コラム

2010-11-04

マウスピース矯正


みなさまこんにちは。東京のプロ矯正歯科院長
田中憲男です。
1昨日は、読売新聞東京本社にて、マイベストプロ交流会というものが開催されました。

交流会はとても勉強になることばかりで楽しかったです。その上、新聞社という閉ざされた空間を見学できたのも私のような立場の者にとっては新鮮な経験でした。
関係者の方、いろいろとありがとうございました。

さて、最近ではワイヤーを用いない透明なマウスピース矯正という治療方法を選択する機会が多くなってきました。

添付した写真もそうですが、かなりの症例については予定している治療期間で目標を達成することが可能です。

実際は透明なマウスピースを装着するだけで歯が動いていくという簡単なものなのですが、経験していくうちに問題もあることがわかりました。

それは


1:まじめに来院しないと治療が終わらない
予定している治療期間内に終わらすためには、まじめに来院しないといけません。ワイヤーの患者さんの場合、早く終わらせたいという気持ちが強いのか?みな定期的に受診していただけるのに対して、マウスピースの場合、予定している通院間隔で来院していただけない場合がございます。こういう部分では自己管理ができないとなかなか難しいと思います。
とにかく、人にきづかれずに早く治したいという強い信念があれば大丈夫です。

2:フィニッシュが甘い
ちょっとした歯のねじれなどフィニッシュのときに若干仕上げが甘い部分が生じてしまいます。
こういう結果になったときに、予定している治療期間範囲以内であれば無料で追加のマウスピースを作成してもらえます。そういう意味では良心的です。

3:補助装置としてのワイヤー矯正
治療の始めから終わりまですべてマウスピースではなく、ポイントポイントにおいてワイヤーの矯正装置を補助装置として使用していくのも効果的です


4:矯正歯科医師の元で受診されましょう

マウスピース矯正治療といっても歯列矯正治療にかわりはありません。やはり矯正歯科医師の元で診療を受けたほうが安心です

この記事を書いたプロ

プロ矯正歯科 [ホームページ]

歯科医 田中憲男

東京都墨田区江東橋2-11-5 河口ビル2F [地図]
TEL:03-3632-6777

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
プロ矯正歯科 田中憲男さん

一生に一度の大事な矯正治療だからこそ信頼関係を築いていきたい(1/3)

 「他院で矯正は難しいと断られたり、経済的理由で矯正を諦めてしまった人も相談に来てほしい」。そう話すのは墨田区、錦糸町駅前に歯科医院を開業する「プロ矯正歯科」の院長を務める田中憲男さん。 約10年間、大学病院で矯正医療に従事し6年前に独...

田中憲男プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

医院名 : プロ矯正歯科
住所 : 東京都墨田区江東橋2-11-5 河口ビル2F [地図]
TEL : 03-3632-6777

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-3632-6777

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田中憲男(たなかのりお)

プロ矯正歯科

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
治療開始年齢35歳、矯正治療と虫歯治療を併用するタイミングについて

みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です! 本日も、読者の方に有益になる歯列情報...

すべての歯科治療を保険治療でおこなった症例

みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です今日も、東京から全国各地に有益な歯列...

永久歯の数が少なく、大人になっても乳歯が残っている場合の対応(前半)

みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科 院長 田中憲男です。 当ブログでは、矯正治療に興味のある...

30代をすぎると歯周病を考慮した歯列矯正治療が必要になる

みなさまおはようございます。 東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です! 本ブログはこれから歯列矯正治療を開...

マウスピース矯正装置や裏側矯正装置で治療が困難な症例とは?

みなさまおはようございます!東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です! 本日も東京から全国に質の高い歯列矯正...

コラム一覧を見る

求人情報
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ