいくらでお願いできるの?

「就業規則を作りたい」「今の就業規則、問題ないか見て欲しい」という事業主の皆様、弊所では、就業規則の新規作成はもちろん、現行の規程が法改正に対応しているか...

 
このプロの紹介記事
東京都渋谷区で介護・福祉業界に特化した社会保険労務士として活躍するアクティ労務管理事務所の五井淳子(ごい じゅんこ)さん

介護・福祉業界に関わる人を笑顔に。心を形にする介護特化社労士(1/3)

 常に最新情報を発信し続ける街、渋谷にあるアクティ労務管理事務所。代表の五井淳子さんは、介護・福祉業界に特化した社会保険労務士として活躍しています。行政との関係が深く、頻繁に法律や制度の改変が行われる介護業界。介護施設運営は、その度に経営方...

五井淳子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

人間力研修により、質の高い介護と離職率の低い職場環境を実現

事務所名 : アクティ労務管理事務所
住所 : 東京都渋谷区宇田川町36-1 山和渋谷ビル7階 [地図]
TEL : 03-5489-5851

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5489-5851

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

五井淳子(ごいじゅんこ)

アクティ労務管理事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
来年4月からの新しい処遇改善加算。金額は?具体的な要件は?       【介護 福祉】
イメージ

先週は厚生労働省は、来年4月から既存の「処遇改善加算」を拡充する方針を固めたとお伝えしました。...

[ その他 ]

来年4月からの処遇改善加算拡充について     【介護 福祉】
イメージ

私の所属する株式会社ケアビジネスパートナーズの出しているメルマガで、来年4月からの処遇改善加算について触れ...

[ その他 ]

29年1月に、育児介護休業法が改正されます。  【介護 福祉】
イメージ

平成29年1月から、育児介護休業法が改正されます。今回の改正内容の主なものは次の通りです。・介護休業93...

[ 人事 労務 ]

Q社会保険料って、職員一人につきいくら位かかるの?   【介護 福祉】

「職員を一人雇うと、社会保険料っていくら位かかるの?」というご質問をよく頂きます。社会保険料は、「標...

[ 人事 労務 ]

「きみさんち」の見学に行ってきました。.      【介護 福祉】
イメージ

昨日は、早川浩士先生の主催する「継栄と人財創造塾:会議塾」のメンバーで、練馬区にあるグループホーム「きみ...

[ その他 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ