コラム

2016-06-15

矯正治療中、表側装置から裏側装置へ変更は可能かどうか?

みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!
矯正歯科治療に興味のある方、すでに矯正治療中のみなさまにとってすこしでも有意義な情報を発信しております。 ブログランキング参加してますので、御時間のある方応援のクリックをよろしくおねがいします!


矯正歯科 ブログランキングへ

ジメジメした毎日が続いておりますね。

私の方は親族に不幸などあって少しばかりバタバタしておりました。
バタバタしていたのが理由ではありませんが、朝の通勤中に電車内に財布を忘れてしまいました。
財布の中に入っているお金は1万円程度だった記憶でしたが、カードや免許証、健康保険証など重要なものがたくさんはいってました。 幸い、終点上野駅で忘れたこともあり、紛失後比較的早い時間で財布が無事であることが確認できました。 財布の紛失もトラブルの1つではあります。 何事もトラブル全般は放置するよりも、早め早めに対応しておいた方が結果的に傷口が広がらないということですね。

JRの職員ならびに清掃担当者の方、本当にありがとうございまいた。


本日のテーマは 矯正治療中に表側装置から裏側装置へ変更は可能かどうか?です
プロ先生の歯列矯正日記つづきはこちらから


裏側矯正治療が苦手とする症例はどのような症例か?


みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科 院長 田中憲男です!
1週間あけてのブログ更新となりました。

順位も下降ぎみですので、応援のクリックよろしくおねがいします!


歯科医 ブログランキングへ


まずは、今月は福岡にて日本矯正歯科学会が開催されます。
今回はめずらしく、学会発表は1つもおこないませんでした。

理由は簡単なのですが、学会でも論文でも応募締切があります。
今回の日本矯正歯科学会の応募締切日が前回発表した日本顎変形症学会の開催期間中でした。

目の前の学会に集中していた私は日本矯正歯科学会の締切日を見落としてしまっていたのです。

仮に、締切日を把握していたとしても、時間的な余裕がなかったことから今回は発表はできなかったとおもいます。

師走もちかづいてきましたので、毎週なかなかブログの更新はできなくなると思いますが、みなさま何卒御理解よろしくお願いします。


最近は裏側矯正治療の患者さんが非常に多くなってきました。

当院でもデジタルセットアップの裏側矯正装置を使用しておりますので、従来の裏側矯正装置と比較しても
患者さんの快適度、治療期間の短縮、治療の質の向上、に加えて 何よりも術者が楽な体勢で治療をおこなうことが可能となりました。

正直なところ、最近は裏側でも表側でもそれほど苦労せずに治療をおこなっております。


しかしながら、 裏側矯正装置は表側矯正装置と比較して決定的に治療が遅くなる症状があります。

このことについては、装置がどんなに進歩してもどうしても時間がかかってしまいます。

つまり、本来ならば裏側矯正装置不適当な症例と思ってよいと思います。

もしくは、治療時間が長くかかることを御理解した上で取り組む必要がございます。

では、そんな症例とはどのような症例なのでしょう?

プロ先生の歯列矯正日記つづきはこちらから



費用をかければ表側装置から裏側装置の変更は可能です


みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です

うっとおしい梅雨の季節で嫌な思いをしますね~

今年の天候は本当に不快な思いをさせられていることもあり、関東の梅雨明けは何時ごろなのかを調べてみました!

てっきり7月10日くらいかな?と安易に思っていたのですが、なんと海の日の21日が梅雨明け予報日でした。

関東の小学校の多くは、海の日ころから夏休みに入ります。つまり、小学校の夏休み=梅雨明けということなんですね~

これだけの降水量ですから、今年は水不足も大丈夫と思いますから、1日でも早く梅雨明けしてほしいところです。


実は、本日は昭和大学13回生の同窓会が行われます。はじめは夕方の4時ころからのスタートの予定だったのですが、地方の先生などはせめて半日診療してから来たいとのリクエストも多く、結局5時集合 5時半開始となりました。

大学を卒業して節目の20周年のため、比較的高級な都内のホテルの宴会場で行われます。

私は大学卒業後、母校の矯正学教室に常勤で約10年間勤務しておりましたので、大学を去ってからもまだ10年しか経過しておりません。

そういう意味では、大学にいた分、比較的同級生とのコンタクトも取れたので懐かしさは少ないのですが、今回は
20周年記念大会ということもあり、地方に帰った同級生達と久しぶりの再会ができそうです。



さて、時間も少なくなってきましたので、本日の症例です

テーマは

表側装置でも費用をかければ途中で裏側装置に変更できる!

といった内容です。
プロ先生の歯列矯正日記つづきはこちらから

この記事を書いたプロ

プロ矯正歯科 [ホームページ]

歯科医 田中憲男

東京都墨田区江東橋2-11-5 河口ビル2F [地図]
TEL:03-3632-6777

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
プロ矯正歯科 田中憲男さん

一生に一度の大事な矯正治療だからこそ信頼関係を築いていきたい(1/3)

 「他院で矯正は難しいと断られたり、経済的理由で矯正を諦めてしまった人も相談に来てほしい」。そう話すのは墨田区、錦糸町駅前に歯科医院を開業する「プロ矯正歯科」の院長を務める田中憲男さん。 約10年間、大学病院で矯正医療に従事し6年前に独...

田中憲男プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

医院名 : プロ矯正歯科
住所 : 東京都墨田区江東橋2-11-5 河口ビル2F [地図]
TEL : 03-3632-6777

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-3632-6777

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田中憲男(たなかのりお)

プロ矯正歯科

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
治療開始年齢35歳、矯正治療と虫歯治療を併用するタイミングについて

みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です! 本日も、読者の方に有益になる歯列情報...

すべての歯科治療を保険治療でおこなった症例

みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です今日も、東京から全国各地に有益な歯列...

永久歯の数が少なく、大人になっても乳歯が残っている場合の対応(前半)

みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科 院長 田中憲男です。 当ブログでは、矯正治療に興味のある...

30代をすぎると歯周病を考慮した歯列矯正治療が必要になる

みなさまおはようございます。 東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です! 本ブログはこれから歯列矯正治療を開...

マウスピース矯正装置や裏側矯正装置で治療が困難な症例とは?

みなさまおはようございます!東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です! 本日も東京から全国に質の高い歯列矯正...

コラム一覧を見る

求人情報
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ