コラム

 公開日: 2011-11-26  最終更新日: 2014-07-31

指しゃぶり、いつまでつづくと悪影響うがあるのか?




みなさまこんばんは。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。本当はコラムの更新をもっとやりたいのですが、なかなかできなくて申し訳ありません。
前回、開咬というテーマでコラムを書かせていただきました。なぜ。開咬ばかりテーマとしてとりあげているのかというと、他の不正咬合と異なり、予防することができるのです・
一般的な歯並びのガタガタ(叢生といいます)や受け口(反対咬合)などは、もって生まれた部分が多く占めており、成長発育時期になにかやってもそれほど効果があるとは言えません。(実際は小さな努力はあると思いますが、決定的な方法がないのです。)

一方、開咬の場合は指しゃぶりと口呼吸を改善することで治療可能です。
つまり、習癖の除去と鼻呼吸を習得することです。鼻呼吸は母乳を飲むことでマスターできます。しかしながら、指しゃぶりは母乳で育てたとしても100%の子供に発生する習癖です。

これをどのタイミングでやめていけばいいのか?また、やめることができるお子様とそうでないお子様の違いはどうしてなのか?といった部分がはっきりとわかっていない部分です。

口腔の生育をはかるという教科書には3歳の誕生日を目標に指しゃぶりをやめましょう。と遅くても、4歳までには卒業すれば問題はないと記載されております。

5歳はボーダーラインであり、6歳以降、おしゃぶりが続く場合は幼児の指圧も強くなってくることから不正咬合へと変わってきます。

また、やめるといっても心理的影響が大きいので心のケアも必要です。小児歯科専門医などに相談してください。

お時間のあるかたは、私のブログ プロ先生の歯列矯正日記
プロ先生の歯列矯正日記
よろしくお願いします。
 

この記事を書いたプロ

プロ矯正歯科 [ホームページ]

歯科医 田中憲男

東京都墨田区江東橋2-11-5 河口ビル2F [地図]
TEL:03-3632-6777

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
プロ矯正歯科 田中憲男さん

一生に一度の大事な矯正治療だからこそ信頼関係を築いていきたい(1/3)

 「他院で矯正は難しいと断られたり、経済的理由で矯正を諦めてしまった人も相談に来てほしい」。そう話すのは墨田区、錦糸町駅前に歯科医院を開業する「プロ矯正歯科」の院長を務める田中憲男さん。 約10年間、大学病院で矯正医療に従事し6年前に独...

田中憲男プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

医院名 : プロ矯正歯科
住所 : 東京都墨田区江東橋2-11-5 河口ビル2F [地図]
TEL : 03-3632-6777

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-3632-6777

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田中憲男(たなかのりお)

プロ矯正歯科

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
上下の歯数が異なる場合の歯列矯正治療

本日も東京から世界各地に歯列矯正治療の情報を発信してます!みなさまおはようございます。東京のプロ矯正...

一般歯科治療も矯正歯科治療もメンテナンスが重要です!

みなさまこんにちは。東京のプロ矯正歯科院長田中憲男です! 本日も歯列矯正治療に対して有効な情報を発信してい...

小児期の歯列矯正の治療タイミングと期間について~前半~

みなさまおはようございます。 東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です今日も、歯列矯正に関する有意義な情報...

プロ矯正歯科で初めて治療した外科矯正症例~初診から12年後まで~

みなさまおはようございます。 東京のプロ矯正歯科 院長 田中憲男です! 本日も、歯列矯正治療に役立つ有意...

スピード矯正に適した症例とは?

みなさまおはようございます! 東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です! 本日も、みなさまとって有意義と...

コラム一覧を見る

求人情報
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ