コラム

 公開日: 2016-10-31 

上下の歯数が異なる場合の歯列矯正治療

本日も東京から世界各地に歯列矯正治療の情報を発信してます!


みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。


あっという間に冬になってしまいまいた!

昨日、僕は今年初めてセーターを着ました。 

風邪が治りかけなので慎重な対応が必要です。

さて、最近はモニターの患者さんを診療している時間帯が忙しいこともあって、
写真を撮影することができないことも多々あります。

そのため、症例の資料が初診時、終了時しかない場合もあり、
掲載するにも不十分な状態になってしまいました。

今後はそのようなことがないようにするためにはどうしたらよいか?と考えた結果

治療前から  つまり、これから治療を開始する患者さんに対して 自分はどのような方針で治療計画を立案しているのか?といった形で発表していこうかと考えてます。

そうすることによって、アップした症例に対して記録をとることを意識することができると思います。

つまり、治療開始段階からの発表なので、終了するのは何年か先になってしまいます。

一方で、うまく治った症例だけを出しているわけではないといった証明にもなります。

次回のブログからそのような方針でおこなっていきますので、楽しみにしていてください。

それでは、本題に入る前に恒例の人気ブログランキングのクリックをお願いします!


矯正歯科 ブログランキングへ


本日のテーマは 初診時から永久歯の数が少ない場合の対応です。
プロ先生の歯列矯正日記つづきはこちらから

永久歯の数が少なく、大人になっても乳歯が残っている場合の対応(前半)

みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科 院長 田中憲男です。

当ブログでは、矯正治療に興味のある方、すでに矯正治療をおこなっている方に対してすこしでも有益になる情報を発信しております。

現在、人気ブログランキング参加中です。 矯正歯科部門で第1位です。

よろしかったら応援のクリックお願いします!


矯正歯科 ブログランキングへ

さて、オリンピックも終盤にはいってきました。 日本がんばってますね!

これだけのメダル獲得となると、これから試合のはじまる選手にとっても+のモチベーションが高くなるでしょう!

選手のみなさまがんばってください。

リオのオリンピックでは、開催前に2つの懸案事項がありました。

1つは金銭的な問題。 もう1つは治安的な問題でした。

アマチュアの選手の場合はオリンピックが最高の舞台ですから、治安云々といってられませんが、プロスポーツ選手の場合は事情が異なります。

ゴルフなどのスポーツでは日本を代表する選手が参加棄権されましたが、今回の日本の活躍を知ったあとは棄権したことを後悔していると思います。

国民的英雄になるチャンスを自ら棄権するなんて今後の人生においてツキがなくなるような気がします。



それでは、本日のブログのテーマです
プロ先生の歯列矯正日記つづきはこちらから

永久歯が少なく大人になっても乳歯が残っている場合の対応(後半)

みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!

日本全国荒れ模様の天気が続きますが、水不足の話題はまったくなくなりましたね!

それでは、本日も東京から全国にむけて良質な歯列矯正治療の情報を発信していきます。

じつは、8月末をもってライブドアブログは閉鎖し、新たにワードプレスブログに移行する予定です。

当初はいろいろと手違いもあるかと思いますが、何卒よろしくお願いします!

人気ブログランキング 矯正歯科 で第1位です。 よろしかったら応援のクリックお願いします!

矯正歯科 ブログランキングへ


本日のタイトルは 永久歯が少なく大人になっても乳歯が残っている場合の対応(後半)です。

前半のブログを読まれていない人がいたら、どうぞ前半からお読みになってください。

その方が歯列矯正に対する知識が一層深まると思います。
プロ先生の歯列矯正日記つづきはこちらから

この記事を書いたプロ

プロ矯正歯科 [ホームページ]

歯科医 田中憲男

東京都墨田区江東橋2-11-5 河口ビル2F [地図]
TEL:03-3632-6777

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
プロ矯正歯科 田中憲男さん

一生に一度の大事な矯正治療だからこそ信頼関係を築いていきたい(1/3)

 「他院で矯正は難しいと断られたり、経済的理由で矯正を諦めてしまった人も相談に来てほしい」。そう話すのは墨田区、錦糸町駅前に歯科医院を開業する「プロ矯正歯科」の院長を務める田中憲男さん。 約10年間、大学病院で矯正医療に従事し6年前に独...

田中憲男プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

外科的矯正治療

医院名 : プロ矯正歯科
住所 : 東京都墨田区江東橋2-11-5 河口ビル2F [地図]
TEL : 03-3632-6777

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-3632-6777

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田中憲男(たなかのりお)

プロ矯正歯科

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
【矯正歯科の選び方】歯科用CTを導入すると治療成績が向上する?

みなさまあけましておめでとうございます。 東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。今年の抱負は入念に考え...

本物の矯正専門医になるために、なぜ一般診療をおこなわないのか? 

みなさまこんにちは。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。プロ矯正歯科の年始診療は6日からおこないます。...

他院への変更は相場費用が高くなる!矯正歯科診断に重要なことは?

みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。 今年もいよいよ終わりですね。みなさまに...

【受け口 治し方 流れ】親知らずを移植して歯列矯正治療を行うと

みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。 最近は難しい症例の方の相談が多く、通り...

【歯列矯正】子供の歯列矯正がきっかけ、親も治療を行った症例とは

みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!いよいよ12月に突入しましたね!私...

コラム一覧を見る

求人情報
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ