コラム

2014-11-04

Q:職員が妊娠したって・・・。職場で何か配慮すべき?

A:妊婦さんに対して、過度の負担をかけないようにしなければなりません。

正確な知識と正しい理解を


安倍政権の目玉政策の一つとして、「女性の活用」が取りざたされています。
また、先日の最高裁判決でも、妊娠出産を理由に降格したのは
違法だとの判決が下ったことも記憶に新しいところです。

このように、「働きながら子どもを産んで育てる」ことへの社会的理解が
ますます求められています。

そんな状況の中、会社として、どのように妊娠・出産・育児と
仕事を両立させるのかをきちんと考えておかなければ、
前述の裁判のように大きな問題になる可能性も出てきます。

女性を主な戦力としている介護・福祉業界では、
人手不足とも相まって切実な問題でしょう。

そのためには、正確な知識を身に付けることが大切です。

そこで、妊娠・出産を経て育児休業を取った場合に至るまでに、
会社はどのような配慮をすべきなのか、また、職員が受けられる給付
(主に健康保険、雇用保険から)について、

「妊娠中」
「産前産後」
「育児中」

の3つに分けて、まとめてみました。



妊娠中に配慮すること


この時期に実際に受けられる給付はありませんが、会社は妊婦さんに対し、
過度な負担をかけないよう配慮する義務があります。

・妊娠中の女性から請求があった場合、
軽易な作業に転換させなければなりません。(労基法)
⇒新たに軽易な作業を作り出してまで与えなくてもよいです。
また、請求がなければ転換の必要はありません。

・妊娠等を理由として、解雇等の不利益扱いをしてはいけません。
(男女雇用機会均等法)
⇒結婚、妊娠、出産を、就業規則等に退職理由として定めるのは禁止です。

・妊娠中及び出産後の健康管理の措置を講じなければいけません。
(男女雇用機会均等法)
⇒妊娠中は、母子保健法の規定による保健指導または健康診査を受けるために、
以下の頻度で必要な時間を確保できるようにしなければなりません。(均等法則2条の3)

  妊娠23週まで                4週間以内ごとに1回
  妊娠24週から35週まで           2週間以内ごとに1回
  妊娠36週から出産まで           1週間以内ごとに1回

※医師または保健師が上記と異なる指示をした時は、
その指示による必要な時間を確保しましょう。

・職員が、出産後1年以内である場合
⇒医師または保健師が保健指導または健康診査を受けるよう指示した時は、
その指示による必要な時間を確保しましょう。(男女雇用機会均等法)

・保健指導または健康診査基づく指導事項を守れるようにするため、
勤務時間の変更や仕事の軽減など、必要な措置を講じなければならないとされています。
(男女雇用機会均等法)

・妊産婦には、重量物や有害ガス発散場所業務等での仕事をさせてはいけません。
(労基法)

 ・時間外労働、休日労働、深夜労働の制限(労基法)
⇒36協定を締結していても、妊産婦が請求した場合、
時間外、休日、深夜の労働をさせてはいけません。

・妊産婦が請求した場合、変形労働時間制の下で働かせることは違法となります。
(労基法)
⇒請求がなければOKです。また、フレックスタイム制により働かせるのは問題ありません。

産前産後と育児休業中については、明日お伝えいたしますね。

◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◇◆
     五井 淳子の仕事に対する想いとは?
      http://www.acty-kaigo.com/idea/

     介護のプロを育てる秘訣とは?
   http://www.acty-kaigo.com/lp/ningenryoku/

介護保険、介護事業政策に関する旬な情報はこちら
      http://www.acty-kaigo.com/useful/
                        
◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◇◆

この記事を書いたプロ

アクティ労務管理事務所 [ホームページ]

社会保険労務士 五井淳子

東京都渋谷区渋谷1-24-7 フラットビル6A [地図]
TEL:03-3797-4852

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メディア
イメージ

労働新聞11月17日号に、コラムを載せていただきました。「うまくいく人事管理 介護施設編」の欄に、女性の活用について書かせていただきました。介護の現場...

 
このプロの紹介記事
東京都渋谷区で介護・福祉業界に特化した社会保険労務士として活躍するアクティ労務管理事務所の五井淳子(ごい じゅんこ)さん

介護・福祉業界に関わる人を笑顔に。心を形にする介護特化社労士(1/3)

 JR山手線渋谷駅から徒歩約3分という便利な立地にあるアクティ労務管理事務所。代表の五井淳子さんは、介護・福祉業界に特化した社会保険労務士として活躍しています。行政との関係が深く、頻繁に法律や制度の改変が行われる介護業界。介護施設運営は、そ...

五井淳子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

人間力研修により、質の高い介護と離職率の低い職場環境を実現

事務所名 : アクティ労務管理事務所
住所 : 東京都渋谷区渋谷1-24-7 フラットビル6A [地図]
TEL : 03-3797-4852

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-3797-4852

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

五井淳子(ごいじゅんこ)

アクティ労務管理事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
パート職員の社会保険加入拡大について     【介護 福祉】
イメージ

平成28年10月から、500人を超える職員を使用する事業所で働く以下の条件すべてを満たす方々は、社会保険に加入す...

[ 人事 労務 ]

第6回介護甲子園出陣式に行ってきました♪          【介護 福祉】
イメージ

昨日は、株式会社バッファロー様プレゼンツ第6回介護甲子園決勝大会出陣式に参加してきました。4800余の事業...

[ その他 ]

未払い残業代と労働時間    【介護 福祉】
イメージ

ここ最近ご相談が多いのは「未払い残業代」について。「未払い残業代」とはその名の通り、残業したのに(させ...

[ 人事 労務 ]

介護甲子園真夏の総選挙 締切迫る!!     【介護 福祉】
イメージ

第6回介護甲子園決勝大会に進む5事業所を決めるインターネット投票の締め切りが、今週の日曜日28日に迫ってい...

[ その他 ]

9月以降の社会保険関連の法改正について    【介護 福祉】
イメージ

早いもので、あと少しで8月も終わりですね。9月以降予定されている社会保険関連の法改正で主なものは、以下...

[ 人事 労務 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ